AOZORAの「コーヒープレス」を買った

これ、気になっていた人も多いんではないでしょうか?

AOZORA(あおぞら)の「コーヒープレス」。

ワタシも雑誌で見かけたときからずっと気になっていたんですけど、

なかなか踏み切れなくて、、

で、たまたま見つけたのでつい購入してしまいました!

使い方も気になりますよねー、さっそくコーヒー淹れてみましたよ!

スポンサーリンク

AOZORAのコーヒープレスを使ってみる


見た目はなんだか不思議な形。

コーヒー器具にはみえませんねー。

こちらは株式会社AOZORA(あおぞら)という会社が販売しているコーヒープレスです。

コーヒープレスといえばボダムやハリオが有名ですよね。

(参考記事→フレンチプレスでおいしいアイスコーヒーを作る方法(1人前バージョン)

こちらはぜんぜん形が違って、なんだか簡易注射器のような印象。

価格は1000円しないので、まあ失敗しても良いかなーと。

なければ無いで、たぶんワタシのコーヒーライフには影響はないと思うんですけど、やっぱり試してみたいよなーということで!

以下、その手順をどうぞ!

DSC_0262

こちらが本体の全体像。

DSC_0265

上部と下部がねじ込み式になってます。

下の窓のところが細かいメッシュになっていて、ここにコーヒーの粉を入れて、

上部でフタをして、そのままお湯をいれたコップに浸し抽出するっていう手順です。

DSC_0272

こんな感じでコーヒーをセット。

ちょっと入れづらい、、。

そして8gでギリギリ。

それ以上だとフタができません。

挽き目は「粗めで~」といろんなところに書いてるんですけど、たぶん上手に抽出できないだろうなーと思い、

ハンドドリップと同じ中挽きで試してみることに。

DSC_0274

フタをセット、かっちりねじ込みます。

DSC_0276

DSC_0280

今回はアウトドア使用を想定して、「DINEX」のマグを用意しました。

DSC_0286

コップにコーヒープレスをセットして、

DSC_0287

お湯を注ぎます。

DSC_0288

今回は180gのお湯を淹れて、4分蒸らしてみました。

DSC_0290

シュポシュポできるので、抽出を濃くしたい場合は数回プッシュします。

DSC_0289

あんまりシュポシュポしすぎると、継ぎ目からお湯が吹き出しそうなのでほどほどが良いと思います。

DSC_0292

4分たったらコーヒープレスを取り出して、どうぞ召し上がれ。

味は、ちょっと薄めの仕上がり。

もうすこし細かく挽いた豆だったらしっかり抽出できそう。

それに抽出時間を長くするとお湯が冷めてしまうので、そのあたりも難しい、、、

それに一度に使う豆の量は限界があるので、1人前が前提でしょうね。

紙のフィルターを使わないので、オイル成分もしっかり味わうことができますが、やはり微粉も混じりますねー。

微粉が苦手なひとはお気をつけください。

コーヒー用としても良いんですけど、日本茶とか紅茶の方が抽出しやすいので向いてるかも!

DSC_0297
豆かすの後処理は意外と簡単でしたよ。

粉を捨てて、さくっと水洗い(気にな人は洗剤を付けて)するだけで大丈夫です!

これを使うメリットは、普通のコーヒープレスだとガラスの扱いに気を使うけど、これはある程度ラフに使っても大丈夫そう。

必要な器具が少なくて済むので、オフィスのコーヒー休憩用や、アウトドアに向いてそうですねー。

耐久性は、、まだ分かりませんがメッシュ部分さえ破れなければ長く使えそう。

ハンドドリップとか自分でやっちゃう人からすると「これ一つで本格的なコーヒーを!」とまではいかないですけど、手軽にコーヒーを楽しみたいなーという初心者の方にはぴったりかもしれません。

入門用ということで、いかがでしょうか?

コンパクトデジカメ以上、デジタル一眼レフカメラ未満といったイメージ?ミラーレス一眼的な。

カラーはブラウンとホワイトがあるみたい。

ホワイトが個人的に好きなんですけど、コーヒーの色が染み付きそうなので悩ましいところです。

 

by
関連記事