急な来客にも対応!4人分のアイスコーヒーをおいしく淹れるレシピ「HARIO V60編」

暑い。

ここ最近は毎日のように暑いわけなのですが皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

ここまで暑いとホットコーヒーよりもアイスを飲みたくなってきます。

そしてもうすぐGW。

そのあとはお盆休みがやってきます。長期休暇のときって人が大勢集まることが多いですよね。

そんな時にすぐ人数分コーヒーを入れることができれば助かりますね!

というわけで今回は、

「美味しいアイスコーヒー4人分レシピ」

をお送りします!

もちろん、他にもたくさん美味しい淹れ方レシピはあると思うんですけど、ここはワタシの主観ですのであしからず!

スポンサーリンク

美味しいアイスコーヒー4人分の作り方!

DSC_6261

 用意するもの

・コーヒー(中挽)50g

・お湯 540g(1L容量のポットに9割くらいお湯が入ってると注ぎやすいです!)

・HARIO V60ドリッパーとフィルター(03サイズ ※02サイズでもOK)

・HARIO ドリップスケール(これがないと始まらない!)

・コーヒーサーバー (1Lくらいの容量があると良いです)

・コップ(300ccくらいの容量のもの)×4個

・氷1kgはあると安心です(家庭用の製氷機でできたものでもOK、ロック用の氷だと更に見た目も良くなります!)

以下、抽出ダイジェストです。

まずはコーヒーを淹れてみる!

コーヒーを計量し、ミルで中挽きにします。

DSC_6262

それをフィルターにセットして、

DSC_6265

サーバーにセット、さらにそれをハカリに乗せます。

DSC_6266

お湯を注ぎ始めます。最初は蒸らすために40gくらいササーと。

DSC_6268

30秒ほど蒸らしたら、2,3回に分けてお湯を注ぎます。

大体3分以内には注ぎ終わるイメージです。

ちなみにお湯はトータルで540g注ぎます。

DSC_6273

DSC_6276

DSC_6278

DSC_6280

DSC_6284

円錐ドリッパーはお湯を注ぐスピードがそのまま抽出スピードに直結しやすいため、始めのうちはうまく淹れられないかもしれません。

でも慣れると味の調節がしやすいっていうメリットもあります。

例えば速めに注ぐとすっきり、ゆっくり注ぐと濃い目に抽出できる、、

といった具合です。

DSC_6286

DSC_6289

DSC_6292

DSC_6293

DSC_6294

コーヒーの抽出が終わったら、氷をたっぷり入れたグラスを4個用意します。

今回使ったコップは、満水で300cc入ります。

DSC_6296

DSC_6297

そこに、熱々のコーヒーをゆっくり注ぎますよ。各コップ均等になるようにバランスよくですね。

DSC_6301

DSC_6302

DSC_6304

DSC_6307

DSC_6309

DSC_6313

注ぐと氷が少し溶けてしまうので、氷を少し足してあげれば完成!

あとは美味しいアイスコーヒーを召し上がれ!

スポンサーリンク

まとめ

大人数分のコーヒーって、いきなり淹れてっていわれてもちょっと難しいですよね?

よかったら少しでも参考にしていただければ嬉しいです!

温度調節機能付きで便利なケトル▼

▼初心者向けのおすすめ器具はこちらをチェック!

コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介!(ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.)

▼こちらの記事も良く読まれています

水出しアイスコーヒーを1番おいしく飲めるミネラルウォーターはどれだ??(個人の主観編!)

イタリア風アイスコーヒー「カフェ・シェケラート(風)」を作ってみる実験!

「エスプレッソ×トニックウォーター」大人味のアイスコーヒーの完成!

▼実は自宅でもコーヒーを焙煎できるんです!

【2017年版】ユニオン・サンプルロースターでコーヒーを自家焙煎する手順

Amazonでコーヒー生豆が買える通販ショップ10選!自家焙煎の強い味方。

コーヒーの自家焙煎に挑戦!手作り焙煎器の材料を100均で揃える!

▼コーヒーミルって大事ですよね

初心者にこそコーヒーミルを使って欲しい3つの理由!

【完全保存版】ポーレックス セラミックコーヒーミル・ミニを徹底レビュー!

カリタ「NEXT G(ネクストジー)」を徹底解説!おすすめ家庭用電動ミルはこれで決まり!

by
関連記事