子供は泣くもの、わがままなもの

子育て真っ最中のみなさま、いつもおつかれさまでございます。

夫婦2人だけの時とは日常が一変して、なかなか自分のペースを保つのもままならないですよね??

そんなときに意識しておくと良いマインドを奥様に伝授してもらったので、今回はその受け売りネタをシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

子供は泣くもの、わがままなもの

(※画像は特に意味ありません、、)

タイトルですべてなのですが、まさにコレ。

そうなんですよね、子供(4歳)ならそんなものなんですよね。おむつも卒業して1年以上たち、少し前まではだいぶ手がかからなくなってきて油断してましたが、最近になって急にわがままレベルが急上昇、さらに上手に泣くようになってきたんですよね、、(大泣きしたかと思えばシクシク泣いたり、、)

そんなわが子を前にオロオロしているワタシに奥様が先の名言を残してくれたんです。ハッとしました、ワタシ。つまるところ、

当たり前のレベル設定を間違えない

という事が大事なんだなあと、再認識。

基本的に子供は手がかかるものだと認識していれば、それに対する事前準備(物心両面)もできるんですよね。

「常に忙しくなったときの事を想定してお店を運営する」

昔アルバイトしていた飲食店で店長が口酸っぱく言ってた言葉があるんですけど、まさにそれだなぁ、と。仕込みは十分か?休憩回しは順調か?食器も足りてる?、みたいな。

それを今のワタシに当てはめると「おやつ・おもちゃは十分にストックがあるか?(奥の手アイテムも含む)、切り返し問答の復習は万全か?」などなど、事前にやれることはたくさんあるんですよね。

その準備ができてるか否かでピークタイムの乗り切り方に大きな差が出てくるような気がします。

スポンサーリンク

ざっくり言うと「自制心」みたいなものが働いて、意図せず感情的にならずに済むのではないか?という仮説を立てて、今回の締めとさせて頂きます。

みなさま、なんとか頑張りましょう!子供は泣くもの、わがままなもの、がデフォルトです。

※なんだかんだでカワイイから許してしまうんですけどね!

ちなみに今の奥の手はプリキュアの塗り絵(デパプリ)。塗り絵しようか、といえば機嫌が良くなります。

4人目(フィナーレ)追加版も速攻オーダーしました(こちらがさらに奥の手)!

※関連記事:子育てハック/コーヒー活用簡単編

※関連記事:【0歳~1歳半】実際に買った(利用した)子育て関連アイテム・サービス一挙まとめ

お探しの記事はありませんか?
by
関連記事