無印のブレンドコーヒーを「豆から挽けるコーヒーメーカー」風に淹れてみた!

なにかと話題に挙がっている無印の「豆から挽けるコーヒーメーカー」。

コーヒーミルが付いてたりタイマー機能だったりと、これ一台でコーヒーライフも向上しそうですよね。

ですが、やはり価格も上級品!

さすがに手を出すにはアレかなーと思い、代わりに専用コーヒー豆を買ってその味を再現するという、なんとも暇人がやりそうな遊びを試してみました。

スポンサーリンク

Cafe&MealMUJI オリジナルブレンドコーヒー豆とは?

無印らしく、素材にこだわったコーヒーという事で前から気になっていました。

シルバーのパックが良いですね。

見た目も重要です。

無印コーヒーのおいしさ

もちろん味も大事!

「コーヒーはフルーツ」

という考え方のもと、完熟したコーヒー果実のみを使うことを徹底しており、

コーヒーが苦手な方でもそのおいしさを再発見してほしい。

そんな思いが込められているようです。

パッケージは酸素を中に通さない仕様。

開封後はなるべく早く飲みましょう。

豆の原産国は3つ。

グアテマラ・タイ・コロンビアです。

しかもそれぞれトレーサビリティ(生産者・栽培方法)もできるとのこと。

生産国の内訳

グアテマラ(75%)

乾燥技術が世界一ともいわれるサン・ミゲル農園のコーヒー。

農園内で学費無料の学校を運営するなど、地域への貢献もされているようです。

タイ(20%)

コーヒー栽培への転換をすすめる「ドイトゥン・プロジェクト」で栽培されたコーヒー。

コロンビア(5%)

地域の知的障がい者を受け入れる民間施設が運営しているフェダール農園のコーヒー。

それぞれが絶妙な配合でブレンドされているのですね。

豆の量

容量は200g。

偶然にも無印で買った瓶にピッタリ!

ついでにハンドピックも。

こんな感じで焼きムラや割れ・欠けがあるものをピックします。

全体の5%ほどでしょうか?

他にも、

・アラビカ種100%使用

・徹底した品質管理で輸送される

といったこだわりがあります。

「豆から挽けるコーヒーメーカー風」に淹れてみた!

噂のマシンはコーヒーハンターこと川島さん監修という事で、いろんなこだわりが。

その中でも自宅で再現できるのは「湯温」だとおもい、そこだけでも合わせてみることに。

コーヒーメーカーでは「87℃」に設定されているらしく、温度は準備OK。

※参考記事:ハリオ「V60ドリップサーモメーター」を買った!ハンドドリップの温度管理も簡単!

その他の抽出条件は、

・コーヒー:15g(中荒挽き)

・蒸らし時間:30秒

・仕上がり量:300cc

・抽出完了時間:蒸らし開始から3分

と決めました。

で、さっそく抽出!

どちらかというと中浅煎り寄りかな?(カタログ的には中煎り)という印象。

なので湯だまりができやすいです、ちょっとコツがいるかもしれません。

ちなみにフィルターは、コスパ抜群の無印良品製。

ミルはポーレックス使用。

※参考記事:ポーレックス「セラミックコーヒーミル」の分解・組立・使用方法&挽き目のサンプル画像付!

無事に完了!

酸味も感じますがしっかり苦みもあり、豆の状態で想像するよりも奥深い味でした!

いい意味で期待を裏切られたなー。

まとめ

むりやりコーヒーメーカー風にまとめてみましたが、基本さえ守ればだれでもおいしく淹れることができるだろうなー、という感想です。

それはもちろん、このコーヒー自体の品質が良いというのは言わずもがな。

やはりどんな分野でも、素材はできるだけ良いものを選びたいですね。

スポンサーリンク

▼無印良品のサイトでアイテムをチェックしてみる

Cafe&MealMUJI オリジナルブレンドコーヒー豆 200g

豆から挽けるコーヒーメーカー

コーヒーフィルター 50枚入

▼コチラの記事も読まれています

主婦も唸る!無印良品「シリコーン調理スプーン」を買いました!

無印良品「アクリル冷水筒2L」を買いました!ルイボスティー用です。

コーヒーの保存には無印良品「果実酒用ビン(1L)」がおすすめ!

無印良品「すみだ珈琲 世界のコーヒーバッグセット」がギフトにぴったり!

▼無印良品の記事一覧をチェックする

【保存版】無印良品の記事を検索しやすくカテゴリー分けしました!

関連記事