意外と知らない!ここだけは押さえておきたいメリタの基本情報。

今回は知ってそうで実は知らないメリタの基本情報です!

カリタとよく間違われるメリタ。

実は外国メーカーなんです、知ってました?他にも意外と知らない情報がいくつかあります!

スポンサーリンク

意外と知らない!メリタの基本情報


 1:メリタはドイツの会社

カリタかメリタかよくわからなくなりますが、メリタはドイツのメーカーなんです。カリタは日本です。

しかも創業は1908年、100年企業なんですねー、これが「コーヒーフィルターとペーパーを使用する画期的なペーパードリップシステム」の始まりのようです。

要はハンドドリップの原型を作った会社ということ。カリタの方が早いと思ってたら、実はメリタが元だったんです。

2:ドリッパーがフィルターで、フィルターがペーパー?

カリタ、ハリオなんかだと、フィルターをセットする器具(俗にいうロト)のことをドリッパーといいます。

ハリオなら円錐ドリッパーとか、カリタなら台形ドリッパーとか、一般的にドリッパーという呼び方が市民権を得てますよね。

しかしメリタでは少し違っていて、ドリッパーではなく「フィルター」と呼ぶんです。

フィルターといえば紙製のロシ(濾紙)を思い浮かべそうなんですけど、フィルターは紙ではなく、紙をセットする器具のこと。

じゃあ、ロシのことは何と呼ぶのかというと、「フィルターペーパー」です。わかりにくいですねー!

DSC_0123

これがメリタのフィルター。

左が「アロマフィルター」、右が「陶器フィルター」。これが正式名称です。

以下、比較のために。

カリタ、ハリオはドリッパーです。

そしてメリタはフィルター。

続いてロシ(濾紙)。

カリタ、ハリオはフィルター。

そしてメリタはフィルターペーパーです。

うーん、わかりにくい。

3:コーヒーサーバーも名前がおしゃれ!

コーヒーを入れるガラス製の入れ物もコーヒーには必須ですね。

メリタはこれも一味違います。

例によって、まずはカリタとハリオから。

このように「サーバー」と呼ばれます。

コーヒーをうけるから「サーバー」、なんとなく意味が通じますね。

それがメリタの場合だと、

カフェリーナ。

ストレートポット。

リラクシン。

形もいろいろ、名前もそれぞれ。

覚えるのが大変ですねー!

これからメリタの器具でハンドドリップはじめてみようかなーと思ってる人なら、いちおう押さえといても良いかもしれない情報でした。

いや、別に知らなくてもなんとかなるかも!

関連記事