1人前のコーヒー抽出には、カリタ「ウェーブドリッパー」が最強説。

コーヒーの一人分って、うまく抽出するのが難しいですよね、

ワタシの場合はカリタの「ウェーブドリッパー155」に行き着きました!

これだと、うまいことコーヒー全体にいい感じの時間お湯が行き渡って上手にいい味出せます!

基本レシピは、

「コーヒー豆13gにお湯180g」

蒸らしは注ぎ始めてからだいたい30秒くらい、蒸らしの湯量はコーヒー豆の量と同じくらいが目安です。

それではさっそく見てみましょう!

スポンサーリンク

カリタ・ウェーブドリッパーでコーヒーを淹れてみる

DSC_4691
今回は使用したコーヒーは「ペルー MONTEALTO(有機)」の焙煎したて、

DSC_4617

一人分なので、コップに直接にウェーブドリッパーをセットします。

以下、連続写真でその工程をご覧下さい!

抽出工程を写真で見る

DSC_4621

DSC_4622

DSC_4624

DSC_4628

DSC_4629

ここまで蒸らし、あとは2分をめどにお湯を注ぎ切ります。

DSC_4632

DSC_4633

DSC_4641

DSC_4645

DSC_4646

DSC_4650

DSC_4652

これにて完成!

スポンサーリンク

まとめ

いろいろ試してきてワタシはここに辿り着いたんですが、こっちのほうがもっといいよ!とかあれば教えてください!

あと、やはりハリオの「ドリップスケール」は必需品!

これがあると抽出時間、抽出量がひと目でわかるので、いろんなパターンで試して自分の好みを探しやすいです。

そしてそれをデータとしてとっておけば、いつでも、誰がやっても同じ味を再現しやすくなるし、人に教える時も感覚でなくて数値で伝えることができるので、なにかと都合が良いです。



※追記:「&カリタ」というシリーズができたみたい。

ちょいとお値段は張りますが、めちゃめちゃかっこいい!

▼初心者向けのおすすめ器具はこちらをチェック!

コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介!(ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.)

▼こちらの記事も良く読まれています

【2017年版】カリタ・ウェーブドリッパーでコーヒーを淹れる方法!(1人分・いい加減編)

HASAMI&Kalitaの陶器ドリッパーを買いました!

MT.FUJI DRIPPER(マウントフジドリッパー)byイフニコーヒー&イルカナを買った!

ハリオの「V60ドリップスケール」はやっぱり便利!

▼実は自宅でもコーヒーを焙煎できるんです!

【2017年版】ユニオン・サンプルロースターでコーヒーを自家焙煎する手順

Amazonでコーヒー生豆が買える通販ショップ10選!自家焙煎の強い味方。

コーヒーの自家焙煎に挑戦!手作り焙煎器の材料を100均で揃える!

▼コーヒーミルって大事ですよね

初心者にこそコーヒーミルを使って欲しい3つの理由!

カリタ「NEXT G(ネクストジー)」を徹底解説!おすすめ家庭用電動ミルはこれで決まり!

関連記事