LBJの「レモンとバニラのマーマレード」がおいしい[自分史一番]!

奥様がいつも飲んでる紅茶は「Campbell’s Perfect Tea」というものなのですが、なかなかリアル店舗で買うことが難しく、基本的には正規代理店の直営オンラインショップで購入しています。

で、奥様がいつものようにそのサイトでネットショッピングを楽しんでいたところ、何やら気になるジャムを見つけたらしく「ちょっと高いけどとりあえず注文しちゃった」とのこと。

で、そのジャムがワタシの「自分史上」一番美味しいと思えるジャムで、全ての種類を味見してみたいなと思うほどでした〜。

今回はそんなジャムのご紹介です。

スポンサーリンク

LBJ(London Borough of Jam)

聞き慣れないジャムブランド「LBJ(London Borough of Jam)」

もちろんワタシも奥様も初耳。ロンドンの人気レストランSt. JOHNの元ペストリーシェフ「リリー・オブライエン」が立ち上げたインディペンデントなジャムブランドです。

良質の素材と少量生産にこだわり製造されていて、ロンドンの外れにある小さなお店には週末のみのオープンにも関わらず手作りのジャムを求めてたくさんの人が訪れます。との事。

瓶に貼られているパッケージの見た目もおしゃれ。もちろん訪れたことはありませんが、なんかロンドンぽいなあという印象。

レモンとバニラのマーマレード

このブランドに初めて触れたのがこちらのジャム。

元々ワタシはそんなに興味がなかったのですが、奥様がもう飽きちゃったということで残りをすべて譲ってくれ、食べてみたらこれがめちゃめちゃ美味しかった!!

レモンといえば合わせるものはジンジャーなどのスパイス系が定番だと思っていたのですが、こちらのジャムにはサヤごと刻んだバニラビーンズが入っていて、その酸味と甘みのバランスがこれまで感じたことのない初めての体験だったんです。

娘にも香りを試してもらうと「めっちゃいい匂いがする」と言っていました。

これをこんがりと焼いたトーストに薄く塗っていただくのですが、もうこれだけでトースト3枚は余裕で食べられるくらい美味しいです。特にバニラの香りがレモンの酸味の後にふわっと口の中から鼻を通って抜けていく感じはやみつきになります。

少し前にも書いたんですけど、やっぱり香りって何かを楽しむ上で非常に重要な要素になってくるんだなぁと改めて実感しています。

スポンサーリンク

あまりにも美味しすぎてケチってちびちび使っていたのですが、ようやく一瓶使い切ったタイミングでちょうど奥様が紅茶を発注するとの事だったので次は何にしようかな〜と悩んでいましたが、結局同じ種類を選んでしまいました。

他のジャムも少しずつ味見できるようにお試しパックのようなものがあると嬉しいなぁ。全力でオススメできるので、気になる人はぜひ試してほしい!

TEA&TREATSというショップで購入可能です→「TEA&TREATS」

※関連記事:おいしいミルクティーの作り方・基本レシピ

※関連記事:手作りジャムに挑戦/素人でも意外と簡単に作れるんですね!

by
関連記事