HARIO/V60ドリップサーモメーターが気になる[コーヒー抽出には温度管理が重要]

コーヒーをおいしく淹れるためにはコーヒー豆の味はもちろん、分量や鮮度も大切です。

そしてお湯の温度もかなり重要になってくるんですが、これが少しめんどくさいんですねー。

粉の分量やお湯の量ならドリップスケールを使えば簡単に計測できるんですが、お湯の温度となるとまた話が違ってきて。

それがハリオの「V60ドリップサーモメーター」というのがあればそのめんどくささから解放されそう!

なので少し下調べをしてみました。

スポンサーリンク

ハリオの「V60ドリップサーモメーター」がほしい!

藤が丘マルシェで珈琲豆ストア「コモン」の人が使ってたのをたまたま見かけて、いいなーと思ったのが始まり。

あれなら温度計もケトルにセットできて簡単に温度測定ができそう!

ということで調べてみました。

~V60ドリップケトル・ヴォーノに取り付けられる温度計。

付属のサーモメーター専用フタに取り付けて、細口ノズル根元付近の温度を計測できるように設計されているので、ドリップしている最中も温度管理を行えます~ハリオHPより引用

見た目もすっきり、意外とかっこいいなー!

これがあれば自宅でおいしいコーヒーをより簡単に淹れることができそうですね。

あー、ほしい。

今使ってるのはこのケトル。

ワタシが今使ってるのは青芳製作所のコーヒーポット。

DSC_0014

木製のハンドルが気に入ってて、長く愛用してます。

価格もお手ごろだし。

ハンドルも微妙に本体側に曲げてカスタムしてます。

だいぶ愛着もあるんですけど!温度計をセットする、となると若干使いにくいのです。

現在は別に温度計を用意してるんですけど、毎回のこととなると少し面倒。

DSC_0016

DSC_0015

DSC_0017

長さも少し短いのか、ポットの中に入ってしまいます。

これがストレスになるんです、、、気になる。

そろそろ買い替え時でしょうか?

ケトルは別売りみたい

よくみたら「V60ドリップサーモメーター」とケトル「ヴォーノ」は別売りみたいです。

つまり、いまハリオの「ヴォーノ」愛用者なら「V60ドリップサーモメーター」を買うだけで良いんですね!

となるとワタシの場合、ケトルも購入しないといけない!

今使ってるのもすごく愛着があるのでできればこのまま使いたいし、でもハリオも気になるし。

基本性能で行くと、ハリオの方が優れてるのかな?

セットで約1万円。しばらく悩んでみようと思います。

スポンサーリンク

まとめ

最近はコーヒーをいれるときの温度を変えて、その味の違いを比べたりしています。

やはり同じ豆、淹れ方でも温度による違いというのはだいぶ影響が大きいですね。

あらためて感じます。

最近は70℃くらいがいい感じ(もちろん豆の種類によって一概には言えませんし、個人の好みの問題でもあります!!)

なのでこれがあれば一気にコーヒーライフが次のステージに移れそう、やはり悩みますね。

※追記:買いました▼

コーヒーの人気記事

[人気]コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介[ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.]


ポーレックス セラミックコーヒーミルを徹底レビュー[使い方・手入れ・スペアパーツ]


【保存版】おすすめコーヒーミル(グラインダー)の記事まとめ


【保存版】自宅でできる「コーヒー自家焙煎」の記事まとめ


Amazonでコーヒー生豆が買える通販ショップまとめ[自家焙煎の強い味方]

同じカテゴリの記事

ハリオの「V60ドリップスケール」はやっぱり便利!


ハンドドリップコーヒー「一番搾り風」おすすめ抽出法!


手入れも簡単!ネルドリップでおいしいコーヒーを淹れる。


レバープレッソを購入しました[エスプレッソの淹れ方・アクセサリー紹介レビュー]


[人気]カリタ NEXT G(ネクストジー)を徹底レビュー!おすすめ家庭用電動コーヒーミルはこれで決まり

関連記事