HARIOのV60 1回抽出ドリッパーMUGENを導入しました

今年もハリオは新製品をたくさん出しているわけですが、中でもワタシが気になったのが「MUGEN」というドリッパー。聞きなれない名称なので最初はどんなものなのかな?と疑問でしたが少し調べるとそれも解消。

なんでもコーヒーをセットしてお湯を一定ペースで注げば美味しいコーヒーが完成するという、まさにワタシのようなめんどくさがり屋さんにはピッタリなアイテムなのでした。

見た目はなかなか美しい。プラスチック製なのですがそのフォルムとカラーリングのおかげか、高級感を感じますね。

逆さまにしても様になる?サーフボードのような黒いパーツも今まであまり見た事ないフォルムですよね。ちなみにその中央あたりに穴があいてるんですが、キッチンのフックに引っ掛けることを想定しているみたいです。

それではさっそく使ってみます。最近はカリタのサーバーばかり使っていましたが、今回はハリオに合わせてビーカーをチョイス。これなかなか使いやすいんです。熱くなるけど。

公式的使い方は、

1:サーバーにフィルターをセットする
2:フィルターを湯通しする
3:コーヒーを20g投入する
4:中心付近にお湯を回しながら投入する
5:トータル240ml注いだら完成(落ちきるまで待つ)

といった具合です。

あ、気づいたかもしれませんが上の写真は湯通ししていません。フィルターサイズは02なんですが、湯通しすると微妙にドリッパーとのフィット具合が悪い気がするんですよね、、。

それ以外にもいろんなパターンでの抽出を試していて、今回がたまたま湯通しなしだった、ということでもあります。

ひたすら注いでいきます。注ぐスピードでも味が変わりそう。

そんなことを考えてたらあっという間に抽出完了。

仕上がりは200mlくらい。マグカップにちょうど良い分量ですね。

見にくいけど中央がしっかりくぼんでいて、お湯の通り方は悪くないのかもしれません。

はじめは試しに使ってみようかな〜という軽い気持ちで買ったんですけど、これ良いですね。お湯を注ぐ手間はかかりますが基本的に味がぶれる要素が少ないので、家で使うのにも、そして初心者さんにもおすすめだなぁ、と。コーヒーの種類や分量、挽き目、湯の温度などを一度決めてしまえば失敗はググッと減りそうですしね。

そのうちこれをカウンターにずらっと並べて抽出するコーヒーショップが出てくるかもしれませんね。

あ、そういえばセラミックモデルもあるみたいなので、ひとまずプラ製で気に入ったら改めて導入してみるのもアリかもしれませんね。

by
関連記事