ポーレックス「サラダとジュースのおろし」が素晴らしい!

ようやく探し求めていた「おろし器」に出会いました。
ポーレックスの「サラダとジュースのおろし」です。

そんじょそこらのおろし器と一緒にしてはいけません!
おろすというより「刻む」という表現の方がしっくりくる。

そんな強力な味方が台所に加わりました!

スポンサーリンク

ポーレックス「サラダとジュースのおろし」を買いました!

ポーレックスといえばコーヒーミルの代名詞といっても良いですよね。
ワタシもミニの方を愛用しているのですが、そんなポーレックスからおろし器が出ているって知ってましたか?
メーカーのWEBサイトを見ていたら、なんだかただモノじゃなさそうなアイテムを見つけてずっと気になっていたんです。

で、そろそろ今使ってるおろし器がヘタってきたので買い替え時が来た!ということでついに購入。
ここまで長かった(約10年)。

それがこちら。

一見、普通のおろし器なんですけど、、。

よく見てみると、

トゲトゲ(刃)が半端じゃないです!

見てください!さらにズームアップ。

使ってみて思ったのですが、もはや包丁並みに子供に扱わせるのは危険なレベル!
この鋭い刃であらゆる食材をガリガリおろしていきます。

そして嬉しいのが注ぎ口の存在。
果物をおろした際に、たまった果汁までしっかり、こぼさず注ぐことができます。

真上から見てみる。
大きさは手のひら大ほど。
想像よりちょっと大きめをイメージしておくとよいと思います。

刃の向きも不規則。
これが抜群の効果を発揮するのでしょう。

裏には「Japan Porlex」。
たぶんシールですが、まだ剝がしていません、、。

で、このアイテムの真骨頂はココから。
裏にシリコーン製の滑り止めがついてるのですが、これが見事に滑らない!
超強力なグリップ力で、安定したおろし心地を実現してくれます。

試しに片手で食材だけ持ってすりおろしてみると、難なくおろせました!
ただし、おろし器の接地面が平らで、なおかつツルツルないと効果は薄いと思います。

ちなみにこちらが外箱。
かわいいイラストが性能を見事に表しています。
もはや説明もいりませんね。

使い方の参考に、裏面もどうぞ。

リンゴをすりおろしてみる!

最近リンゴ×ヨーグルトにハマっています。

というわけで初おろしはリンゴ!

とりあえず半分の量を用意。

皮ごといきます!

ガリガリ。

ガリガリガリ。

ガリガリガリガリガリ。
ここまでおよそ15秒。
もっと素早くやればタイムは縮めることができそうです!
それだけ威力がすごい!

ただあまり調子に乗っていると、指まですりおろしそうなので大胆かつ慎重にいきましょう。

あっという間にこのとおり!
粗びき感が良いですね、食べごたえがあります。

それをグラスに入れて、

たまった果汁は残らず注いで、

ヨーグルトをオン。

ついでにグラノーラをトッピングすれば、おいしいヨーグルトパフェ風の完成!

果汁を余さず入れることで、砂糖なしでも十分あまくておいしくなりますよ!

こんな使い方も!

大根をおろしてみぞれ鍋、ゆで卵をおろしてタルタルソースや卵サンドの具材に。
グレープフルーツやオレンジをザクザクおろして果肉たっぷりすりおろしジュースに。
生トウモロコシをおろして牛乳・塩・こしょうでコーンスープに。

他にもアイデア次第でいくらでも応用できそうですね!
試しに生姜もおろしてみたのですが、繊維が残ります。が、気にならなければ十分おいしくいただけます。
ワタシは冷奴に使ってみましたが、ぜんぜん気にならずおいしかったですよ!

まだまだ試したいことがたくさんあるので、ある程度データがたまったらまた報告しようと思います。
それにしてもこのおろし心地、一度は経験しておいた方が良いですよ!

皆さんならどのように使いますか??

▼普通のおろしも一個買おうか迷い中。

▼お茶ミルもかっこよくリニューアルしてるし、このごろポーレックスが熱いですね!

【画像・動画付】ポーレックス『セラミックコーヒーミル(ミニ)』の分解・組立・使用方法!

関連記事