メリタの「アロマフィルター」が、1人分のコーヒーを淹れるのに向いてる!

ハンドドリップって難しい。

とにかく人によってバラつきが出るというのがネック。

特に1人分だけ淹れるのは、慣れてても意外と苦労しますよね。

最近、メリタの「アロマフィルター」を導入しまいして、これが1人分のハンドドリップにぴったりじゃないか!

ということでサクッとレポートしてみようと思います。

スポンサーリンク

メリタの「アロマフィルター」がいい感じ!

メリタかカリタか、とくに初心者の人からしたらどちらでも同じだろう!

と思われるかもしれないんですが、これが違うんです。

基本、カリタは3つ穴、そして今回のメリタは1つ穴という構造になっています。

ちなみにカリタは日本、メリタはドイツの会社です。

DSC_0019

で、このアロマフィルターがなぜ1人分のドリップに向いてるかというと、、

お湯をどバーっと注いで、あとはほったらかしで良いという点です。

(ほったらかし過ぎでもいけないわけですが、基本ほったらかし!)

DSC_0021

真ん中のやや上の方に穴があいています。

DSC_0024

コップに直接セットしてもOK。

DSC_0023

フチの部分に隙間が空いていて、コーヒーがどのくらいドリップされてるかを確認することができます。

これは「ZERO JAPAN」の2つ穴ドリッパーと同じですね!

(参考記事:『ZERO JAPAN』 2つ穴ドリッパーを手に入れました。

フィルターはメリタ専用で

DSC_0025

フィルターペーパーは、メリタ専用のが売ってます!

パッケージがグリーン基調でおしゃれ。

メリタのフィルターペーパーには色んな性能が凝縮されてます!

(これはまた別の機会に記事にしようかと)

ちなみに!

カリタだと「フィルター」、メリタだと「フィルターペーパー」と呼ぶみたい。

DSC_0027

パカッと開封。

保管も楽チンです。

DSC_0028

フチの部分は2重で接合されてるので強度もしっかりしています。

DSC_0031

しまった、サイズ間違えたみたい!

微妙に小さい!

この一番小さいフィルターなので、フィルターペーパーも一番小さいのでいいかと思ったら、ちょっとサイズ不足、

1×2サイズがちょうど良さそうです。

それでは抽出します

DSC_0029

気を取り直してコーヒーをセット、中挽きで10g用意しました。

淹れ方はとっても簡単!

はじめはいつも通り、中心付近に少しお湯を注いで蒸らしてあげます、だいたい30秒くらい。

で、そこから一気にフィルターぎりぎりまでお湯を注いで、あとは1つ穴からコーヒーがコップに注がれるのを待つだけです。

DSC_0041

穴が1つしかないので、ジワーっといい感じに抽出スピードを調整してくれます。

しかも勝手に!

いやいやーかなり楽チンです。

DSC_0043

穴が完全に中心ではなく少しずれた高い位置にありますので、最後の方は抽出されませんのでエグミが出にくい作りです。

DSC_0046

これで完成!

フィルターペーパーのサイズさえ間違えなければ完璧だったんですけど、かんばって全部使い切ろうと思います。

スポンサーリンク

まとめ:メリタは1杯出しにちょうどいい

それにしてもコーヒーの1杯出しは、いったいどの器具が一番美味しくできるんでしょうね?

カリタのウェーブシリーズもいいし、ZERO JAPANの2つ穴も淹れやすいし見た目もグッド、なかなか1つに決めることができません!

でも今のところメリタが1歩リード。

▼初心者向けのおすすめ器具はこちらをチェック!

コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介!(ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.)

▼こちらの記事も良く読まれています

これは良い!OXO(オクソー)のオートドリップコーヒーメーカーは初心者向け!

【2017年版】カリタ・ウェーブドリッパーでコーヒーを淹れる方法!(1人分・いい加減編)

クレバーコーヒードリッパーの使い方!めんどくさがり屋さん×マグカップ編。

▼実は自宅でもコーヒーを焙煎できるんです!

【2017年版】ユニオン・サンプルロースターでコーヒーを自家焙煎する手順

Amazonでコーヒー生豆が買える通販ショップ10選!自家焙煎の強い味方。

コーヒーの自家焙煎に挑戦!手作り焙煎器の材料を100均で揃える!

▼コーヒーミルって大事ですよね

初心者にこそコーヒーミルを使って欲しい3つの理由!

【完全保存版】ポーレックス セラミックコーヒーミル・ミニを徹底レビュー!

カリタ「NEXT G(ネクストジー)」を徹底解説!おすすめ家庭用電動ミルはこれで決まり!

関連記事