ベッドを置かない生活をはじめて5年/生活に与えた良い影響まとめ

タイトル通りなのですが、自宅からベッドを撤去してから今年で5年が経過しました。

きっかけは引越しを翌年に控えた2013年。

そろそろ計画的にモノを減らしていかないといけないよね、と奥様と話したのがきっかけ。

そのタイミングで細々したものもかなり処分したのですが、どうも家の中がすっきりしない。何が原因かなーと考えたところ、ベッドに問題があることが判明。しかも2人同時に思っていたのです。

当時部屋が2つしかなく、しかも狭かったというのもあってかなりの場所をベッドが占拠していて。引越しで運ぶのも面倒だし、どうせならこのタイミングで、と、思い切って処分したのですがこれが大正解でした。

物心ついた時からベッドで寝ていたというのもあり、はじめはどうなるモノかと心配でした。

が、特に問題はなく、むしろ(ほぼ)メリットばかり。

というわけで今回はベッドを処分して、マットレス生活を始めて感じたメリットをご紹介。皆様の生活の少しでもお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク

ベッドを処分して良かったこと

エアウィーブの四季布団

部屋が広く感じる

これは当たり前ですね。

日中は布団・マットレスをたたんでクローゼットに収納しています。

今までベッドがあった場所が、そのまま生きた空間に早変わり。

スペースが増えた分、ちょっとだけ家賃が割安になった錯覚を覚えます。

気分が良いです。

朝にメリハリができた

エアウィーブの四季布団をたたんだ状態

ベッドの時って、布団は基本そのままですよね(晴れた日は干す)?

それでもベッドという事であまり気にならなかったんですけど、床に直置きの布団を一日中放置しておくのは気分的に良くないです。

なので毎朝「たたむ→収納する」作業が発生するわけですが、これが一日の始まりを意識するちょっとしたイベントになっています。

一日のスイッチが入るというか、慣れるとコレがない何だか気持ち悪い、みたいな。

ついでに運動にもなるので、目覚めも早くなります。

引っ越しがラク

当然、ベッドがなければ引越しが楽ちんです。

実際、今の部屋に引っ越すときは業者に頼まず自分たちだけで行いました。

特に最近はハイシーズンに引越し業者がつかまらない、また手配できたとしても料金がかなり高騰してますよね。

そのへんのゴタゴタにも巻き込まれにくいです。

もしまた引っ越す事になっても、中型トラックをレンタルすれば2往復くらいで済みそう。

ちょっといいマットレスが使える

ベッドを必要としないので、その分マットレスに投資できます。

はじめはテンピュールのマットレスを使っていましたが、奥様には柔らかいマットレスが合わない事実が判明。

加えてワタシは寝汗が多いので、カビが生えるという最悪の事態に、、。

というわけで途中からエアウィーブに切り替え。

おかげで奥様もよく眠れるようになりました。

ついでにワタシも硬めのマットレスの方が、実は体に合っている事も分かったし、カビも生えなくなったのでダブルで良かったです。

さらに!

エアウィーブは基本的に敷布団が不要なので、モノが一つ減って毎朝の片付け作業もかなり楽になりました。

ここで、参考までにわが家で使っているエアウィーブをご紹介。

奥様が使っているのは「四季布団 和匠」▼

エアウィーヴ 四季布団 和匠 シングル 敷き布団 高反発マットレス
created by Rinker
ちょうど少し前にモデルチェンジのタイミングで旧型がかなり値下げされていたので、お得に手に入れることができました。枕はこちら▼ 程よい固さで高さ調節も自宅で可能。眠りの質がかなり良くなったそうです。

で、ワタシが使っているのがこちら(の旧型)▼

エアウィーヴ 四季布団 シングル サイズ 高反発敷き布団
created by Rinker
奥様のお下がりです。

奥様のよりも数センチ薄いですが、床に敷くだけで快適に眠れます。

ただし、、念のためワタシだけ防湿マットとすのこを併用しています(カビがトラウマ)。

【送料無料】すのこベッド 2つ折り式 桐 シングル 【Airflow】 折り畳み ベッド 折りたたみ すのこベッド 桐 すのこ 二つ折り 木製 湿気【OG】 Gキッチン
created by Rinker
おかげで今のところはカビは発生していません。

スポンサーリンク

ベッドを捨てて自由になろう

わが家の場合ですが、ベッドを捨てたことによって自由が増えた気がします。

物理的にも、精神的にも。

はじめは抵抗があるかもしれませんが、思い切って実行してみるのもいいかもしれません。

ちなみにこの本は、ワタシがモノを減らすきっかけをくれた1冊。今でも定期的に読み返しています。

同じカテゴリの記事

『THE POWER OF LESS 減らす技術』を読みました


「こだわりの逸品」を手放す開放感


今年こそ断捨離の実践!忙しい人でも気軽に利用できる宅配買取サイト20選!

Instagram [日々コレ好日]
Twitter [新着情報・気になるコトモノ]
LetterPotはじめました
関連記事