タイガーのステンレスミニボトルを買いました!

いまさらですが、水筒を新調しました!

今まではクリーンカンティーンのミニボトル(哺乳瓶モデルなので保温・保冷が効かないやつ)を使ってたのですが、そろそろちゃんとした機能が欲しいなーということで導入に踏み切りました。

で、使い始めて1週間くらいたったのですが、これがメチャメチャいい!

しかもリーズナブルだし。あらためて日本の水筒ってすごいなーと感心しております。

スポンサーリンク

 

タイガーのステンレスミニボトルを買いました!


寒くなると温かいコーヒーが飲みたくなりますよね。

自宅なら淹れてすぐに飲むので良いのですが、外に持ち出すとなると保温機能がしっかりしてないと一瞬で冷めてしまいます。

それにワタシは自宅でもコーヒーをたくさん飲みます。1日3,4杯は余裕で飲んでるのでさすがにその都度準備して、、、とやるのも時間がもったいない時が。そんな時に保温して置いておけば便利じゃないか?ということで水筒を導入しました。

始めはポット型のこんなのを検討してたのですが、

さすがに大きすぎるし、本気出してる感があるのもアレだしなー、ということで却下。

じゃあ水筒なら持ち運びもできるし、保温力もあるしでぴったりじゃないですか!というわけで水筒を探し始めたのでした。

本当は性能で選ぶのがいいんでしょうけど、ワタシが迷ったのはロゴ。

できれば日本メーカー(製造は他国ですが、、)のものがいいなーと思ってたので。

必然的に「象」か「虎」。

直感で「虎」に決定!

よくよく見ると、真正面の顔がかわいい!

あまりマジマジと見る機会なんて少ないですよね。

「ガオー」より「にゃー」が似合います。

容量は0.3Lをチョイス。

コレには意味があります。

自宅でコーヒーを飲む場合、1回で450cc分作ります。

150ccはそのままマグカップへ。

そして残りの300ccを水筒で保温、という計画。で、何度かこの方式を試したのですが、これが大当たり!

使用環境にもよりますが、ぜんぜん冷めません!

これなら手鍋で温め直すよりも味がそこまで劣化しないし、ちょうどいいです。

(シールをはがすべきか否か、悩み中)

飲み口は意外とワイド。

そのままダイレクトにいけます。

ボトル内面は汚れにくく錆びにくい「スーパークリーンPlus」という加工が施されています。なんだか凄そう。

見た目はピッカピカです!

フタはとってもシンプル。

パッキンが付いてるだけで、取り外せば細部までキレイに洗えますよ!

パッキンを外すとこんな感じ。

「洗いやすい」というのは非常に大切な要素ですよね。
(関連記事→ますます洗い物が楽しい!無印良品の「柄つきスポンジ」を買いました!

大きさを比べてみる


なんといってもコンパクト!しかも軽い(約130g)!

バッグに入れてると存在を忘れます(本当に!)。

500mlのペットボトルと比較してみました。一回りスリムな印象です。

お次はポーレックスのコーヒーミル(ミニ)。

さすがにこれよりは大きいですが、もう1サイズ大きいミルだったらほぼ大きさは同じはず。

(重量は水筒の方が軽い!ミルは245gくらいありました→実際に計量してみた)

こちらが今まで愛用してきたクリーンカンティーンのボトル。

見た目は良いのですが、機能面で不安要素が多くて。

熱いのを入れると素手で持てないくらい超高温になるし、冷たいの入れると結露しまくりなのです。

という感じで、これから使い倒していくのが楽しみな1本を手に入れてしまいました。

しかもリーズナブル!サカナ釣りにも持っていけそう。

あえてデメリットを言うなら、軽くて薄そうな素材なのでちょっと力を入れて握ると凹みます。

あ、あとワタシが買ったのは「スノーホワイト」というカラーなのですが、なーんにも考えずマットなホワイトを想像してたんです。

そしたら微妙にキラキラしてる!ちょっと恥ずかしいです。

【関連記事】
クリーン・カンティーンの「BabyBottle」が水筒として理想的!
ますます洗い物が楽しい!無印良品の「柄つきスポンジ」を買いました!

関連記事