余ったコーヒー豆でおいしいコーヒーシロップを作る方法!

またまた自宅のコーヒー豆がたくさんたまってきてしまいました。

毎日飲むんですけど、さすがに一人では捌ききれなくなってきて。

こんな問題に直面する人って、ワタシだけではなくて意外と多いんではないでしょうか?

そんなアナタ様に、上手にコーヒーを使い切る方法をこっそりお教えします!これで明日からコーヒー在庫もスッキリです。

スポンサーリンク

自宅で余ったコーヒー豆を上手に消費する方法

わが家には現在、結構な量のコーヒー豆がストックされています。
先日東京に行った時の残りとか、人から頂いたモノとか、さすがに一人で消化できないです。

ちなみにうちの奥様は紅茶派なので、ほとんどコーヒーは飲みません。

飲んでくれるのはエアロプレスで作ったカフェラテくらい。
とても消化スピードには貢献できません。

そんな時にはコーヒーシロップを作るのがわが家の定番となっています。

これってあると意外と便利で甘いカフェオレを作ったり、バニラアイスにかけてアフォガード風にしたり。

お子さんも牛乳で割って飲めば大満足間違いなしですよ。作り方もほんとに簡単。

以下、そのレシピです。

自家製コーヒーシロップの簡単な作り方!

 必要なもの

・余りもののコーヒー豆(ペーパードリップ用に中挽き):60g

・お湯:800ccくらいあると注ぎやすいです

・砂糖(種類は色々あるんですけど、今回は甜菜糖を使いました):120g

・お鍋

・HARIOドリッパー、フィルター:03サイズ(02でもいけます!)

・HARIOドリップスケール

・ドリップポット

・レードル

DSC_8168

コーヒーシロップの作り方手順

 ①ハンドドリップでコーヒーを濃い目に作る

60gの粉に対して、お湯を500g使います。
濃い目に抽出するのがポイント。ミルクで割った時にも負けないコーヒー感を出すためです。

抽出量が多いので、大きめサイズのドリッパーがあると便利ですよ。
ワタシはHARIOの03サイズを使っています。

容量さえ合えばカリタでもメリタでも、なんでもいいと思います。
お好みで、気分の上がるものを使うのがいいですよ!
これでコーヒーの仕上がり量が約400ccとなります。

②出来上がったコーヒーと、砂糖を混ぜる

コーヒー400ccに対して、砂糖を120g混ぜます。

ワタシはこの手のシロップとか、ジャムとか作るときは、液体の30%分の砂糖を加えることにしています。

色んな分量で試してきたんですけど、個人的にはこの割合がちょうど良いです。

ちなみに、砂糖の量が多いほど腐りにくくなります。

DSC_8024

今回使ったのは「てんさい糖」。
700gでだいたい500円くらい。

使う砂糖によっても仕上がりの味が変わってきますので、色々気分で試してみてもいいですね。

③手鍋で温める

手鍋に液体を移して、コトコト煮込みます。

時間はだいたい10分。
沸騰しないように、弱火でかき混ぜながら、じっくり待ちます。

DSC_8025

④瓶に移す

煮込み終わったら、粗熱をとって保存容器に移す。

以上で完成です!
簡単、誰でもできますね。

今回のレシピでは、仕上がり量が450ccとなります。
クラシコの「4チーズアルフレッド」瓶の12ozサイズにちょうど入る分量です。

それにしても、クラシコの空き瓶は何にでも使えて便利ですね。

(blog→「クラシコ」パスタソースの空瓶を上手に活用してみるDIY!メイソンジャーサラダにも!

DSC_8099

レードルがあると、何かと便利!

コーヒーシロップが完成したら、さっそく飲んでみたいですよね。
今回は王道のコーヒー牛乳を作ってみましたよ。

こんな感じのレードルがあると、瓶からシロップをすくうときにとっても便利。
わが家では、15ccのレードルを愛用してます。

DSC_8111

その辺のホームセンターに売ってる普通のものなんですが、リスのマークがお気に入り。

DSC_8112

DSC_8110

牛乳はやっぱり「飛騨牛乳」。

割合的には写真のようなシロップ量だと少し多めです。

レードル3杯分入れてるので結構甘めに仕上がってます。
だいたい15ccくらい入れるのが、甘さスッキリでちょうど良いかもしれません。

そのあたりもお好みでしょうか。

DSC_8105

DSC_8108

コーヒーシロップもいろんなコーヒー屋さんが出してますよね。

有名どころで言うと静岡の「IFNi ROASTING&Co. 」。

こちらもカフェインレスやミントフレーバーもラインナップされていて、美味しかったです。

サイトを見たらヘーゼルナッツもありました!ぜひ飲んでみたいです。ヘーゼルナッツのカフェオレってほんと美味しいですよね。

最近ではちょうど先週末の藤が丘マルシェで飲んだ、「珈琲豆ストア コモン」のカフェオレベースも美味しかったです。

お店によって微妙な味の違いがあるので、飲み比べしてみるのもいいかもしれません。

小さいお子さんがいらっしゃるウチなんかだと、どんどん飲んでくれそうですね。
甘いとお腹も意外と膨れるので、お子さんにはちょうどいいかもしれません。

しかも、市販のカフェオレとは違って原材料が、

「コーヒー」「砂糖」

この二つだけなので、安心できますよね。

その気になれば、有機栽培のコーヒーと有機栽培の砂糖(あるのかな?)で作れば安心安全なコーヒーシロップが作れちゃいます。

しかも所要時間は30分もかかりません。片手間で作れるので忙しいお母さんでも簡単に作れますね!

お父さんに指示だけ出して作ってもらうのもありかもしれません!

以上、余ったコーヒー豆を上手に使い切る方法でした。

スポンサーリンク

▼初心者向けのおすすめ器具はこちらをチェック!

コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介!(ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.)

▼こちらの記事も良く読まれています

余ったコーヒーで簡単に「水出しコーヒーパック」を作る方法。

これは良い!OXO(オクソー)のオートドリップコーヒーメーカーを買ってみた!1杯出しに便利です。

1人前のコーヒー抽出には、カリタ「ウェーブドリッパー」が最強説。

スターバックスのカフェラテを、おうちで簡単に再現する方法!

▼実は自宅でもコーヒーを焙煎できるんです!

【2017年版】ユニオン・サンプルロースターでコーヒーを自家焙煎する手順

Amazonでコーヒー生豆が買える通販ショップ10選!自家焙煎の強い味方。

コーヒーの自家焙煎に挑戦!手作り焙煎器の材料を100均で揃える!

▼コーヒーミルって大事ですよね

初心者にこそコーヒーミルを使って欲しい3つの理由!

・【画像・動画付】ポーレックス『セラミックコーヒーミル(ミニ)』の分解・組立・使用方法!

関連記事