HARIO/V60ドリップケトル・エアーを導入しました

新商品というわけではありませんが、ハリオのドリップケトルエアーをずいぶん前に導入しておりましたので今回はそのご紹介。

特徴は何といってもその軽さと言ってもいいでしょう。ありそうでなかなか見かけない「これ、本当にコーヒー器具なのかな?」と一瞬疑ってしまうほど特徴的なそのフォルムは、置くだけでキッチンの表情を少し変えてくれる、そんなアイテムなのかなと思っております。

スポンサーリンク

 HARIO/V60ドリップケトル・エアーを導入しました

たしか去年ぐらいに新商品として登場したこのケトル。発売されてからすぐ購入し、時々思い出したように引っ張り出してきては愛用しています。

コーヒーケトルとしての性能は申し分なく、目盛りも付いているので初心者の人でも湯量の目安がわかりやすく、なおかつ注ぎやすい細口(過ぎない)タイプで初心者の方にもお勧めできるのかな〜と思います。

デメリットとしては「プラスチックなのでお湯が冷めやすい、素材感的になんとなく安っぽく感じる」といったところでしょうか。

お湯が冷めやすいという点に関してはステンレスのケトルでもどんどん下がってしまうので、軽さや使いやすさを優先すると、個人的にはそこまで気にならないのかなぁと思います。

それから人によっては安っぽく感じてしまうかも、、。 ただ、濃いめのグレーで半透明になっており中のお湯が見えて使いやすい、というメリットがそのチープ感を補っているのかな、と思います。

それにこの真横から見たフォルムは今にも羽ばたきそうな野鳥のようにも見えて、個人的には大好きです。

無理やり感がありますが個人的にはそれらのデメリットはそこまで気にならないですね。

コーヒー以外にも使える

ちなみにこのケトルには外から見えるメモリが付いているので、わが家ではコーヒー以外にも活用しています。

特に料理。計量カップ代わりに活躍してくれております。 普通の計量カップでも水の量は測ることができるのですが、あれって中身を別の容器に注ぐ時、どうしても注ぐ位置が高くなってしまうのでびちゃびちゃと飛び散ったりすることもありますよね。

その点、ドリップケトル・エアーだと注ぎたい所(注ぐ対象?)の高さギリギリまで口を近づけることができるので、水滴が飛び散ったりすることがほとんどありません。

それにかなり軽量なので、お玉やフライ返しなどと一緒にキッチンの壁にかけておくこともできます。

スポンサーリンク

そんな感じでわが家にやって来たV60ドリップケトル・エアー。

活躍の場は意外と広かったので、購入してよかったなぁと思っています。それに値段も驚くほど!リーズナブルなので一家に1台あってもいいんじゃないかなぁ。

欲を言えば、このケトルの形状そのままでガラスバージョンが出たらとても美しいだろうなぁと思います。ただ、かなり高価になると想像できますし、割ってしまうリスクを考えると導入は慎重になると思うけど、おそらくハマる人にはハマる逸品になるはず。

※関連記事:V60 フラットドリッパー Zebrang/HARIOのアウトドア用コーヒー器具を導入しました

※関連記事:ハリオ「V60ドリップサーモメーター」を買った!ハンドドリップの温度管理も簡単!

※関連記事:HARIOのV60 1回抽出ドリッパーMUGENを導入しました

※関連記事:コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介[ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.]

by
関連記事