DIY/無印パイン材テーブル(折りたたみ式)でスタンディングデスクを手作り【後編】

先日、

無印良品のテーブルを組み合わせてスタンディングデスクを作った!

という記事を書いたのですが、

今回はその続きです。

ようやく完成までこぎつけることができましたよ!

これで首の痛みも軽減です。

スポンサーリンク

無印良品の「パイン材デスク」でスタンディングデスク作り!後編

ワタシは基本的に座って作業するよりも立って行う方が体にあっているらしく、スタンディングデスク欲しいなーと思ってたんです。

いろいろ調べていたのですが、日本ってスタンディングデスクの種類があまり多くないことに気づき、しかもちゃんとしたやつだと20万とかする!

それにデザインも微妙だし、なんだかなー、ということで手作りすることにしました!

で、完成したのがこちら。

パイン材テーブルの高さ違いを組み合わせて、後ろ側を金具で固定してあります。

これでワタシの身長にちょうど良い高さ(105cm)になっています。

これだと書く作業がストレスなく行えるので、かなりはかどるんです!

ですが、問題はパソコンを使うとき。

この高さだと斜め下にディスプレイがあるため首に負担がかかります。

そこで導入したのがこちら(これの半分のサイズ)→

これをテーブルに置いて、更にその上にノートPCをセッティング。

目線がちょうど立った時にまっすぐ(約150cm)となり、首が疲れません!

※ラップトップスタンドを導入しました▼

そしてもう一つ問題が。それはキーボード。

このままだとノートPCのキーボードを叩くには、腕を顔の高さまで上げないといけないので現実的ではありません!

というわけでさっそく外付けのキーボードを購入、合体させたところ完璧になりました!

キーボードって初めて買ったのですが、案外お値打ちなんですね。

まあ、モノにもよるのでしょうが。 ちなみに有線か無線か悩みましたが、初心者なので有線にしました。

無線は電池交換も必要だし、めんどくさそうなので今回はパス!

安いけど、叩き心地は予想以上に良かったです!

買ってよかったー。

※ワイヤレスにしました▼

デスクに近づいてみました!の図。

コの字家具はタモ材なので自重があり、テーブル上でも安定します。

ホントは金具で固定したほうが良いのでしょうが、しばらくはフリースタイルでやってみようと思います。

お次は真横から!

スポンサーリンク

まとめ:やっぱりスタンディングデスクは良い!

パイン材のテーブルはもちろん、今回導入した「コノ字家具」も単体で物置きなどに流用できますので、万が一「スタンディングデスクに飽きた!」っていう時も安心です。

始めは立ちっぱなし1時間が限度でしたが、今ではそのくらいは楽勝です。

もちろん疲れたらイス付きのテーブルに座って作業すればいいですしね。

1回座ってしまうとなかなか次の作業ができない!動けない!

とういう方にはスタンディングデスク、オススメですよ!

向き不向きもありますので何とも言えませんが、まずは自宅にあるものでスタンディングデスクに近い形を再現してみて、調子良さそうだったら本格導入もアリかもです。

たとえば、高めのテーブルにダンボールをおいてみるとか?

パソコン作業だけでなく、毛ばりを作ったりといった細かい作業にも向いてるかもしれません。

気になる方はこの記事を参考に、手作りもどうぞ!(自己責任でお願いします!)

手作りが面倒な方にはこのへんなんか良さそう


使い終わった生活用品は賢く処分しよう

わが家は最近、今までにも増して断捨離モード発動中です。持ち込みで処分することもありますが、時間が無くて大変な時は便利な宅配買取を利用しています。ネットで完結できるので自由にできる時間が少ない子育て共働き世帯の方(わが家も同じ!)は、そちらも検討されてみてはいかがでしょうか?

無印良品のまとめ記事も良く読まれています

当ブログの無印良品関連記事を、見やすくカテゴリ分けして一覧にまとめています。お時間が許す限りご覧になってくださいね。随時更新中です▼

【完全保存版】無印のおすすめ商品記事をカテゴリー別にまとめました!

同じカテゴリの記事

DIY/無印パイン材テーブル(折りたたみ式)でスタンディングデスクを手作り【前編】


[人気]撮影・作業用の天板を杉ムクボードでDIY→リーズナブルに完成しました


無印/リビングでもダイニングでも使えるシリーズの使い心地[5年使った感想・テーブル・チェア・ソファ]


無印/ソファベンチを買ってよかった7つの事


無印良品の「こたつふとん&ラグ」が肌触り抜群!

無印良品がAmazonで正式取扱開始!
無印良品が正式にAmazonで購入できるようになりました!ラインナップは少しずつ増えていくみたい。プライム会員なら送料を気にする必要もなくなるし公式通販よりも早く届くと思うのでおすすめ。ちなみに「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」という表記が公式出品の目印です。
関連記事