これだけあれあば大丈夫。SIMPLIFY the Brewerを導入しました!【レビュー】

前から気になっていた「SIMPLIFY the Brewer」を導入してみたところ、これがなかなか心地よい!

ということでまだ記事冒頭ですが、手軽にコーヒーを淹れたい人には全力でおすすめしたいと思います。

一体コーヒードリッパー何個持ってるんだ??と言われそうですが、カメラと同じで少しでもスペックが違うものは使ってみたくなるんですよね〜。あまりハマりたくはないけれど、そこには沼があるのです。

スポンサーリンク

SIMPLIFY the Brewerを導入しました!

見た目はカリタの急冷式ドリッパーのような円筒状。一見すると安っぽいプラスチックドリッパーに見えがちですが、ぜひ一度手にとってみてください。

まるでSIGMAのIシリーズレンズのように、シンプルながらもギュッと中身が詰まった品のある程よい重量感が、扱う楽しさを増幅させてくれるようです。

計算され尽くした機能美で必要最小限の加工しか施されていない筐体は、10個くらいスタックして(可能なら×3列くらい)並べておきたくなる美しさ。もちろん単体でも問題なくキッチンを彩ってくれることでしょう。見た目から入ることは決して悪いことじゃないと思ってます。

以下、公式サイトより。

抽出を見る楽しさと機能性、そして美しさ。たどり着いたのは透明なプラスチックでした。ドリッパーに使われるどんな素材よりも熱を逃がしにくく、抽出に安定をもたらしてくれるプラスチック。その中でも疲労や衝撃に強く、極めて透明度の高いTROGAMID® CXによって、SIMPLIFY the Brewerは機能性だけでなく楽しさや美しさまで手に入れたのです。

https://simplify.coffee/ja

SIMPLIFY the Brewerの使い方

レシピは公式サイトに動画付きで掲載されてるのでここでは詳細を省きますが、基本はコーヒー15gに対して230ccのお湯を使います。ちなみに蒸らし、攪拌は不要。30秒かけて230ccのお湯を注ぎ、あとは落ち切るのを待つだけです!

コーヒーは「極細挽き」と指定されており、たぶんココが1番つまづくポイントなのかな〜と思います。なぜならワタシも複数のメッシュを用意して、ようやくわが家のレシピを完成させることに成功さたからです(コーヒー業界でスタンダードな粒度分布を示してほしい!!)。

目安が分かりにくくて申し訳ないのですが、今回はわが家のスタンダードミルである「タイムモアナノ」でお示しします。試した感じ、1番締めた段階から17クリック緩めた粗さがちょうど良い極細挽きとなります(メーカー非公認)。

※関連記事:至高のコーヒーギア / TIMEMORE コーヒーグラインダー NANOの性能評価

ただ味の好みにもよると思うので、実際使ってアレコレ試してみるのも実験みたいで楽しいんじゃないかな〜と。なんでもかんでも最初から正解が用意されてるんじゃつまらないですからね!

使用するフィルターはカリタウェーブ用の185サイズ(大きい方)。最近は店頭でも見かけることが多くなってきましたし、なんならアマゾンでまとめ買いする手もあるのでそんなに不自由しなさそうです。

ドリッパーに込められた思想が好き

その手軽さやみため、そして機能性に惚れ込んだというのもありますが、やはり導入の決め手になったのはその設計思想によるところが大きいです。それが、

「蒸らしは必要ですか?」

小難しいことはとりあえず置いといて、注ぐだけでだれでもある程度のコーヒークオリティを担保してくれる。これって「おうちコーヒー」の裾野を広げる上でとても大事だと思うんですよね。

それに業務用としても全然使えるんじゃないでしょうか??高価な全自動ハンドドリップマシンを導入することはできないけど、一杯ずつオーダーごとに淹れて提供したい、そんなショップの強い味方になりそうな気がするのですが、いかがでしょうか?

ちなみにSIMPLIFYシリーズは「BATHTUB COFFEE」というコーヒー関連器具を輸入販売をおこなっている会社が作ってます。「法的に問題のない・他社で扱っていない商品を・できるだけメーカー価格に合わせた販売価格で」をポリシーに、食品衛生法に基づき安全性に問題がないと判断された正規輸入品のみを販売してるみたい。

今後もシリーズに新しい商品が追加されることを期待してます。

SIMPLIFY the Brewerを購入するには

今のところネックといえば入手方法くらいでしょうか?

いや、正確に言うと送料払えば公式サイトやおしゃれコーヒーショップのECサイトで購入できるのですが、送料払いたくない人もいますよね?もちろん実物をみてからじゃないと買いたくない人も。

今のところ名古屋近辺で取り扱いのある店舗はノートイトウコーヒー。もちろん公式情報ではありませんので気になる方はお店に問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ:SIMPLIFY the Brewerは本当におすすめ!

こんな感じで最近はこればっかり使ってます。

単純にコーヒーを淹れるにしても目的(目指したい味)によって器具を変えるのもいいですし、気分で使い分けるのも立派に趣味としてのコーヒーライフを盛り上げてくれますよね。

楽しみ方に正解はないと思います。お求めは公式サイトでどうぞ→SIMPLIFY by BATHTAB COFFEE

ちなみにフィルターはこのサイズです↓

個人的にはハリオのMUGENといい勝負なのかな?と思いますがどうでしょう??

※関連記事:HARIOのV60 1回抽出ドリッパーMUGENを導入しました

元祖(?)、家庭でも使えるウェーブ系ドリッパー↓

※関連記事:1人前のコーヒー抽出にはカリタ「ウェーブドリッパー」が最強説

2017年版で止まってるから、そろそろ最新版の淹れ方も更新しなければ、、

[2017年版]カリタ・ウェーブドリッパーでコーヒーを淹れる方法/1人分

この記事も最新版を書きたい!

※関連記事:コーヒー初心者に読んで欲しい!おすすめ器具のご紹介[ドリッパー・ドリップケトル・ミル・サーバーetc.]

お探しの記事はありませんか?
by
関連記事