夏にオススメ!オレンジのフレーバーアイスコーヒーを作ってみる!

夏になると紅茶好きの奥様が、オレンジフレーバーの紅茶をアールグレイティーと混ぜて飲んでいるんですけど、それ見ながらコーヒーでもいけるんじゃないかなーと思っていて。やってみようと思いつつ1年経過してしまいました。

というわけで、今回は実験的に「オレンジフレーバーコーヒー」を作ってみました!

スポンサーリンク

「フレーバーコーヒー」とは?


そもそもフレーバーコーヒーってどんなものなんでしょう?

一般的によく知られているフレーバーコーヒーといえばご存知、ハワイの「ライオンコーヒー」。

よく見かけるあのかわいいライオンパッケージですね。

その名のとおり、コーヒーに香料なんかで香り付けをしたコーヒーで、当然香りはとっても良いです。

コーヒーっていうよりはお菓子っぽい香りがしてコーヒーじゃないみたい。

そんななので、「あんなのコーヒーじゃない」っていう見方の人ももちろんいると思うんですけど、まあそれはそれで趣向品なので人それぞれかと。

ちなみにワタシは無糖のフレーバーコーヒーはちょっと苦手です。

紅茶のフレーバーもそうなんですけど、飲む前の香りは甘くておいしそうだなーと思うんですけど、実際飲んだら味がない!って時の落差が強烈に印象に残っていて。

なので少し甘味を加えたり、ミルクで割って飲むのは結構好きです。

 

 オレンジのフレーバーコーヒーを作ってみる!


というわけで、さっそく「KITCHEN HERO(キッチンヒーロー)」という、新しく長久手市にできたおしゃれな八百屋さんでオレンジを購入してきました。

使うものは、普通の大きさのオレンジ1個の4分の1くらいです。

DSC_6861

DSC_6863

だいたいこれくらいの大きさの輪切りにします。

厚みはお好みでどうぞ。個人的にはもう少し薄くスライスしたほうが好きです。

見た目の問題です。

DSC_6864

輪切りにしたオレンジの断面に、砂糖をまんべんなくまぶしてあげます。

砂糖の量はお好みでどうぞ。

砂糖をふりかけたら、ラップをして1時間くらい放置します。

DSC_6865

1時間たったらガラスのサーバーに氷を8分目くらいまで入れて、スライスしたオレンジも一緒にいれます。

できればプラスチックを使っていないガラスサーバーが良いです。

なぜなら見た目が良いから。特に夏場だと見た目だけで涼しく感じて、それだけで美味しそうに見えますよ!

DSC_6870

今回はドリップ急冷式でアイスコーヒーを作ります。

レシピは、

お湯:270cc

コーヒー豆(中挽き):30g

を使用。

コーヒー10gに対してお湯90ccの割合で考えてますので、量はお好みでどうぞー。

今回は最近出番の多い、「ZERO JAPANの2つ穴ドリッパー」を使用。

※ハリオのドリップスケールは必須!!

(blog→『ZERO JAPAN』 2つ穴ドリッパーを手に入れました。

コーヒーはどちらかというと、浅煎りのものがオススメ。

DSC_6872

DSC_6874

DSC_6876

DSC_6877

DSC_6882

DSC_6888

DSC_6889

こんな感じで完成です。

今回は砂糖の量は少なめです。

はじめにオレンジにまぶした分しか使ってませんが、これだとほんとにオレンジのフレーバーがするだけって感じなので、もう少し甘味が欲しい人は、ガムシロップをたくさん入れてあげるとおいしいです。

ワタシはコーヒーを抽出する前に、氷とオレンジを入れるタイミングでガムシロも一緒にサーバーに多めにいれます。

その方が甘くて断然おいしい!

DSC_6893

ガムシロが入ってるところにコーヒーを抽出してあげると、ガムシロ特有のモワーっとした感じでコーヒーと氷とオレンジが混ざり合う様子が見えて、見た目にも10倍くらい美味しそうに見えてきます。

1.5Lくらいのピッチャーにたくさん作ってあげると、それだけでさらに見た目が良くなります。

オレンジのシロップ漬けを作っておいて、はじめからそれを使うっていうのもありですよ。

子供用にはミルクで割ってあげれば「フルーツ牛乳」みたいになって美味しいです!

気になる方は一度試してみてはいかがでしょうかー??

今回使用したコーヒー器具はこちら。ドリップ式だと最近この組み合わせがほとんどです。

by
関連記事