おいしいアイスコーヒーの淹れ方/KONEステンレスフィルター編

夏も目前、そろそろアイスがいいですよね。

前回は2つ穴ドリッパーで作る急冷式アイスコーヒーの作り方をご紹介しましたが、

今回はアイスコーヒーの淹れ方第二弾、ステンレスフィルター編です!

スポンサーリンク

KONEコーヒーフィルターでアイスコーヒーを淹れる

DSC_6118

今回使うのは、「ablebrewing」社から出てる「KONEコーヒーフィルター」。ここ最近では結構見かけるようになってきましたね。

ネットを使えばすぐに買えるんですけど、どうしても現物を確認して買いたい!という人は、名古屋だとミッドランドスクエア地下に入ってる「DEAN&DELUCA」に売ってましたので、行ってみるといいかも(2015年4月現在)。

ワタシもそこで購入しましたよ。やっぱり一度現物は確認したい派です。このまえ見た時は、ワタシが購入した時より(2年くらい前)千円以上値上がりしてました。

ちなみに、これのゴールドバージョンもあります。これだと更においしいコーヒーを淹れることができるんでしょうか?

こちらのフィルター、ペーパーフィルターを通さないタイプなので豆の味というか成分というか、ほとんどダイレクトに抽出されてしまいますので、豆のよし悪しがはっきり出ます。

これで上手にやると、本当においしいコーヒーができるような気がするので、持ってても損はないかもしれません。

ケメックスのコーヒーメーカー(6カップ)に合わせるのが王道だと思うんですが、わが家ではユニフレームのドリッパーにセットして使ってます。

お手入れが楽チンです!

アイスコーヒーのレシピ(一人前)

 用意するもの

・KONEコーヒーフィルター

・ガラスのサーバー

・ユニフレームの折りたたみ式ドリッパー

・コーヒー:25g(中挽き)

・お湯:170g(900gくらい用意しとくと注ぎやすいです)

・氷:150g前後(量はお好みで調整してください)

注ぎやすい細口のポット(1Lくらいの容量が使いやすいです)

ハリオのドリップスケール

淹れ方

1:コーヒーをフィルターにセットする

2:お湯を中心付近に20gほど注ぐ(お湯を注ぎ始めと同時にタイマースタート!)

3:30秒蒸らす

4:再び中心付近に向かって、お湯をゆっくりゆっくりと注ぐ(コーヒーの粉が踊らないよう、ゆっくりです)

5:計りが170gに到達したらお湯を注ぎ終えるタイミング。ちょうど1分半で注ぎきるイメージです

6:ドリッパーからコーヒーがぽたぽた落ちなくなったらサーバーからドリッパーを外す

7:コップに用意しておいた氷(150gくらい)に、コーヒーをゆっくり注ぐ

8:2,3回かき混ぜる

9:おいしいアイスコーヒーを召し上がれ!

以下、画像でダイジェストです。

DSC_6123

DSC_6124

DSC_6125

DSC_6131

DSC_6152

DSC_6153

DSC_6175

DSC_6180

ステンレスフィルターだと、こんな感じでコーヒーの微粉が残ります。

アイスコーヒーはやっぱり1杯出しがおいしいですね。贅沢。

お店ではなかなか味わうことができない、本格アイスコーヒーの完成です。

ちなみにワタシはコクよりも香りがフワーっとくる、あっさり味のアイスコーヒーが好みです。

ステンレスフィルターだと、ペーパーで淹れた時より味が濃くでますので、軽めがいいよーという人は紙のフィルターを使うといいかもしれません、そのへんはお好みで。

あとはレシピをアレンジして、自分好みの味を見つけてください!

ABLE KONE コーヒーフィルター 3RD GENERATION[cb]

コーヒーの人気記事

[人気]コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介[ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.]


ポーレックス セラミックコーヒーミルを徹底レビュー[使い方・手入れ・スペアパーツ]


【保存版】おすすめコーヒーミル(グラインダー)の記事まとめ


【保存版】自宅でできる「コーヒー自家焙煎」の記事まとめ


Amazonでコーヒー生豆が買える通販ショップまとめ[自家焙煎の強い味方]

同じカテゴリの記事

「エスプレッソ×トニックウォーター」大人味のアイスコーヒーの完成!


自宅で簡単/専用器具を使わずに水出しコーヒーを作る方法


自宅で簡単!急冷アイスコーヒーのおいしい作り方[分量・方法]


イタリア風アイスコーヒー「カフェ・シェケラート(風)」を作ってみる実験!


[人気]水出しアイスコーヒーを常温&冷蔵抽出で飲み比べてみる実験!

関連記事