V60 フラットドリッパー Zebrang/HARIOのアウトドア用コーヒー器具を導入しました

HARIOから新しいアウトドア専用のトリッパーが登場したということで、さっそく使ってみました。

素材は柔軟性のあるシリコンゴムで台座の部分はポリプロピレンのちょっと固め素材。

使う時はいつも通りの V60ドリッパーとして使え、使わない時はくるくるくるっと畳んで収納することができる優れもの。見た目もシックなブラックで、外でコーヒーを淹れる方やキャンプ好きの方には受け入れられやすいのじゃないかなぁと思っています。

まだアウトドアコーヒーでは使っていませんが、自宅で使ってみた感想を今回は書いてみようと思います。

スポンサーリンク

HARIOのアウトドア用コーヒードリッパー「V60 フラットドリッパー Zebrang」を導入しました。

まず何よりも最初に感じたことがその手触り。

今までいろんなコーヒードリッパーを触ってきましたがシリコン素材のものは初めて。そのマットな手触りが特徴ですが、これがとても心地良いんです。

触れるだけでコーヒーが入れたくなる、そんな気分にさせてくれます。

それから「くるくるっ」と折りたたむギミックもなかなか好みで、コンパクトに収納可能。持ち運びにも便利ですよね。

正直なところ、既存のV60ドリッパーと比べても機能はほぼ同じ(だと思う)なので、これを使えばコーヒーが美味しくなる、まずくなるといったことは恐らくないんじゃないかな?と思います。 ただ、そこはHARIOがアウトドア専用ラインとして送り出してきたというストーリーを、ワタシとしては対価を払って手に入れたと考えています。

例えばジムニーに関しても通常ラインとは別に「Landventure」っていう、ちょっとプレミアムなラインがありますが(今もある?)、その代名詞である「悪路走行性能」というジムニーの本質的な部分はおそらくどちらも変わらないと思います。そんな感じでしょうか(ちょっと違う?)。

ちなみに専用フィルターもありますが、ちょっと割高?ただ、どうせ消耗品だしという事で送料無料にするためについでがい。うまく設計されていますね。

既存品との違い??わかりません。

V60 フラットドリッパー Zebrangの好きなところ

  • 見た目のマットな質感と黒カラーが高級感を感じさせてくれる・
  • 手触りが良い・
  • 携帯性に優れている

イマイチなところ

(どうしても薄っすらついてる、、分かります??)

シリコンという事で、どうしても白いほこりの付着が気になる、、気づいたら付いてるんですよね!あれって。

気になる点はそのくらいで、他は概ね気に入っています。

あ、もう1個忘れてました。取手とシリコン部分の本体が分離するので、いつもの調子で逆さまにして出涸らしを捨てようとすると本体ごとゴミ箱に真っ逆さま。お気をつけください。

購入時に比較対象となりそうな、アウトドア向きコーヒードリッパーたち

MUNIEQ/テトラドリップ

携帯性という面においてはこれに勝るものはないんじゃないのかなあと思います。 ステンレス素材とこの見た目は反則級、かなり格好良いと思っています。

ただ専用のフィルターがあるわけではなく既存の円錐形フィルターを使いますので、なんとなく収まりが悪いというのが唯一気になる、、。

※関連記事:MUNIEQ-TetraDrip/シンプルでミニマルなコーヒードリッパーを導入しました

UNIFLAME/コーヒーバネット

ユニフレームから販売されているコーヒーバネット。

これはバネの力で円錐フィルターを支えてくれる仕様となっていて、使わない時は縮めて端っこをひっかけ(説明が難しい、、)コンパクトに収納することができます。

初めて買ったアウトドア用のドリッパーはこれでしたが、外で使った時に致命的な弱点を見つけてしまったのです。それが風に弱いということ。

風が吹くとフィルターがペコペコと内側に折り曲がって上手にお湯を注ぐことができません。 しっかりと風防するか慣れれば良いかもしれませんが、ワタシ的にはレベルが高くて使いこなすことができませんでした。

見た目とギミックは好きだったのですが、、もちろん自宅で使うぶんにはコンパクトで場所も取らないので、その性能は申し分ないです。

※関連記事(こちらは100均バージョン):アウトドアでも使える「折りたたみコーヒードリッパー」が100均(セリア)で買える時代

ILCANA/富士山ドリッパー

折りたたむタイプではありませんが、頑丈なステンレスタイプなのでラフに扱ってもちょっとやそっとじゃ堪えなさそうなその堅牢性を信頼し、ワタシはアウトドアで使っています。

 とにかく見た目がかっこいいですし、富士山の形をしているというニクい演出もたまりません。

弱点としてはやはり嵩張る点でしょうか。百戦錬磨のキャンプの達人なら上手にキャンプギアに収めて持ち運ぶことは可能だろうなと思っています。

わが家にMUNIEQがやってきてからアウトドアでの使用は激減してしまいましたが、今でも思い出したように引っ張り出してきては自宅で使っています。

そんな感じで勝手に比較してしまいましたが、このHARIO「V60 フラットドリッパー Zebrang」はここに挙げたドリッパー達とはまた微妙に違う立ち位置で、すでにアウトドア用のコーヒードリッパーを持っている人もそうでない人も、一度は使ってみてもいいんじゃないかなぁと思いました。

※関連記事:MT.FUJI DRIPPER(マウントフジドリッパー)を買った![富士山ドリッパー]

スポンサーリンク

そうそう、それからこのドリッパーは初めてHARIOの公式サイトで購入をしました。珍しくAmazonでは売ってなかったんですよね。

風の噂によるとディスカウントをしない商品という事なので、もしかしたら今後もAmazonには出回らないのかもしれませんね。ただHARIOの公式でも税込3,300円以上買えば送料無料で届けてもらえるので、ついでになくなりそうなフィルターなんかも組み合わせれば簡単にその金額には達するのではないでしょうか。

ついでにHARIOの公式ネットショップは楽天にも出店されているので、そちらを使うとよりお得に買えそうですね。

あ、それからサイズは102しかないっぽいです。ソロキャンパーの人にはちょっと大きいかもしれませんね、いややっぱりコーヒーは1杯分だけ入れるよりも2杯分以上で淹れた方が美味しくできる気がするので関係ない!

ちなみに個人的には、シリコン部分の01サイズが別売りされたら絶対買います(信用ならない消費者の言葉、、)。

調べてみたら、ドリッパー意外にもZebrangブランド製品が登場してました〜。

洗浄も一瞬で終わって速乾性も抜群。アウトドアでは外せないポイントもしっかりおさえてます。

※関連記事:HARIOのV60 1回抽出ドリッパーMUGENを導入しました

※関連記事:HARIO/V60ドリップサーモメーターが気になる[コーヒー抽出には温度管理が重要]

※関連記事:ハリオの「V60ドリップスケール」はやっぱり便利!

※関連記事:コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介[ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.]

by
関連記事