Klean Kanteen/インスレートタンブラー16ozを牛乳系ドリンク専用として導入

そういえば以前「水筒×牛乳=臭いがとれない」問題にようやく終止符が!という記事を書いたのですが、要はプラスチックのカップを使えばいいんじゃない?という元も子もない内容でして、、。

で、実際プラカップを買い足すのを意外と忘れてしまい、欠品が高い頻度で発生。

肝心の遠出する日の朝に気づいて「どうしよう、、」みたいな状況がちらほら出てきたので、ここで一念発起。

水筒の牛乳臭が気になるなら、いっそ牛乳系ドリンク専用の水筒を買えばいいんだ!ということでクリーンカンティーンのタンブラーを導入しました。

これがなかなか良い感じで、見た目も奥様が気に入ってくれて大満足の様子。

そんな水筒のご紹介です。

スポンサーリンク

購入した理由

クリーンカンティーンのインスレートタンブラーを買った

購入した理由は先に書きましたが、結局牛乳臭を完全に防げる水筒はたぶん存在しないので、じゃあ牛乳系ドリンク専用アイテムを導入するしかない、というのが動機です。

外出時は基本ワタシはお茶、奥様はカフェラテやミルクティーを淹れて持参します。

ワタシはお茶だけなので1つの水筒だけで別に良いのですが、牛乳系を入れたあとの水筒に麦茶とかを入れると例のにおいがして辛いですよね、、。

それが解決されたというお話です。

みため

バックプリント

サーモスとか日本メーカーの水筒も良いんですけど、やっぱりクリーンカンティーンの見た目は1歩先を行ってる感じがして好み。

ザラっとマットな質感も手によくなじみます。

インスレートのロゴ

タンブラー内部の様子

ちなみに黒を選んだ理由は「他のカラーよりも安かった」から。

まあ、他のカラー含めても黒が一番良かったというのもあったんですが、お値打ちに買えて大満足。

ただ注文後にその理由が明らかになったのです。

そう、実はアメリカから発送されるみたいで、納期が3週間くらいかかるよ!との事。まあ、そこまで焦ってないし、安いからしょうがないか~と妥協できるレベルかな、と。実際は10日ほどで到着したのでした。

急ぐ方は国内出荷のモノを選んだ方が良いかもしれません。

オリジナルのフタ

フタは完全密閉できない、飲み口が空いてるパターン。

見た目は好きなんですけど「ストローを使いたい」のと「持ち運びの時にできるだけこぼしたくない」のもあって購入をためらっていたところ、、

なんと別売りでナイスなパーツを発見!

別売りのストローセット

別売りのストローセット

それがフタとステンレスストローのセット。

別売りのフタ

中央部分にストローがさせるようになっており、オリジナルのフタよりは中身がこぼれなさそう。

別売りのストローを装着

ちなみにストロー装着時はこんな見ため。

先端部はゴム製。その口当たりに最初は戸惑いますが、慣れれば気にならないと思いますよ。

掃除用のブラシもある

ついでにストロー内部を掃除するブラシもついてます。

けっこう毛質です(超硬い)。

スポンサーリンク

まとめ:結局みため

という選択理由でしたが、やはりそこも大事だと思います。

あ、そいえばサイズを書いてなかったですね。16ozなのでスタバでいうところのグランデ相当。500cc弱と、たっぷり入ります!

密閉できないので通勤通学には向かないかもしれませんが、オフィス専用やアウトドア用としていかが?あまり人と被ることもなさそうなのでオススメです。

そういえばずいぶん前に買った「BabyBottle」もまだまだ活躍しています。

同じカテゴリの記事

タイガーのステンレスミニボトルを買いました!


正月で余ったお餅対策!丸十金網「セラミック焼き網(大)」でおいしく焼く!


DINEX(ダイネックス)マグとエアロプレスの組合せがアウトドア向き!後片付けも簡単です。


アウトドアコーヒーの湯沸しにはトランギアとイワタニ・プリムスがオススメ!


関連記事