エアロプレス用の「トラベルキャップ」でコーヒー豆の持ち運びが楽チンになった!

ようやく手に入れました!ずっと欲しかったんですコレ。

エアロプレス用の「トラベルキャップ」。

これ、すぐれものなんですけど別に無ければ無いでいいんじゃないかという。

意見が真っ二つに分かれそうな感じですが、ワタシ的には絶対欲しかったんです!

それでは必要かそうでないか、みなさまゆっくりご検討下さい。

スポンサーリンク

エアロプレス用のフタ「トラベルキャップ」を買った!

これ、ずっと欲しかったんですけどなかなか売ってなくて。

本家「AbleBrewing」のサイトで見つけた時から欲しくて、でもそのときは国内で売ってるところを見つけられませんでした。

しばらくするとポツポツと見かけるようになったんですけど、通販ではほとんど売り切れの状態が続いていて。

これは、初の「海外通販するしかないか」と思ってた矢先!

なんとAmazonで発見!いつの間にか取り扱いが始まってた!さすがAmazon、迷わず購入しました。

エアロプレスのトラベルキャップ

大きさは約9センチ。

食品安全基準ゴムを使用しているとのことで、安心して使えそう。

厚すぎず、薄すぎず、耐久性もそんなに悪くなさそうです。

もちろんMADE IN USA。

同じメーカーでコーンステンレスフィルターでもおなじみです。

(参考記事→ステンレスフィルターでコーヒーを淹れた時の微粉を減らしたい!

DSC_0091

ここのメーカー、パッケージがかっこいいですよね。

DSC_0094

正面から。

DSC_0093

そして裏面。

DSC_0095

こんな感じで、

DSC_0096

カパッと装着します!

DSC_0097

しっかりハマってくれるので、ちょっとやそっとじゃ外れません。

DSC_0098

ワタシが選んだ理由!

DSC_0103

このいるかいらないのか不明だった空洞に、コーヒー豆を入れて持ち運ぶことができるんですよね。

アウトドアにぴったり。ワタシの場合、釣りに持っていきたいなーとずっと考えていたんです。

DSC_0104

コーヒー豆を投入し、

DSC_0105

トラベルキャップでフタをします!

DSC_0107

これでコーヒー豆の持ち運びが楽チン。荷物も少しだけ減るので旅行とかにも便利ですね。

よく出先でコーヒー淹れる!っていう人にはオススメです。

ワタシはこの「フタとしての機能」しか用途として考えてなかったんですけど、説明をよく見てみると、

「コーヒー抽出プレス時のグリップ強化」

って書いてありました。

そうか、滑り止め的な。だから縦線が入ってるんですね。しかし、滑り止めとして使っている人いるのかな?

ここまで書いておいてアレなんですけど「本当に必要か?」って聞かれると、

いや、そうでもないかもなー、、と思わないでもないし。なくても困らない人の方がもしかしたら多いかも。

でもいいんです!

持ってるだけで、気分が良くなるということは、これはワタシにとって必要なものだったんだということで、無理矢理にでも言い聞かせます。

スポンサーリンク

まとめ:買って後悔、、、してません!

もちろん買って後悔はしてないですし、少しでも使ってみたいなーと思った人は、ぜひ導入することをオススメします!

というわけで、しばらくはエアロプレス強化月間といきたいところです。

同じカテゴリの記事

エアロプレス×サクレ(レモン味)で美味しいレモンアイスコーヒーの完成!


エアロプレスで簡単にエスプレッソ(風)コーヒーを作るレシピ!


自宅で簡単!おいしいエスプレッソティー(ラテ)の作り方(エアロプレス使う編)


DINEX(ダイネックス)マグとエアロプレスの組合せがアウトドア向き!後片付けも簡単です。


「エスプレッソ×トニックウォーター」大人味のアイスコーヒーの完成!

関連記事