狭い部屋でも諦めない!Disneyのミニクリスマスツリー&タペストリーを導入しました

小さなお子様をお持ちのご家庭で、この時期に気になってくるのがクリスマスツリーをどうするか問題だと思います。

ワタシ自身、実家にいた頃はクリスマスツリーが家にあったという記憶が全くなくって、大人になってからも自宅にツリーを飾るなんてことはおそらく一生縁のないことなんだろうなーと思っていました。

しかし娘が誕生してからというもの、なんとなく季節感というかイベントごとの演出というのも少なからず大事になってくるのかなぁ?と奥様と相談をしまして。

そこでわが家なりに考えて、狭い部屋でも置きたくなる(かもしれない)クリスマスツリー(ミニ)とタペストリーを導入しました!

スポンサーリンク

そもそもクリスマスツリーって大きい必要ある?問題

クリスマスツリーをホームセンターなどで物色しましたがどれも大きいものばかりで、とてもわが家に置く気になれないという印象でした。

それならいっそのこと雑貨屋さんで売っているような小さなオーナメント的ツリーでもいいんじゃないの??と思いまして、そちらの方向にシフトをして探していたところ、奥様がネットでなかなか気になるものを見つけてきました。

それがディズニー仕様の小さなクリスマスツリーだったんです。

高さは約30cm、幅・奥行それぞれ15cmほどで場所も取りませんし、見た目もありがちな緑のもみの木風にキラキラした飾りが付いている、というものではありません。

全体的に白を基調としていて飾りも最小限。

わが家の白い壁(飾る場所)には少し同化してしまい目立たないかなと思いましたが、逆にそのくらいの方が圧迫感もなくて心地よいということに気がつきました。

実はこのツリー、定価よりだいぶお得に購入することができました。 間違っていたら申し訳ないのですが、恐らく元はディズニーのパーク内で売られていたもので、それが型落ちとなりネットで販売されていたものをワタシたちが見つけた、という経緯なのです。

たしか2017年モデルのものを2018年に購入しましたので1年型落ちということですが、クリスマスツリーに明確なトレンドがあるということでもないと思いますし、逆に見た目というよりかはその小ささが購入の決め手となりました。もちろん長く使えるデザインである!ということも付け加えてきますね。

それに、コンパクトということでシーズン以外の収納場所にも困りません。ただ注意しておきたいのは購入時の箱は取っておいた方がいいですよ!という点。そのほうが片付ける時に枝が折れたりオーナメントが無くなってるという心配をしなくても済むのかなあと思います。

「もうちょっと大きいツリーが欲しい」と娘が言ったので、、

娘が小さい時はその小さなツリーで済んでいたのですが「もうちょっとだけ大きいツリーが欲しいね」と彼女がちらっと口にしまして、、。

何かいい方法はないのかな〜、大きなツリーは大人的に導入したくないしな〜、と、これまた奥様とあれこれ検索して調べたところ、タペストリーが良いんじゃないか??という話になり試しで導入してみたところ、これが娘の反応がなかなか良かったのです!

大きさ的にはなかなか場所をとるものですが(1.5m×1mほど)、壁に貼り付ける(画鋲)だけなので圧迫感はありませんし、前に横たわって片目をつぶってボやーっと見上げてみるとなんとなく立体感があるように写り、まるでそこに本物のツリーがあるんじゃないのかなと錯覚するほどです(個人の感想です)。

こちらもシーズン以外は小さく折りたたんで収納できますので、物を増やしたくないと思っている方にはぴったりなんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

「モノを増やしたくない」「部屋が狭いから大きいものは嫌だ」でも「イベント感を演出したい、」とお考えのご家庭においては、こういったコンパクトタイプのツリーがおすすめなのかなあと思います。

カメラや写真に関してもそうなんですけど、「どのカメラを使うか」よりも「そのカメラを使って何を撮りたいのか」という事の方が大事だと思います。

隠れミッキーもいる

クリスマスツリーに関してもワタシたち夫婦の第一目的は「娘が喜んでくれる」という事なので、この小さくてコンパクトなアイテムたちは十分それを満たしてくれています。

全く同じものは手に入りにくいと思いますが、こんなのとかもあるみたい。

Disneyに拘らなければ選択肢も広がりそう。

タペストリーもかなりお値打ちに手に入るみたいですね〜、わが家は確かDisneyの通販で買ってたような気がするけど、夫的にはこのへんのモノで十分だなぁと思います。

※関連記事:【0歳~1歳半】実際に買った(利用した)子育て関連アイテム・サービス一挙まとめ

※関連記事:子育てハック/コーヒー活用簡単編

※関連記事:3才児を連れてのディズニー旅で気づいた事まとめ(父親目線)

by
関連記事