手挽きコーヒーミル用「グリップバンドwithハンドルホルダー」を導入しました!【PR】

かっこいいグリップホルダーがわが家にやって来ました。

その名も「グリップバンドwithハンドルホルダー」。

実はありがたいことにWPB株式会社様よりご提供いただいたので、さっそくそのレビューをしてきたいと思います。

いままでポーレックスのコーヒーミル専用のホルダーは使ってたんですけど、それがさらに改良されてかっこよくなったイメージでしょうか。

しかも最近増えてきたポーレックスに似た手挽きミルにも使えるという、なんとも嬉しい仕様にバージョンアップしてる!

というわけで約1週間使ってみたのでそのレビューです。

スポンサーリンク

「グリップバンドwithハンドルホルダー」の見た目・質感

グリップバンドwithハンドルホルダーの外袋

まずパッケージがかっこいい。

普通にコーヒーが200gくらい入っていそうですね。

開封するのがもったいない!

もちろん日本製です。

上部にはハトメがついていて、お店で陳列するのに便利そうです。

細かい部分までありがたいですねー。

それでは中身を出してみましょう!

グリップバンドwithハンドルホルダー

オレンジのステッチがいい感じ。

レザークラフト好きにはたまらないんじゃないでしょうか?

細かい手作業に心惹かれます。

ボディのレザーはボンデッドレザーといって、ドイツの老舗サラマンダー社のモノ。

そういえばボンデッドレザーってあまり聞きなれないですよね?

ざっくりこんな感じです。

ボンデッドレザーとは、皮革製品を製造する際に出る革の破片などを繊維状に加工し、樹脂と混合してシート状に再加工した環境にやさしい素材です天然皮革の自然な風合い、堅牢性・吸湿性はそのままで皮革製品特有の経年変化(エイジング)をお楽しみいただけます。

以前ご紹介したポーレックス専用ホルダーにも採用されていたもので、その質感が個人的に好みです。

ポーレックスコーヒーミル専用ハンドルホルダー「tate」を導入しました!【PR】

1年ほど使いましたが、使い込むたびに革の表面が光沢感を増してきて。

通常のレザーとはまた違った経年変化を楽しむことができます。

グリップの仕組み

こちらは広げた状態のバンド。

両端に超強力マグネット(ネオジウム磁石という日本で最強の磁石と呼ばれているらしい)が内蔵されており、直径4.6cm~5.0cmの筒状ミルならくるりと巻いて問題なく取り付け可能です。

そして絶対に滑らない仕組みのタネが裏面に。

とっても強力なグリップシールが施されており、ビックリするくらいずれません!びびります!

このグリップを装着すると、ほどよい厚みが加わり手のひらにジャストフィット。

グリップバンドwithハンドルホルダーを装着

野球で例えるとグリップエンドに小指をひっかける感じ。釣りだと落とし込みやる人が肘当てをつける、そんな感じでしょうか?

とにかくホールド感が抜群によくなります。それに伴って、手挽きミル特有の疲れが軽減されるように感じました。

装着時のみため

これ、思った以上に良いかも。

ガチっとホールドされて、ほとんどずれることは無いんじゃないかな?

少なくともワタシが1週間使ってみて、ずれることはありませんでした。

そしてもちろん、ハンドルも収納できますよ!

サイドに少し見えるゴムの部分に差し込むだけなので簡単・省スペース。

はじめは少しコツが要りますが、慣れれば楽勝です。

機動性・携帯性はそのままに、カッコよさもアップして嬉しいかぎり。

ワタシはサカナ釣りに必ず携帯するのでホルダーは必須。ナイスです。

ちなみにカラーはブラウンとグレーがあるみたい(ここでご紹介しているのはブラウン)。

使えるミルをピックアップしてみる

ポーレックス


こちらのサイズはもともとバンドが付属してないので、一緒に導入するのがオススメですね。

E-PRANCE

お手頃価格の手挽きミル。直径4.9cmなのでギリギリいけそうです。

まとめ:ありそうでなかったグリップ


これさえあれば、万が一コーヒーミルを買い換えるときでもグリップは流用できるので安心ですね。

しかもこんなの、今までありそうでなかった!

細かい部分までしっかり作られているので、なんとも物欲を満たしてくれる、そんなアイテムだなーと思います。

忙しい毎日の中で、できればコーヒータイムくらいはお気に入りのアイテムを使いたい。

このグリップバンドなら、そんな束の間の一コマを3割増しで盛り上げてくれるはずです。

ぜひとも「見て・触れて・使って」楽しんでください!

取り扱い店舗も募集してるみたいなので、気になるショップオーナー様は問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

追記(2018年8月):さっそく改良版が登場しました

発売から間もないですが、すでにマイナーチェンジされています。

変更内容は2点。

1:ナチュラルな新色が登場

 

ステッチのカラーが落ちついたブラウン系になったものが新たに仲間入り!

オレンジの糸だとちょっと目立ちすぎて、、、という方にはぴったりではないでしょうか?

内側の滑り止めラバーも同系色となり、全体の仕上がりもいい感じです。

ちなみに装着したらポーレックスに装着したらこんな感じです。

2:ステッチ補強

一見、華奢にみえるステッチ。

その不安を払拭してくれる、心強い知らせが届きました!

縫い止めの部分が以前よりも補強されたそうで、耐久性もアップ。

自宅ではもちろん、アウトドアでヘビーに使い倒す予定の方でも安心してお使いいただけるのではと思います。

About WPB

ヨーロッパのヴィンテージ壁紙に魅せられ、「Enjoy the WALLPAPER」をコンセプトに、女性2人で立ち上げました。輸入壁紙と異素材を組み合わせたバッグや雑貨を製作している他、ドイツ製ボンデッドレザーを用いた実用品なども新たに展開中。
実用性のある商品、丁寧なものづくりを心掛けています。

※同じくWPB社製のレザー製コーヒーフィルターケースのレビューも行いました!気になる方はぜひご覧ください。

マグネット付き・日本製「COFFEE PAPER FILTER CASE」でコーヒーフィルターを賢く収納!【PR】

コーヒー器具の種類が多すぎてどれを選べばいいか分からない!という方の為の記事はこちら

コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介!(ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.)

コーヒーミルは手動?電動?どれが良いの?という方の為の記事まとめはこちら

【保存版】おすすめコーヒーミル(グラインダー)の記事まとめ

自宅で焙煎するときに参考にしてほしい記事はこちら

【保存版】自宅でできる「コーヒー自家焙煎」の記事まとめ

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメです!

【完全保存版】ポーレックス セラミックコーヒーミル・ミニを徹底レビュー!


カリタ NEXT G(ネクストジー)を徹底レビュー!おすすめ家庭用電動コーヒーミルはこれで決まり!(口コミ)


家庭用電動コーヒーミルの決定版!カリタ「ナイスカットG」をレビューしてみた


ドリップバッグコーヒー専用ポット「one drip pote(ワンドリップポテ)」を使ってみた!

関連記事