FireKingのエキストラヘビーマグに相性がよいドリッパーは「メリタ」ではないかという説。

男心をくすぐるマグカップ「FireKing(ファイヤーキング)」。

ワタシも学生時代に出会って以来、ずっとその魅力にとりつかれ愛用しています。

なかでも使用頻度が高いのがこちら、「エキストラヘビーマグ」。

そしてこれに一番あうドリッパーは「メリタ(もちろん陶器)」ではないでしょうか?というのが今回のお話です。

完全に独断と偏見です!

スポンサーリンク

エキストラヘビーマグにあうサーバーはメリタで決まり!


はじめから勝負アリの様相ですが、たぶん間違いないと思います。

下の写真を見てもらえるとわかりますが、エキストラヘビーマグにジャストフィット。

バランスも、モノの質感もスーっと馴染む感じ。これしかありませんね。

DSC_0110

ちなみに「FireKing」というのは、古き良きアメリカで使われていた一般大衆向けのコップのこと。

いや、微妙に違うか。アンカーホッキングというガラス製品を扱う会社の中のブランド名です。

オーブンでも気にせず使えて丈夫ですよというのがウリ。コップとかプレートとか。

人気商品はとんでもないプレミアがついててびっくりします、スヌーピーの有名な赤いアレとか桁が違いますからね。

で、エキストラヘビーマグはFireKingのレストランウェアというシリーズの一つ。今でいう業務用ですね、とにかく重くて頑丈。

DSC_0022

(あらためて量ってみると452g!重い。)

70年代には一度生産を終了しましたが、ここ最近では復刻物が出回ってますねー、セレクトショップとか、いろんなところで。

あまり書き始めると止まらなくなりそうなので、FireKingについてはまたの機会にとっておきます。

 

見た目だけではない!メリタが合う理由。


メリタ(陶器)のドリッパーが合う理由はなにも見た目だけではありません。

一杯出しの抽出にもぴったりなんです。

それでは実際に抽出してみましょう。

DSC_0119

DSC_0113

今回使用する豆の量は10g。中挽きにします。

そしてフィルターとコーヒーをセット、それをマグカプの上にのせます。

DSC_0114

まずは蒸らし、お湯を注ぎます。粉全体に行き渡るよう、そーっと。

それから約30秒蒸らします。

DSC_0115

あとはメリタ特有の抽出手順、一気にお湯をドリッパーの淵まで注ぎます。

このときフィルターから粉やお湯がこぼれないよう注意してください。

DSC_0117

今回は目安として180gのお湯を注ぎました、なれたら計らなくても大丈夫。

メリタは勝手にドリッパーが抽出してくれます。

(参考記事→メリタの「アロマフィルター」が、1人分のコーヒーを淹れるのに向いてる!

DSC_0118

注ぎ終わったら、あとは待つだけ。

DSC_0120

このくらいまできたら、ドリッパーをコップから外します。

DSC_0121

はい、完成!

DSC_0122

分量ぴったり。

慣れればスケールも使わず目分量と脳内カウントダウンでOK、一人分の抽出も簡単にできます!

ちなみに左がこの前記事にした「アロマフィルター」、今回のが右側のメリタの定番物。

穴の位置が微妙に違うんですけど、わかりますか?同じメリタなのに。

これによって味も違ってくるんです。コーヒーは奥が深い、、。

DSC_0123

他のドリッパーものせてみた。


こちらが「カリタ101」のドリッパーをセットしたところ。

カリタは日本の会社、メリタはドイツの会社です。まぎらわしいですよねー。

基本的に1つ穴はメリタ、3つ穴はカリタ、と覚えれば間違いはないと思います。

ちなみにこの仕組みのドリッパーを最初に発明したのはメリタ。「メリタ・ベンツ」さんという女性です。

DSC_0111

こちらが「ZERO JAPAN」の2つ穴ドリッパー。

これもかっこいい!捨てがたいですが、やはりメリタが一歩先を行っています。

ちなみに岐阜県土岐市のメーカーです。近い!

(参考記事→『ZERO JAPAN』 2つ穴ドリッパーを手に入れました。

DSC_0112

そしてこれが「メリタ(陶器)」。

DSC_0110

よくみるとそんなに大差ないように思えるんですけど、そこはやはり気持ちの問題。

自分の直感を信じてワタシはメリタを推します。

みなさんはどの組み合わせが良いですか??

ワタシの中ではこのごろメリタ株が急上昇中です。

FireKing関連本の中でこれが一番楽しく見れます!

やっぱり基本は大事、きっちり計測しましょう。

by
関連記事