高知県の南国製菓に感謝!あの「ムギムギ」がいつの間にか復活していた!

2013年の6月に販売終了となっていた「ムギムギ」。

この前なんとなくスーパーのお菓子コーナーをのぞいてたら発見しました!

いつの間に復活していたんだろう? なにはともあれ再びムギムギ生活に戻れて嬉しい限りでございます。

スポンサーリンク

ムギムギ復活!

このパッケージ、一度は目にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

ワタシはこのお菓子が大好きで、子供の時に「おやつ何がいい?」と聞かれると必ずピザポテトかムギムギと答えていました。

数年前に「販売終了らしい!」という噂をきいてたんですけどほんとになくなって、ショックでした。

DSC_0024

で、数日前に近所のスーパーに買い物に行った時に見覚えあるパッケージを発見! というか奥様が見つけて教えてくれた!

いやー嬉しいですねー!もちろんカゴへ投入!

パッケージを見てみます!

味はパッケージに記載があるように、ミルクコーヒー味です。 そしてサクサク食感がたまらない!

DSC_0026

食べ方はご覧のとおり! そのままだとちょっと粉っぽさが残るので、お好みでどうぞ。 おすすめはもちろん牛乳割り! 食べ方は後ほど。

DSC_0027

そしてここからが重要。 製造者 株式会社「南国製菓」 そうなんです、これが今回の立役者!

よくぞムギムギを復活させてくれました!ありがとう。

どこの会社なんだろうと思い調べてみるとなんと高知県!あのカネマンさんも高知県!なんだかつながりを感じますねー。

もともとは愛知県の会社が製造してたみたいなんですけど、いろいろあっての現状らしいです。

DSC_0029

ちょっとHPでも覗いてみようと思ったらそれらしきものが見つからず。

そしたら「水車亭(みずぐるまや)」という芋けんぴとかで有名な直売所を運営しているとの情報をゲット! さっそく覗いてみましたー、気になる方はチェックしてみてください!→「水車亭HP

個人的には「いもくりタルトプレーン」が気になります。

それではいただきます!

もちろん牛乳割り!

DSC_0030

冷たいミルクを用意して、

DSC_0031

ささーっと、一気に注がず一粒一粒にミルクを染み渡らせるように。

DSC_0033

そう、ワタシはふにゃふにゃ派です!

DSC_0034 (2)

蒸らし時間は1分30秒! カウントダウンしながらスプーンでもかき混ぜながら、よーく染み込ませて、

DSC_0037

なんとなく断面から!

DSC_0035

はい、完成!

DSC_0034

シナシナぐあいが最高! もちろんムギムギエキスが牛乳にも染み込んでいますよ。

DSC_0040 (2)

と、ここまでかなり興奮しながらブログを書いているのですが、この思いが多くの人に届きますように。

なんと!アマゾンでも売ってた!さすが2016年、いまやネットでムギムギを買う時代です。

スポンサーリンク

▼こちらの記事も良く読まれています

㈱三真の「ラッキーマヨネーズ(おかき)」がおいしい!

井村屋「煮小豆ようかん」が食べやすくておいしい!釣り人・ランナー向けですね。

名古屋じゃ買えない!竹下製菓の「ブラックモンブラン」を知っていますか?

▼関連するアイテム

by
関連記事