HASAMI&Kalitaの陶器ドリッパーを買いました!

最近、ものを減らすと言いながらコーヒーグッズがどんどん増えています。

でも、でもこれはどうしても欲しかった!

カリタが波佐見焼とコラボして生まれた陶器ドリッパーです。

スポンサーリンク

HASAMI&Kalitaの陶器ドリッパーを買いました

正式名称は「HA102Dripper」。

長崎県の波佐見焼きとコラボして生まれたドリッパーです。

確か去年の秋頃に展示会で発表されてて、そのときはまだ発売前だったんですけどいつの間にか世に出ていたみたい。

ということでさっそく買いました!最近、買ってばかりでそろそろ奥様に怒られそう。

波佐見焼きって?

そもそも波佐見焼きって何?という人も多いかもしれませんね。

感じだと読み方もわかりにくいです。これは「はさみ」と呼びますよ。

長崎県の有名な陶器の産地で400年以上の歴史があるみたい(波佐見高校もときどき甲子園で見かけますね)。最近で言うと有名なのがマルヒロの「ブロックマグ」。中川政七商店なんかでよく見かけるやつですね。

昔は高嶺の花だった陶器製品も、波佐見のおかげで一般庶民にまで行き渡るようになったとかならないとか。詳しくはカリタの公式サイトをチェックしてみてください→HASAMI&Kalita

さっそく開封

DSC_0015

まずは箱。大事ですよね、赤いチェックが控えめに入ってて上品な印象です。

DSC_0016

今回買ったのは102サイズ、2~4人用です。

もともとカリタの陶器製ドリッパーは101サイズを持っていたんですけど、この前買ったメリタの1×4サイズのフィルターを合わせたかったのでこのサイズにしてみました。

DSC_0023

当然、3つ穴タイプです。ドリッパーといえばこの形をイメージする人が多いかもしれませんね。

DSC_0022

リブ(内側の凸凹してるラインのこと)は通常のものよりもシャープで角度がしっかりついています。

これにより、フィルターとドリッパーの間に空気の通り道ができて密着を防いでくれます。つまり、スムーズにお湯が流れていく、ということですね。

DSC_0027

そして裏側から見た図。

右上の方に「MADE IN JAPAN」の刻印が!

確か普通の陶器ドリッパーは中国製だったような気がするので、これは嬉しい。

さらに底部の水平精度が高いので、サーバーやコップの上にセットしてもガタガタしにくいです。陶器ドリッパーはどうしても形に個体差ができがちなんですけど、そこはさすが職人技ですね。

「HASAMI」の文字もくっきり。

DSC_0028

そして、なんといっても大きな違いがその薄さ。比べると一目瞭然ですね。

左が波佐見焼き、右が従来のカリタ製です。

DSC_0025

もう、その差は圧倒的すぎて、もはや同じメーカーのものなのかすら分からなくなります。とにかく薄い!

DSC_0026

写真の撮り方が悪いのでうまく表現できませんが、側面部分は光を当てると透けます。

DSC_0021

箱の写真だとわかりやすいです。

ちなみにメリタの1×4フィルターをセットするとこんな感じ、1サイズ大きめを使うのがお気に入りです。

DSC_0032

お決まりのコーヒー抽出を写真でどうぞ

DSC_0037

DSC_0043

DSC_0072

DSC_0082

はい、完成!

この組み合せなら4人分くらいは楽々淹れることができそう。

良いものほど長く使えば使うほど愛着が湧いてきますよね、これもそうなりそう。割らないように気をつけて使わなければ!

スポンサーリンク

というわけで、今まで使っていたカリタの陶器ドリッパーは自動的に収納棚からはじかれることになりました。

1個増やしたら1個減らす、それがわが家の約束です。

コーヒーの人気記事

[人気]コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介[ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.]


ポーレックス セラミックコーヒーミルを徹底レビュー[使い方・手入れ・スペアパーツ]


【保存版】おすすめコーヒーミル(グラインダー)の記事まとめ


【保存版】自宅でできる「コーヒー自家焙煎」の記事まとめ


Amazonでコーヒー生豆が買える通販ショップまとめ[自家焙煎の強い味方]

同じカテゴリの記事

[2017年版]カリタ・ウェーブドリッパーでコーヒーを淹れる方法/1人分


家庭用電動コーヒーミルの決定版!カリタ「ナイスカットG」をレビューしてみた


ハリオ「V60ドリップサーモメーター」を買った!ハンドドリップの温度管理も簡単!


ハリオの「V60ドリップスケール」はやっぱり便利!


[人気]アウトドアでも使える「折りたたみコーヒードリッパー」が100均(セリア)で買える時代

これは良い!OXO(オクソー)のオートドリップコーヒーメーカーを買ってみた!1杯出しに便利です


関連記事