Growerscup(グロワーズ・カップ)はアウトドア・釣りにぴったりのコーヒー!

ずっと前から気になっていたコーヒー、『Growerscup(グロワーズ・カップ)』をいただく機会がありましたので、さっそく試してみましたよ!

スポンサーリンク

Growerscup(グロワーズ・カップ)を初めて使ってみた!


「世界各国の厳選された特別なコーヒー豆を使用し 独自のドリップ方法で淹れる究極のモバイルコーヒーステーション、それがGrowerscupです。」

という説明があったんですが、究極のモバイルコーヒーステーションとは一体何なんだろう?

DSC_5722

というわけで実際に飲んでみたほうが早い、ということでさくっと手順をどうぞ。

『Growerscup』ってなんだ?


基本的な構造はとても簡単。

ペーパードリップとフレンチプレスを足して2で割ったイメージです。

袋の中にコーヒーの粉とフィルターが入っていて、お湯を注ぐだけで簡単・美味しいコーヒーの出来上がり!というなんとも分かりやすい仕組みになってます。

ただ見た感じ、ペーパーフィルターではありませんのでコーヒーの微粉が気になりそうですが、どうでしょうね?

アウトドアにはぴったり!オフィスや旅行先でもお湯さえあれば活躍してくれそうです。

DSC_5723

DSC_5737

DSC_5725

開封します。

DSC_5728

説明書通り、お湯を300ml注ぎます。

ただ、どこまで入れれば300mlなのか、メモリがないのでわかりませんでした。

ここでいつもの『HARIOのドリップスケール』の登場。300gをしっかり量ります。

外で飲む時なんかだと、特に気にせずアバウトな分量でもいいと思うのですが、今回は初めていただくということでしっかり軽量してみましたよ。

DSC_5729

お湯をいれるとこんな感じで膨らみます。

蒸らし時間は2分から4分とありましたので、今回は4分蒸らしで試します。

少しあっさりめに仕上げたい時は2分くらい、少し濃いめにしたい場合は4分かそれ以上待って、お好みで調整できるみたいですよ。

DSC_5730

注ぎ口はこんな感じ。

DSC_5732

DSC_5733

4分たったらフタを外して。

DSC_5734

コップかサーバーに注いで完成です!

注ぎ口はノズルが付いてるので、狙いを定めて注ぎやすいです。

仕上がりはコーヒーカップ約2杯分といったところでしょうか?

今回は『エチオピア・シダモ4』という種類を飲んだんですが、けっこう美味しかったです!

「ほほー、こうきたかー」という感じで。

ほかにもいろんなストレートコーヒーがラインナップされているので、選ぶ楽しみも増えますね。

どちらかというとフレンチプレスのような飲み口で、カップに微粉が多めに混ざりました。

微粉が苦手な方はびっくりするかもしれませんね。お気を付けください。

簡単においしいコーヒーを作れるっていうことは、さかな釣りの時にもぴったり!

それでもやっぱり海でも山でも、ケトルとサーバー持って行って、ミルでコーヒーを挽いて、お湯を沸かして、コップを用意して、っていう一手間かけた手順を踏んで楽しむくらいの余裕は欲しいですね。

DSC_5736

外で気軽にコーヒーを楽しみたい!という方にはオススメです。

関連記事