cores[コレス]のゴールドフィルターを導入しました!意外といい感じ

今までステンレスフォルターといえばablebrewingのKONE(円錐形)を使っていたんですけど、前から気になっていたcores(コレス)のステンレスフィルターを使ってみることにしました。

KONEに比べるとお湯の通りが早いんですけど、これはこれでありだなー。

以下、そのレビューです。

スポンサーリンク

cores(コレス)のゴールドフィルターを導入しました

前から気にはなっていたんですけどなかなか導入には至らなかったのがこれでした。見た目の問題というのもあったんですけど、なによりステンレスは1個あれば十分だなーと思っていたので。

それが、色々調べていくと同じステンレスでもけっこう機能の違いがあるようで。ならば実際に使ってみないといけないなーということでわが家にやってきたわけであります。

DSC_0059

正面からみるとこんな感じ。

DSC_0060

プラスチックの枠が見た目的に気になりますが、これはKONEも同じなのでしょうがないですね。フレームがないと形状が安定しません。

DSC_0064

フィルターをセットする透明の台座がついてきます。

ぴったりフィットするので安定して抽出できます!これがなくても台形のドリッパー(カリタとか)にセットして使うことも出来るんですけど、イマイチきれいにフィットせずで。はじめは「プラスチックかー、、」と思ってたんですけど、慣れてくるとそんなに気になりません。

ステンレスフィルターによっても違いがある

DSC_0063

左がワタシがいつもつかってるKONEフィルター。右がゴールドフィルターです。

違いってなんだろうなーと調べてみたら、穴の形状にありました!

DSC_0062

こちらがKONE。いわゆる「パンチング」と呼ばれる小さな穴があいています。これだと粉が穴にはまってお湯の抽出がすこし遅くなるみたいです。「じわーっ」て感じ。

DSC_0061

一方ゴールドの方はよく見たら穴が縦長になっています。このおかげでお湯がはやく通り抜けます。HPによると、高温短時間抽出に向いているのだそう。

それにゴールドというのもポイント。

もちろん純金メッキなんですけどそれが2重になっているので酸化に強く、耐久性もあります。普通のステンレスだときれいに洗っても、なんとなーく匂いが残ってる感じがしますよね。それがほとんど無いらしいです!

さらにマニアック情報。

穴は内側から外側に向けて開けられたらしく、それによってさらにお湯通し機能がアップしているらしいです!細かい部分まで考えられていますね。

サーバーにセットして抽出してみました

実際にコーヒサーバーにセットしてみたところです。

DSC_0065

DSC_0066

途中で気づいたんですけど、ホルダーがプラスチックで透明なのでマグカップなんかに直接セット・抽出もしやすいですね!どのくらい抽出が進んでいるかひと目でわかります!

DSC_0067

今回はHPに載ってた推奨レシピで淹れてみます。

約2杯分レシピ。16gの粉に対してお湯を300cc注ぎます。

DSC_0075

そーっとお湯を注ぎます。何回やっても一投目が一番緊張しますねー。人にみられてるとなおさら。

DSC_0077

注ぐお湯の量は16g、つまり粉と同じ分量ですね。そして約40秒蒸らします。

DSC_0088

そして2投、3投とお湯を注ぎ、蒸らし終えてから約2分で抽出完了です。

DSC_0092

思ったよりも抽出スピードが速い!「ササーっ」という感じ。

DSC_0097

イメージ的には1、2杯分淹れるよりは3~5杯分を一度で抽出したほうが、抽出スピードと味のバランスが取れそうな気がします。粉を多めにすると抽出が遅くなりますが、その欠点を縦長ホールが補ってくれそうです!

DSC_0105

で、気になる微粉の発生状況ですが、普通に出ます!なので、苦手な人は最後の一口は飲まないようにしたほうがいいと思います。

ですがコーヒーのオイル成分や酸味がきれいに抽出されるので、ステンレスの微粉が苦手な人も一度は味わってみると良いかもしれません。

ちなみに有名どころで調べると東京の「NOZY COFFEE」や軽井沢の「丸山珈琲」なんかでも採用されてるみたいです。

それに先月行った、愛知の「オワゾーコーヒー」でも使ってるみたい!このまえはエアロプレスで淹れたアイスコーヒーだったので、今度はホットコーヒーを注文してみようと思います。

スポンサーリンク

という感じで、ステンレスフィルターの導入で悩んでいる人がいたら、とりあえず買ってみてもいいのではないかなーと思います。KONEは値段が高いけど、こちらはその半額くらいで買えそうです。はじめの一歩にはちょうど良いかもしれませんね。

ワタシもこれから使い倒して、上手に淹れることができるよう練習します。

一杯用もあたらしく登場していますね。 ABLE KONEコーヒーフィルターはこちら

同じカテゴリの記事

ステンレス製コーヒードリッパー「カフェ・メタル」を使ってみました!


おいしいアイスコーヒーの淹れ方/KONEステンレスフィルター編


ステンレスフィルターでコーヒーを淹れた時の微粉を減らしたい!


アウトドアでも使える「折りたたみコーヒードリッパー」が100均(セリア)で買える時代


[人気]MT.FUJI DRIPPER(マウントフジドリッパー)がアウトドアコーヒーにおすすめ!

コーヒーの人気記事

[人気]コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介[ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.]


ポーレックス セラミックコーヒーミルを徹底レビュー[使い方・手入れ・スペアパーツ]


【保存版】おすすめコーヒーミル(グラインダー)の記事まとめ


【保存版】自宅でできる「コーヒー自家焙煎」の記事まとめ


Amazonでコーヒー生豆が買える通販ショップまとめ[自家焙煎の強い味方]

関連記事