無印良品のスーツケース「ストッパー付きハードキャリー」の改良版が登場!

無印良品のストッパー付きハードキャリー(スーツケース)をサイズ違いで2つ愛用しています。

旅に行くときはもちろん、帰省やちょっとした遠出にも使えてとっても便利。

少し前に価格も見直しが入って、ワタシが買った時よりも安くなってるし!

しかもリニューアルもしてて、断然使いやすくなってるみたい!

なんだかちょっと悔しいので、わが家の旧商品と最新版(2017年7月現在)を比較してみようと思います!

スポンサーリンク

まずは旧型をチェック!

こちらが愛用の2つ。

赤い方が先々代、黒いのが先代のモデルです(たぶん)。

おそらく赤は現行にはないはずなので、買っといてよかったなー。

黒はもちろん今も売ってますよ!

TSAロック付きで、海外旅行にも安心ですね。

先代のロックは現行品と同じデザインですね。

開けやすくなっています。

コチラはロック機能付き(ダイヤル式)。

当時はロック付きか無しかで選べたんですけど(ロック付きの方が高かった!)、今は基本的機能としてついてるみたいですね!うらやましい。

黒い方も同じく。

車輪は「日乃本錠前」製(←ここのWEBサイト、なかなかマニアックでおもしろいです)。

黒い方を開けてみます。

容量はたしか33L。

ポケットやファスナーは現行品とほぼ変わらないです。

メインの収納部。

反対側はキャリーバーの関係で凸凹しています。

スーツケースの宿命なので、こればっかりは仕方ありませんね、、。

スーツケースで気になるのがどのくらいモノが入るのか?ですよね。

今回は分かりやすく、奥様の「NARUTO(全57巻)」を入れてみました!

こんな感じでピッタリ!

意外と入るのか?イメージできますでしょうか?

大きさ的にはこんな感じ。モデル身長167cmくらい。

赤は空港で荷物預けても、受け取りの時に目立つので助かりますし、黒い方は小さいので機内持ち込みOKサイズ。

新しいキャリーで改良されてる点!

そしてココからが現行品の改良点。

1:プッシュ式の手元ストッパー

坂道でも安心な、タイヤのストッパー機能がついてるんですけど、そのON・OFFがスイッチ式に変更。なにげにありがたいです。

旧型よりも少し上の方についてるので、あまりしゃがまなくても操作できますね。

▼こんな状況でも安心です。

2:キャスターが静音&なめらかに!

静かでなめらかに転がる双輪キャスターに変更!

実際お店で転がしてみたら、たしかに全然ちがう!

安定感もあって、方向転換もらくになりますよ。

それに丈夫そう。スーツケースって、キャスターの消耗が寿命みたいなものなので、ココは妥協できません。

3:形はそのまま、容量が大きくなった!

各サイズ、2Lずつ容量が増えました!

地味にありがたいですよね。

2Lのペットボトル分と考えると、決して小さくはない変化です。

ちなみにワタシが持ってる旧型は33Lと60L。

上手に収納すれば、Tシャツ5枚は多く入りそうですね。

あ、あと19Lサイズが新たに追加。35Lと同様、飛行機の機内持ち込み可能なので便利。

4:持ち手の高さを1cm刻みで調整できる!

これは旧商品もほぼ同じ感じで調整できますが、良いです。

かゆいところに手が届く感じで、体の大きさにかかわらずちょうど良い位置にハンドルを固定できます。

スーツケースを後ろ側においてダラダラ引っ張って歩くときはハンドルを長めに、体の真横においてサクサク歩きたいときは短めに、そんな切り替えもできますよ。

まとめ

値段も旧商品より2割ほど安くなっているし、なのに機能は強化されてる。

もう買わない理由が見当たりませんね!

こんな記事を書いてるせいか、次第にやりきれなくなってきたのでこの辺で失礼します!

ただ、赤は廃番なので買ってて良かった!

スポンサーリンク

▼無印良品のサイトでチェックしてみる

・「ストッパー付きハードキャリー」の紹介ページはコチラ

・「MUJI to GO」には旅に使える商品が揃ってます

▼コチラの記事も読まれています

無印良品「フィットするネッククッション」の素晴らしさを思い知った!

コーヒーの保存には無印良品「果実酒用ビン(1L)」がおすすめ!

無印良品「リビングでもダイニングでも使えるシリーズ」の使い心地!(2年使ってみての感想)

▼無印良品の記事一覧をチェックする

【保存版】無印良品の記事を検索しやすくカテゴリー分けしました!

LOHACOなら無印の買い物でTポイントもらえる!
たまにポイント10倍やってたり、1,900円以上で送料無料だったり、なにげにお得
by
関連記事