水出しコーヒーで簡単!ミントフレーバーラテの作り方!

今年からベランダでハーブの栽培を始めたんですけど、気づいたらミントが大量に繁殖してしまって。

これはどうしたもんかなーと思い、せっかくなのでミントラテを作ってみました!

ミント味のコーヒーは今まで飲んだことがなくて、でもコーヒーシロップとかでもミントフレーバーがあるし、興味はあったのでさっそくやってみました。

これが意外と美味しくて、好きな人にはたまらない味かもしれません!

スポンサーリンク

ミントフレーバーコーヒーを作る!

まずはミントフレーバーコーヒーを作ります。

今回は簡単に作ろうと思いますので、水出しコーヒーを使用。

用意したのは「無印良品の水出しコーヒー」。

(関連記事:無印良品の「水出し」アイスコーヒーを飲んでみたら意外と美味しかったので、作り方をまとめてみました。

あらかじめ袋詰されてるコーヒーをサーバーにいれて、そこに水を500ccいれます。

それっぽいサーバーがなくても、600ccくらいの容量がある入れ物なら、ボウルでもコップでも何でもOKですよ。

そしてそこに、少し大きめのミントの葉っぱ(3cmくらいの大きさ)をそのまま入れます。

DSC_7401

あ、一応ミントは水洗いしたほうが良いです。

あとはラップをして12時間そのまま放置するだけ。

常温でそのまま放置してもいいですし、冷蔵庫に入れてあげてもどちらでも良いですよ。

ちなみに常温、冷蔵どちらがいいのかー?と聞かれることがあるんですけど、ここはざっくり。

常温の方がコーヒーの成分は抽出されやすく、冷蔵だと抽出されにくくなる傾向にあります。

なので、冷蔵で抽出される場合は少し長めに時間をおいたほうが良いです。

さらに、コーヒーは抽出温度が低いほど雑味が出にくいっていう傾向があるので、そのへんも違いになるのかなーと。

(関連記事:水出しアイスコーヒーを常温&冷蔵抽出で飲み比べてみる実験!

写真付き!ミントラテの作り方!

ここからが本番、ミルクを使ってミントラテに仕上げます。

以下、そのレシピです。

必要な材料

DSC_7407

・水出しアイスコーヒー(ミントフレーバー):約50cc

・冷たい牛乳:約100cc

・氷:30gくらい

・飾り用のミント:少々

今回使ったコップはボルミオリロッコ社の「ボデガ」。

一番小さいサイズで200cc入ります。

形がよくて価格もかなりお手頃、わが家の定番グラスです。

作り方

1:氷を入れたグラスにミルクを注ぎます。

DSC_7417

2:そこへアイスコーヒーを注ぎます。

DSC_7421

氷に直接当てるように注ぐと、ミルクとコーヒーが綺麗に2層になりますよ。

だれでも簡単にできると思います。

DSC_7425

3:仕上げにミントを添えて完成!

DSC_7427

ミントがほんのり香って、喉からお腹の中までスーっと突き抜けます。

湿気が多い名古屋の夏でもごくごく飲めてしまいそうな、すっきりコーヒーです。

個人的にはガムシロ入れて飲むのがお勧めですよ!

まとめ

簡単に真似できますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

あ、ちなみに残った水出しコーヒーは冷蔵庫保管で2日間くらいは日持ちします。

ミントは12時間たったら取り出してあげたほうが良いです!

▼初心者向けのおすすめ器具はこちらをチェック!

コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介!(ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.)

スポンサーリンク

▼こちらの記事も良く読まれています

水出しアイスコーヒーを1番おいしく飲めるミネラルウォーターはどれだ??(個人の主観編!)

余ったコーヒーで簡単に「水出しコーヒーパック」を作る方法。

イタリア風アイスコーヒー「カフェ・シェケラート(風)」を作ってみる実験!

▼実は自宅でもコーヒーを焙煎できるんです!

【2017年版】ユニオン・サンプルロースターでコーヒーを自家焙煎する手順

Amazonでコーヒー生豆が買える通販ショップ10選!自家焙煎の強い味方。

コーヒーの自家焙煎に挑戦!手作り焙煎器の材料を100均で揃える!

▼コーヒーミルって大事ですよね

初心者にこそコーヒーミルを使って欲しい3つの理由!

【画像・動画付】ポーレックス『セラミックコーヒーミル(ミニ)』の分解・組立・使用方法!

by
関連記事