ミヨシ「暮らしの重曹せっけん泡スプレー」でサカナ焼きグリルがピカピカに!

ワタシ、3度の飯より掃除が好きです。

やればやるほど奥が深くてすっかりはまっています。

基本的に毎朝「トイレ・玄関・洗面所の鏡」をぴかぴかにするんですが(今年でちょうど10年経ってた!)、いわゆる掃除用スプレーを使っていました。マジックリンとかですね。

そんなワタシの掃除事情なのですが、このごろ「重曹」に興味が出てきてしました。

でもいきなり重曹の粉を買って溶液を作って、っていうのはハードルが高いかなーと思い。とりあえず既製品を探していたら気になるパッケージを見つけたので、何の予備知識もないまま買ってみました!

 

ミヨシ「暮らしの重曹せっけん泡スプレー」を買った!


近所のドラッグストアで見つけたのがこちら。

ミヨシ製。

重曹せっけんってどんなのがいいか全然わからず、とりあえず見た目で決めようと思って探してたら見つけました!

今回はキッチンの油汚れを想定してたので、長くその場に留まるスプレータイプにしてみましたよ。

それではその姿をどうぞお楽しみください。

まずは正面から。

淡い緑が好みです。

dsc_0125

暮らしの安心クリーナー

dsc_0127

細かな配慮、目盛り付きです。

用途は不明ですが、詰替の際の目印?と勝手に推測。

dsc_0128

すっきり、ユーカリの香り。

dsc_0132

そしてスプレーヘッド真正面。

びっくりさせたらごめんなさい。

dsc_0129

かわって真上から。

dsc_0130

安心のストッパー付き。

でもこの機能あんまり使わない(うちだけ?)!

dsc_0131

以上、スプレーの全体像でした。

 

重曹でサカナ焼きグリルをピカピカに!


今住んでるところは賃貸です。

キッチンはビルトインコンロ(もともと付いてるタイプ)。そのサカナ用グリルが最初からけっこう汚れてました!

わが家は週に1回以上はサカナを焼いて食べるんですけど、これまでは汚れが気になりながらも気にしないふり。

でももう限界!ということで重曹に目をつけたわけです!

気になる汚れ具合はこんな感じ(お食事中の方ごめんなさい!)。

どうやっても落ちない汚れ。

dsc_0123

もう手がつけられません。

dsc_0122

はしっこの部分とか、お手上げ。

dsc_0124

そこへ重曹スプレーが登場!

dsc_0133

シュッシュっ。

dsc_0134

20分くらいそのまま放置。

期待して待ちます!

 

肝心の結果は?


約20分後、スポンジで水洗いした結果、、、

こんな感じです!

まずはこちらの部分。

柔らかいスポンジでささっとこすってこの結果です。

もう少し強くこすれば簡単に綺麗になります!

dsc_0137

拡大したのがこちら。

いかがでしょうか?

dsc_0139

そして汚れがひどかったこの部分。

あらためてビフォー。

dsc_0122

アフター。

気持ちいい!!

dsc_0136

こちらはしつこい汚れだったので、スポンジでごしごしと摩擦を加えました。

それでこの結果。

大満足です。

 

本番はここから!


実はここまでがウォーミングアップ。

本番はこちらです。

トレイの内側(さっきまでは裏側だった)。

ちょうど中央あたりの凹んだ部分。

dsc_0142

これです、この隙間にこびりついた茶色いやつ!

いままで研磨剤とかで磨いたけどぜんぜん歯が立ちませんでした。

dsc_0141

重曹に期待をこめて、今回はラップを被せて強力バージョン!

dsc_0002

さらに!

ゴシゴシ擦れるようにキクロン(新品!)を用意して30分待ちます。

dsc_0006

2個入りがお得なときにまとめ買いしてます。

 

結果は??


dsc_0005

もう言葉になりません。

写真がすべてです。

dsc_0004

 

重曹を使うときの注意点


・弱アルカリ性なので繰り返し使うと肌荒れする可能性があり、ゴム手袋を使うといいです

・アルミに使うと黒ずむ恐れあり

・漆器、大理石、クリスタル製品などに使うと塗装が剥がれる恐れあり

用法・容量を守って使えば掃除が楽しくなる重曹せっけん、値段もお手頃で詰替用もあるのでしばらくお世話になりそうです。

慣れてきたら重曹の粉を使って、自分でアレンジしてみようと思います。

ちなみにワタシが掃除を始めるきっかけになったのがこちらの本。
本で書かれてるような効果がぼちぼち出はじめたような。いや、でも見返りを求めて掃除してるようじゃまだまだということですねー。

by
関連記事