無印良品「計量スプーン」がすごく便利で料理がはかどって仕方がない!

とうとう導入してしまいました。

計量スプーン、いままで使うのをためらっていたのですが、ついに。

やはり本当に自分が気に入ったものを大切に使うことが大切だなーと、あらためて思いました。

そんな素敵な無印の計量スプーンのご紹介です。

スポンサーリンク

無印良品の計量スプーンを導入しました!

料理という料理はそんなにしないんですが、ふとした時にあったらいいなーと思っていた計量スプーン。

たぶん、普通の家庭には常備してあるものだと思うんですけど、わが家には今までなかったんです。

奥様は計量スプーンなんて使わなくて、完全に目分量派。

ワタシはきちっと分量を計りたいので、0.1g単位で使えるHARIOのドリップスケールを愛用しています。
(これはホント便利!!)

導入をためらっていた理由

導入に尻込みしていたのには理由がありまして。

「大さじ1杯」という表記があんまり信用できないんです。

「すり切り1杯」なら、誰がやってもほぼ同じ分量になると思うんですけど。

「山盛り1杯」とかレシピに出てきた時には、「人によって山盛りって違うよなー」と考えすぎてしまって。

基本、レシピというのは誰がやっても完全に同じ味を再現できるものであってほしい、と思っています。

なのでコーヒーのレシピでも、特にお湯を注ぐ量なんかは目盛りで計るのではなく、グラムであらわしたいんですね。

「何秒で何グラムお湯を注ぐ」の方が「何分で2杯分のまできたら注ぐのをやめる」という案内よりはるかにわかりやすい!

なおかつ、たぶん誰がやっても同じようにできるはず。

との思いで、こちらのブログでもレシピ案内をしてきたつもりです。

DSC_0158

そんな中、転機になったのはこちらの記事。

白ごはん.com:「コーン缶で食べ飽きないシンプルごはん」を作ってみました。

こちら、料理研究家の「富田ただすけ」さんのレシピなんですが。


なんと時短で、しかも美味しい「とうもろこしご飯」が簡単に作れる!とあって、これはぜひ作ってみたいと思ったのがきっかけでした。

DSC_0156

時短でできるということは、いかにムダと手間を省くか?という点にスポットが当たるわけで。

当然、「大さじ、小さじ」の苦手な文字が登場!

計りで「みりん5g」とかやってたらなんか違うよなと、さすがのワタシでも思ったため。

これは計量スプーン買うしかないなーとなったわけであります。

無難にはじめは無印良品をセレクト。

それが使ってみて衝撃!

今までなんで使わなかったんだろう、と軽く後悔しました!

おかげさまで、おいしいとうもろこしご飯を作ることができましたよ!

もう、計量スプーンなしの生活には戻れません。

コーヒーだけは別!

しかながら、やはりコーヒーを淹れる時だけは計りできちんと計測したいものです。

コーヒーは、とくにハンドドリップで抽出する場合、様々な要因がからんで味のできばえが変わってきます。

それはもちろん、おいしくできたり、反対においしくできなかったり。

なので、できるだけ一定の環境で、毎回抽出を行えるのが一番理想的。

フレンチプレスやエアロプレスのような器具だと、ある程度の仕上がりは一定にすることができるんですけど。

やっぱりハンドドリップは難しい。

なぜなら淹れる人の感覚が千差万別だから。

男性・女性によっても味が変わるような気がするし、お湯を注ぐ時のお湯の太さでも違いが出るような気がするし。

はたまた淹れる時の気持ち。

たとえば「あー今日はちょっと疲れたなー」と思いながら淹れてる人と、「よし、今日は仕事がうまくいった!」という人とでは、確実にコーヒーの味が違ってくるような気がします。

そういった、毎回一定にキープすることができない(するのが難しい)要素以外、例えばお湯の温度とか、コーヒーの分量とか、お湯を注ぐ時間とか、そのあたりはある程度人間の意思でコントロールできるんです。

なので、その部分だけは確実に守れるよう、ワタシはハリオのドリップスケールを使っているわけです。

時間も重さも同時に計れてめちゃめちゃ便利。

使っていて楽しいし、かつ実用的。(はじめは重さと時間のメモリが同時に動くので慣れないと難しいけど、すぐなれます!あとは温度も計れるということなし!)

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーに関しては最終的に自分がおいしく、楽しく味わえればいいと思うので、各自好きなようにやったらいいと思います!

という、まとまりのない今日のブログはこれでおしまい。

▼無印良品のサイトでアイテムをチェックしてみる

柄の長い計量スプーン・大 約15ml/約5×長さ19.5cm

柄の長い計量スプーン・小 約5ml/約3.5×長さ18cm

これと迷ったこともあります

▼コチラの記事も読まれています

主婦も唸る!無印良品「シリコーン調理スプーン」を買いました!

無印良品「バルブ付き密閉保存容器」を常備菜用に導入しました!

無印良品「ダイヤル式キッチンタイマー」の扱いにようやく慣れてきた!

▼無印良品の記事一覧をチェックする

【保存版】無印良品の記事を検索しやすくカテゴリー分けしました!

関連記事