これは良い!OXO(オクソー)のオートドリップコーヒーメーカーは初心者向け

どうしても試したくて買ってしまいました。OXO(オクソー)のオートドリップコーヒーメーカー!

この商品の売りは、「お湯を注ぐだけで、まるでハンドドリップで淹れたようなおいしいコーヒーを、だれでも作れる」ところ。

この手の器具はいろいろ試してきたんですけど、さんざん期待はずれに終わってきたんですけど、、、また出ましたね!次こそはアタリかもしれない!ということは試さずにはいられないですよね!さっそくアマゾンでポチリ。

スポンサーリンク

OXO(オクソー)のオートドリップコーヒーメーカーがやってきた

はじめにざっくり使い方を。

1:下のドリッパーに通常通りフィルターとコーヒー粉をセットする

2:上に透明のメモリ付きタンクをセットする

3:お湯を入れるといい感じで注いでくれて、ばっちりおいしいコーヒーができる

という簡単な仕組みです。

これでちゃんと抽出できたらすごく良いですよね。そんな虫のいい話があるのでしょうか?

※使い方の動画も作りましたので、良ければご覧ください(画像をクリック)▼

OXOオートドリップコーヒーメーカーの使い方動画

まずは外観から。

プラスチック製の台形型ドリッパーの上にお湯を入れるタンク、そしてそのフタのセットになっています。

分解するとこんな感じです、3点セット。

カリタのドリッパーにそっくりですね。

並べてみるとよくわかります。

ちなみにカリタでいうところの102サイズです。

こちらがお湯を入れるタンク部分。

メモリ付きで見やすいです!

こちらはml表記。

反対側はoz表記。

フタをするとこんな感じ。

さっそく抽出してみます

それでは実際に淹れてみます。

はじめにフィルターをセット、カリタの102サイズがちょうど良いです。

次はサーバーにコーヒーメーカーをセッティング。

見た目はひとまず置いといて、目盛り付きが便利です。

そしてフィルターに挽きたてコーヒーを投入!

これでひとまず準備は完了。

ここからがポイント

ドリッパーにタンクをセット、フタを外してお湯を投入します。

真上から見るとこんな感じ。

中央あたりに空いてる8つの穴が良い働きをしてくれます。

穴の大きさが一個ずつ微妙に違うことで、絶妙な落ち具合を再現しているっぽい。

それでは!お湯を投入!

注ぐ量はあらかじめ決めておき、一気に注ぎます。

ちなみに今回は「コーヒー10g、仕上がり130cc」のレシピで1人分を抽出しました。

仕上がり量はサーバーのメモリを目安にするので、少し多めの180ccを注ぐことに。

注ぎ終わったらフタをします。

これ湯温の低下を防いでくれます。

あとは抽出完了までしばし待つだけ。

ちょうど130ccに達したので、ドリッパーをサーバーから外します。

ちなみにフタは受け皿として使えるので、コーヒーをこぼさず処理できますよ。

こちらが抽出後の様子。

中央あたりにお湯が注がれているのがわかりますね。

で、あとはお気に入りのカップに注いで、

おいしいコーヒーを召し上がれ!

今回は規定量に達したらサーバーを外すスタイルで淹れましたが、忙しい時はチェックしとくのが大変ですよね。

そんな場合はあらかじめお湯とコーヒーの量を決めておき、注ぎ終わるまで待つ。という方法でも良いと思います。これなら朝の忙しい時にでも気がついたらコーヒーができてた!ってなるので楽で良いですね。

1杯出しの場合、コップの上に直接セットすることもできます。これだとサーバーがいらないので洗い物が減ります。

ただし、分量を間違えるとコップから溢れてしまうので、お使いのコップにあったレシピを開発してください!

ドリッパーをチェック

実は1つ穴式なんです、メリタと同じですね。これによって湯だまりができるので、1杯出しでもじゅうぶんコーヒーの味を抽出できるのです(とワタシは思っている)。

裏側もチェック。

メリタと比べると、若干穴が小さいです。ということはコーヒーの抽出がよりゆっくりになる、ということですね。

リブはメリタの方がしっかりしてます。

お次はカリタ(HASAMIシリーズ)と比較。

リブがぜんぜん違いますね。

本家にはかないません(カリタは3つ穴です)。

ちなみにドリッパーだけ変えて同じように使えないかを試したみました。

まずはカリタ102サイズ。

いい感じ!と思いきや微妙に隙間が。でも気をつければ使えないこともなさそう。試される方は火傷に注意してくださいね。

こちらはマウントフジドリッパー。使えないこともないけども、、、微妙ですね!

さらに!ステンレスドリッパーにもセットしてみましたが、もはや悪ふざけ。でも使えないこともないのが侮れないところ。

いやいや、さすがにここまでして、、、使わなくていいかも。

普通に使うのが1番かもしれません。

メリット

・基本的な分量を決めておけば、誰がやっても同じ味に仕上がる

・忙しい時でも最低限の手数でおいしいコーヒーを淹れることができる

・クレバーコーヒードリッパーと違って透過式なので、攪拌する手間が省ける

・1杯出しが美味しくできる

・メンテナンスが楽

デメリット

・多くても2杯出しまでが限界

・コーヒーを30g使うと、お湯のタンクに泡がつく

・プラスチックであること

・コーヒーかすを捨てるとき、フィルターが張り付いてなかなか落ちてこない

・蒸らしができない(できないことはないけど、やるなら手動で行わないといけない)

スポンサーリンク

まとめ

使ってみた感じ、こんな方におすすめかなーと思います。

・電気のコーヒーメーカーは使いたくない

・ハンドドリップは苦手(めんどくさい!)
・できるだけ楽しておいしいコーヒーが飲みたい

・コーヒーミルを持っているが、ドリッパー、ケトルなどを持っていない

・基本的に1杯出し(多くても2杯)

・数は必要ないけど、おいしいコーヒーを1杯出しで提供する必要がある(高級料亭やレストラン・バーなど)

という感じでいかがでしょうか?

最初はちょっと色眼鏡で見てましたが、意外と使えるなーということで、最近出番が多いです。ハンドドリップ反対派(めんどくさいから)の奥様も「これは楽でいいね!」と太鼓判をおしてくれました。ハンドドリップを車のMT車に例えるなら、これはAT車といったところ?

同じカテゴリの記事

『クレバーコーヒードリッパー』の使い方!マグカップ編


【2017年版】カリタ・ウェーブドリッパーでコーヒーを淹れる方法!(1人分・いい加減編)


フレンチプレスがコーヒー初心者にオススメ!


【2017年版】ユニオン・サンプルロースターでコーヒーを自家焙煎する手順


[人気]カリタ「NEXT G(ネクストジー)」を徹底解説!おすすめ家庭用電動ミルはこれで決まり!

コーヒーの人気記事

[人気]コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介[ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.]


ポーレックス セラミックコーヒーミルを徹底レビュー[使い方・手入れ・スペアパーツ]


【保存版】おすすめコーヒーミル(グラインダー)の記事まとめ


【保存版】自宅でできる「コーヒー自家焙煎」の記事まとめ


Amazonでコーヒー生豆が買える通販ショップまとめ[自家焙煎の強い味方]

関連記事