雑談/やり続けることに無駄はない、はず

ブログを始めて以来、なんとなくカメラを買って「記録用に」と写真を撮り始めましたが、ココ1、2年は写真を撮るということ自体に前よりも興味が湧いてきています。

と言っても何か特別な物を撮る、作品を撮る、というわけではなく、SNSやYouTubeなんかを見て良いとされる写真を撮ってみようとトライしているのですが、それだと「撮っている」ではなく「撮らされている」感覚にいつも陥っていました。

スポンサーリンク

それっぽい写真を撮れば「いいね」はもらえるけど、

SIGMA dp3 Quattro

例えば Instagram を始めた当初はそれっぽい写真(ちょっと背景がボケて明るめのやつ)を公開してたらなぜかいいね!がもらえるし、フォロワーが増えてくしで。ぱっと見は好循環に向かいそうな瞬間があるんですけど、定期的に「自分は本当にこういう写真を撮りたいんだろうか?こんな写真を他の人に見てもらいたいが為に高いカメラを買い、貴重な時間を使って写真を撮っているんだろうか?」という疑問に支配されて、SNSをやってること自体が「自分は何やってんだろう」と自己嫌悪に陥り投稿頻度が滞る負のスパイラル状態。

SIGMA dp3 Quattro

そんな調子なのでSNSの運用も全然ちゃんとできてないし、なんならもう閉鎖してしまおうかとも思うこともあるのですが、生存確認用とブログ更新情報を伝えする、あとは周りの人達との情報交換・収集の場として活用しているのでそういう気にもなれません。

そんなモヤモヤした時間を過ごしていながらも、やはりなぜかカメラを触ることが好きだし何より写真を撮るのが好きという気持ちに変わりはないので、とにかく自分の感情の赴くままに撮影というものを楽しんでいこうと決め、ここ半年くらいはひたすらにいろんな写真を撮り続けてきました。そんな中で、、

やり続けることに無駄はない

SIGMA dp3 Quattro

やり続けるということに無駄なことはないんだなぁと思える機会が、思いもかけないタイミングで目の前に現れます。

詳細は省きますが、それがきっかけで自分が撮りたいもの、写真で表現したいものが少しだけ分かってきたような気がしました。

ざっくりいうと、自分が「好きなモノ・愛着を持てるものを撮れば良いんだ」という単純なこと。

あとは自分が好きなことの棚卸しをすればいい

SIGMA dp3 Quattro

このブログのタイトルにもあるようにサカナとコーヒー、それから最近好きになったお花や昔から集めているマグカップや食器類、コーヒー器具など。愛着の持てるものが身の回りには溢れているということに、改めて自分の好きを棚卸してみたところ気付いたんです。

そんなお気に入りのアイテムたちをお気に入りの機材で撮影する。それだけでもワクワクしてきて、家ではカメラに触っていない時はないんじゃないか?というぐらいあれこれ撮影しています。

スポンサーリンク

それから単にデジタルデータとして保管するだけではなく、紙としてプリントしたいなという思いも芽生えてきまして、なんなら気に入ったものは額装して部屋に飾ってみようかな?というちょっとした企てもあります。

SIGMA dp3 Quattro

そのためにはプリンターも必要なのですが地味に品薄状態が続いているみたいで、欲しいプリンターは約2ヶ月待ち。いつ入荷するかはわかりませんがとりあえず近所のヤマダ電機で予約をしてこようと思います。まずは行動。やってみてダメだったら手放せば良いだけですしね!

というわけで、今後はSNSに投稿する写真や動画は今までと少しだけ趣向が変わるかもしれませんが、生温かくチラ見していただけると嬉しいです。

そういいえば生産終了になったSIGMAのdp3 Quattroの中古在庫数が激減してますね(新品はほぼ無い)。気になる方は早めにチェックしておいた方が良いのかも?

※注意※この記事にあるサカナの写真が気持ち悪い!と思った方はSNSのフォローを解除してもらったほうがいいかも!

ちょうどこの記事を書いてる時に流れてきた動画もこっそり共有しますね、なんか空回りてるな〜と最近思ってる人にオススメ。

by
関連記事