大人数(3・4人)分のコーヒー抽出レシピ[ハンドドリップHARIO V60編]

年末年始・お盆・そしてGW。普段は会わない親戚が集合する方々もいらっしゃるでしょう。

「ちょっとコーヒーでも飲みたいなー」

だれからともなくこんな声が上がりますよね。

しかし大型連休中、喫茶店にいったらすごく混んでるだろうし出かけるのもなんかなー、着替えるのも化粧するのもめんどくさいし。

そんなときは自宅でおいしいコーヒーを入れるのが一番!

いつもコーヒーを自分で淹れてるよーという人でも、3、4人分とか、それ以上になってくると分量ってどんなんだったっけ?ってなりますよね?

今回はそのあたりをご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

ハンドドリップで3,4人分のコーヒーを淹れるレシピ

DSC_0052

分量

・コーヒー:30g

・お湯:600㏄

※仕上り:約540㏄(抽出時間:3分~3分半)

コーヒーの淹れ方

DSC_0048

今回はハリオのV60「03」サイズ(一番大きいサイズ)を使います。3、4人分のレシピです。仕上がりは約540cc。

コーヒーカップで飲むことを前提としています。ハリオのV60はプラスチック(陶器もある)だけど、スパイラルリブが美しいです。しかも安い!

コーヒー豆はできるだけ新鮮なものを使いたいところ。そして可能であれば淹れる直前に挽くのが良いです!ポーレックスミルがあれば持ち運びは簡単ですね。

DSC_0055

フィルターも「03」。こんな感じでセットします。

DSC_0054

コーヒー豆は30g用意、中挽きにします。

DSC_0056

どさっと投入。

DSC_0057

サーバーはできるだけ大きめがいいです。

今回は720cc入るのを使っています。

DSC_0058

ドリッパーをサーバーにセットして準備完了です!

DSC_0059

お湯をゆっくり投入します。

DSC_0062

イメージ的には30gほどのお湯を使ってまんべんなく行き渡らせて約30秒蒸らす。

そんな感じです。

すこーしポタポタっとコーヒーが落ちるくらいが目安です。あとは500円玉くらいの大きさの円を描くようにお湯をゆっくり注いでいきます。

DSC_0066

じっくりと、じわーっと、

DSC_0076

約600ccのお湯を注ぎきったらOK。

DSC_0078

ドリッパーを外します。

ここまで約3分から3分半で終わるのが目安になります。

DSC_0079

はい、完成!

これでだいたい4人前です。

スポンサーリンク

もっと多く淹れるには?

これだと足りない!もっと多く淹れたい場合は以下の分量を参考にしてみてください。

・コーヒー 80g

・お湯 約1200g

できれば4分以内で抽出できるスピードを意識しましょう。

器具も出来るだけ大きいものを用意する必要がありますので、すこしハードルが高いかも?頻繁に使うならいいけど、年に1、2回のために大きいのを買うのはなんかアレですものね。

個人的には3,4人分を2、3回淹れるのが良いかなーと思います。そのあたりはお好みでどうぞ。

※アイスコーヒー版はこちら▼

今回使ったアイテムはこちら▼

大容量ならこの組み合わせ▼

めんどくさがり屋さんにはコーヒーメーカー▼

コーヒーの人気記事

[人気]コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介[ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.]


ポーレックス セラミックコーヒーミルを徹底レビュー[使い方・手入れ・スペアパーツ]


【保存版】おすすめコーヒーミル(グラインダー)の記事まとめ


【保存版】自宅でできる「コーヒー自家焙煎」の記事まとめ


Amazonでコーヒー生豆が買える通販ショップまとめ[自家焙煎の強い味方]

同じカテゴリの記事

ハリオ「V60ドリップサーモメーター」を買った!ハンドドリップの温度管理も簡単!


ハリオの「V60ドリップスケール」はやっぱり便利!


カリタ「NEXT G(ネクストジー)」を徹底解説!おすすめ家庭用電動ミルはこれで決まり!


一家に1台あるべき!無印のコーヒープレスが便利でお得で文句なし!


[人気]無印のブレンドコーヒーを「豆から挽けるコーヒーメーカー」風に淹れてみた!

関連記事