世界で人気のコーヒー季刊誌「Standart Japan(第5号)」が到着しました!【PR】

Standart Japanの最新号が届きました。

今号で日本版第5号。

毎度ながらボリューム満点&深堀りされた内容で読むのに時間がかかったー!

Standart Japanが一冊あれば一ヶ月は読書できるんじゃないか?っていうくらい。

これ編集するだけでもすごく大変そうなんだけど、取材も丁寧にされているのが随所から伝わってきて、、脱帽です。

コーヒー好きな方はぜひチェックしてください!

あ、あと今号は真っ赤な表紙がインパクト大で、インテリアとしても良いかも。うちの奥様も大変気にっておりましたー、本棚映え。

スポンサーリンク

RIVERSについて詳しく知れた!

STANDART No.5

今号のメインスポンサーは「RIVERS(リバーズ)」。

フレンチプレスが有名なのは知ってたんですけど、元々はウォールマグでブレイクしたメーカーだったんですね、知らんかったー(しかも海外ブランドだと思ったら日本だった)。

ウォールマグはこれです▼

たしかTHE COFFEE SHOPにショップのロゴ入り版フレンチプレスが売ってたなー。

ちなみに本家RIVERSのフレンチプレスはこちら。

わが家はボダムのフレンチプレスを愛用してるのですが、次ビーカーが割れたらRIVERSにしようと思います。

※フレンチプレスの使い方については「フレンチプレスでおいしいコーヒーを簡単に淹れる方法!」という記事でご紹介していますので、よければご覧ください。

RIVERSは社名の由来もかっこいい(以下抜粋)。

RIVERSというブランド名は、文字通り川(RIVERS)に由来します。製造業の世界では、材料が製品に姿を変え販売されるまでの過程を川にたとえ、各工程に携わる企業が川上・川中・川下企業と呼ばれています。つまり「RIVER」には川上(材料)から川下(販売)まで、自分たちの世界観を守るという意味が込められているのです。そして一本の川に終始するのではなく、広い可能性を見据えたチャレンジ精神が最後の「S」宿っています。

同社は消費者目線を非常に大切にされているそうで、商品のフィールドテストはいい意味で遊び感覚で行ってるんですって。あくまで消費者目線で楽しんで、実際にレビュー→改善に繋げるっていうなんとも羨ましい会社。

逆にそういう会社の方が信用できますよね、実際に使ってテストしたものしか扱いません!っていう姿勢。

そして「美味しさの追究<コーヒーの楽しさ」。

ここも個人的に好き。

品質が大事だと言うのはよーくわかる。

でもイライラしながら飲む高級コーヒーよりも、釣り場で飲む熱々のインスタントコーヒーが抜群にうまい!って事も往々にしてありますし、つまりそういうことだと思います。

なんだかこの文章かいてたらRIVERSのアイテムが気になり出した、、(ステマじゃありません!)。

気づいたらRIVERSのことばかり書いてましたが、他のトピックも読みごたえあったなー。

といっておきながらすみません!RIVERSネタをあと1個だけ!

RIVERSの2018年開発テーマがUNPLUGGED COFFEE(アンプラグド コーヒー)らしい。で、どういう意味なのかというと、

カッコつけずに平たく言っちゃうと、冬に入る温泉が気持ち良いとか、寒い時に食べる鍋が美味しいように、外で淹れるコーヒーは最高、ってことですw

っていう感じで、ワタシも釣り場で飲むコーヒーは最高だと思っているくちなので、強烈なシンパシーを受け取りました!お分かりいただける読者様も多いのではないでしょうか?

他に気になったトピック

「カフェインがつまった文化の表出地」という項目が特に興味深くて。

ここでは書けないので詳しくは実際に読んでいただきたいのですが。

つまるところ、これからのコーヒーショップとはどうあるべきか?的な問いを投げかけているのでは?と個人的には思いました。それにこれはコーヒー業界だけの問題じゃない気がするので、各々ご自身の環境に置き換えて考えてみると良いかもしれません。

ワタシもすごーく勉強になった!

そうそう、あとは山梨の気になるコーヒー屋さんも載ってた!

山梨に行く機会があったらぜひ訪れたいと思ってる「AKITO COFFEE」。

ますます行きたくなった!

もちろん他にも気になるトピックがあったのですが、ボリュームありすぎて感想まとめるのだけでも大変なので、ぜひ実際に読んでみてください!

まとめ

名古屋らへんだとStandart Japanを扱ってるお店はまだまだ少ないですよねー。自分が知らないだけかもしれないけど。もっと取扱店が増えてくれるといいですね!

コーヒーショップだけじゃなくて、雑貨屋さんとかでも普通に並んでいてもおかしくないデザインだし、何かと良いんじゃないでしょうか。

そしていつも思うけど、これだけ広告臭がしない雑誌もほんと珍しい!

Wholesale order(小売販売用)もかなりの小ロットから受けてるみたいなので、気になるお店の方はチェックしてみてはいかがでしょうか?もちろん個人もOK。(Standart Japanサイトのカートからサクッと注文できますよー

ちなみにRIVERSの持ち運びできるコーヒーグラインダーが超カッコいい!ハンドルホルダーのシリコンバンドもなんだか良さそうだし、アウトドアマンでまだコーヒーミル持ってない人はぜひチェックしてみてください。

Standart Japanバックナンバーについては「Standart Japan」はコーヒー好きなら絶対チェックしておきたい1冊です!」という記事でご紹介してます。気になる方は併せてご覧ください。

「Standart Japan」はコーヒー好きなら絶対チェックしておきたい1冊です!PR

同じカテゴリの記事

手挽きコーヒーミル用「グリップバンドwithハンドルホルダー」を導入しました!【PR】


【完全保存版】ポーレックス セラミックコーヒーミル・ミニを徹底レビュー!


中川ワニ著「家で楽しむ手焙煎コーヒーの基本」がすごーくタメになった!


コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介!(ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.)


by
関連記事