カリタの1杯専用コーヒードリッパー「カフェ・トール」を導入しました

カメラや釣り具と一緒で、コーヒー関連器具もとりあえず一度は使ってみたい性分なのであれこれ手を出してしまうのですが、今回はものすごーくお値打ちで、前々から存在は知っていたけど本当に必要?と言われればそうでもないアイテムを導入してみました。

1杯専用と銘打たれた、一見チープな外観と質感。しかしそこは老舗コーヒー器具メーカーであるカリタ謹製ということで、何となく不思議なオーラを放っています。使う人いるのかな~と思いましたが、カリタがラインナップに長年加えているのには何か訳があるはずだ。そう思うと使わずにいられません。

思ったよりも大きなボディ。1人専用という事でマグカップに直接のせてみましたが、ちょっとカップ側の径が小さかったかな、、。少しでもずれたら落下しそう。という事でサーバー利用推奨です。もしくはもう少し飲み口が広いカップでどうぞ。

フィルターは101サイズ。といってもピッタリフィットするかというと案外そうではなく、きもーちドリッパーから浮き気味になる感じ。そこにコーヒーを投入して安定させるイメージですよね、カリタさん??

コーヒーの量は多すぎると溢れるので今回は12g使用。これでもけっこうギリギリかも。特に焙煎したてのコーヒーだとモコモコ分を加味しておかないと危険です。

このくらいの収まり具合。参考にしていただければ。やはり、こうやって見てみるとドリッパーけっこう大きいなぁ。マグカップよりもコーヒーカップ向きかもしれません。

じっくりじっくり、コーヒー成分が粉の内部から飛び出してくる様子をイメージしながら、、。じわじわっと。

最後はパティスリーハイのアップルパイとあわせて頂きます。先日歩いてホール買いしに行ったんですけど、見事に食べきりました~。

結婚は一度はしてみるもんだ、という名言があるとかないとか耳にしますが、このカフェ・トールも同じかもしれません。深い意味はありませんが、確かに101ロトの形状よりはキッチンでの収納に便利だし、アウトドアに持ち出すにしてもバッグ内の収まりは優れていると思います。物は使いよう、というわけですね。

詳しくはメーカーサイトをみてもらうとして、カラーラインナップも豊富で個人的にはツルッツルの手触りがクセになるかなぁ。好きな人は好きなハズ!

by
関連記事