かゆいところに手が届くカリタのニューメジャーカップNをコーヒー用に導入しました

ようやく見つけました、理想的なコーヒー用のスプーンを。

これ、ありそうでなかなか無かった(自分が探せてなかっただけ?)長さで、おかげ今まで微妙にストレスだった作業が劇的に改善されました!しかも安すぎてあと2、3本買ってもいいかもと思わせてくれる、年末のナイスな出会いとなりました。

スポンサーリンク

カリタ/ニューメジャーカップNという選択

カリタメジャーカップN

そのスプーンの名称は「ニューメジャーカップN」。たまたまAmazonで見かけて値段合わせとして(合わせ買い2000円以上の物が欲しかったため)、試しに買ってみたのです。

で、これが効果てきめんで!普段コーヒーをメイソンジャーに入れて保管してるんですけど、量が少なくなると底の方は非常にすくいにくかったんです、、

でもそれが一発で解消!ビンの縁に指が当たることなく、ノンストレスでコーヒーミルに投入する事ができるようになりました。最近はもっぱらコレ▼

長さは約125㎜。一般的なスプーンよりも約40㎜長いだけですが、ここまで使用感が違うとは、、。

質感もあなどれない

さらに質感もやや上品になってるような気がします。

30円くらいで売ってる(カリタの基本のプラスチックドリッパーを買うと付いてくるやつ)のよりも、


角が丸みを帯びていて、それに少しだけ厚みがあるというか、頑丈というか、剛性がありそうな手触りで。プラスチックといえどもなかなか侮れない仕上がりに「さすがカリタ」と思わせてくれる、納得の買い物が思いがけずできた事に感謝。

スポンサーリンク

という感じで、かゆいところに手が届いてなかった皆様、一度試してみてはいかがでしょうか?調理用スプーンとしても、案外使えるかもしれませんね。ちなみにコーヒーはすりきりで約10g入りますよ。日々の細かいストレスをマメに解決していくと、その先には幸せが待ってくれているような気がします。

同じカテゴリの記事

白ごはん.comの「調理ベラ」をコーヒー用に導入しました


改めてカリタ「300サーバーN」の魅力に気付いた2020年夏


1人前のコーヒー抽出にはカリタ「ウェーブドリッパー」が最強説


MUNIEQ-TetraDrip/シンプルでミニマルなコーヒードリッパーを導入しました


コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介[ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.]


関連記事