朝の忙しい時間でもコーヒーだけは淹れたて(しかもラクして!)を飲みたい

早起きをするようになって早3年ほどが経過しました。

朝ってやっぱり気分もいいし、頭も一番冴えてるしでこの時間を使わない手はないわけでありますが、みなさまはいかがでしょうか?いろんな人に話を聞いてると、朝は苦手という人が多いみたいです。もちろんワタシも昔はそうだったわけでありまして、ましてや朝の忙しい時間にコーヒー淹れて飲むなんてできませんでした。

今回は、そんな忙しい現代人のみなさんに、できるだけ手抜きでおいしいコーヒーを作る方法を記しておこうと思います。

スポンサーリンク

忙しい朝でもおいしいコーヒーだけは飲みたい

DSC_0054

「簡単」だけど「美味しい」。

相反する言葉を両立させることができたらそこには価値が生まれます。そこまで大げさではありませんが、忙しい時でも美味しいコーヒーを片手間で作れる、そんなレシピをどうぞ。原理的には「浸漬法」と呼ばれるもので、フレンチプレスと同じです。

作り方(コップ1杯分)

①粗挽きコーヒーを15g用意して、耐熱の計量カップにいれる

DSC_0051
②お湯を240g注ぐ

DSC_0052

③お湯を注いだら、軽くかき混ぜて約4分待つ

DSC_0056

④4分たったらフィルターで濾す

DSC_0055

使うのはペーパーフィルターでもいいですしステンレスフィルターでもOK!ただしステンレスだと微粉がけっこう目立つので、気になる人は紙フィルターのほうが無難です。

DSC_0057

こんな感じでそーっと注ぎます。こうすることでコーヒーの粉がフィルターでブロックされ、コーヒー液だけがコップに注がれる、という仕組み。

DSC_0058

あとは抽出が終わるのを待つだけ。

DSC_0060

はい、完成です。

このレシピだと、コーヒーの仕上がりは約230ccほどになりますので、マグカップにはちょうどいい量だと思います。

このレシピのポイント

ポイントは2点。

1つは手をかける時間が少ないこと。

やることといえば、お湯を沸かして、コーヒーを挽いて、お湯を注ぎ、4分待ち、濾すだけ。

コーヒーも、鮮度は落ちてしまいますが前日に挽いたものを密封容器に入れておけば時短になります。コーヒーはコーヒースクープ(15gだと1杯半とか)、お湯は耐熱カップのメモリでそれぞれ計量すれば楽ですね。

それに4分蒸らすのもポイント。朝の4分って貴重ですよね!「紙兎ロペ」を観ても2分くらいは時間が余りますので、髪の毛をセットしたりいろんなことに時間を使えそうです。

2つ目のポイントは、片付けが楽。

紙のフィルターでを使えば、フィルターごとゴミ箱に捨てることができますので煩わしさもありません。

フレンチプレスも同じ浸漬法なんですけど、豆カスの処理が大変です!おいしいコーヒーは作れるんですけど、朝の忙しい時間に使うのにはちょっと不向き。

スポンサーリンク

まとめ

忙しいけど、朝でもおいしい淹れたてコーヒーを飲みたいという方はぜひ試してみてください!分量を調整して氷を入れればおいしい急冷アイスコーヒーも作れますよ。

そういえば、こちらの記事も同じような原理だなーと気づきました▼

※手軽にコーヒーを淹れるならクレバーコーヒードリッパーもおすすめです。後片付けも簡単。

同じカテゴリの記事

これは良い!OXO(オクソー)のオートドリップコーヒーメーカーは初心者向け!


フレンチプレスがコーヒー初心者にオススメ!


フレンチプレスの分解&組立/末永く使える素晴らしいコーヒー器具!


1人前のコーヒー抽出にはカリタ「ウェーブドリッパー」が最強説


[人気]カリタ NEXT G(ネクストジー)を徹底レビュー!おすすめ家庭用電動コーヒーミルはこれで決まり!(口コミ)

コーヒーの人気記事

[人気]コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介[ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.]


ポーレックス セラミックコーヒーミルを徹底レビュー[使い方・手入れ・スペアパーツ]


【保存版】おすすめコーヒーミル(グラインダー)の記事まとめ


【保存版】自宅でできる「コーヒー自家焙煎」の記事まとめ


Amazonでコーヒー生豆が買える通販ショップまとめ[自家焙煎の強い味方]

関連記事