1歩前に踏み出す勇気

DSC_0264

今ちょうどプロ野球中継をボヤーっと観てるんですけど、なにごとも一歩前に踏み出す勇気って大切だなーと思いました。

スポンサーリンク

 

苦手なことは、できれば避けたい!


どう頑張っても勇気を持って前に踏み出せない時ってありますよね。

ワタシも多々身に覚えがあるわけなのですが、、。

たとえば、

・知らない人と初めて会うとき
・異性をデートに誘うとき
・プレゼンをしないといけないとき
・水泳で飛び込みしないといけないとき
・バンジージャンプの前

こんなところでしょうか?

もちろん人によって状況はバラバラですので一概には言えないですが、やっぱり苦手なことってどうしても避けたくなりますよね。

でも勇気を持って前に踏み出してみると、意外と大したことなかったなーってなる場合もあったりなかったり。

 

勇気を持って1歩踏み出してみる!


ぼやぼやとプロ野球中継をみてたらまさに今!日本ハムが優勝しました(2016年・レギュラーシーズン)。ハム・ウインナーの特売が楽しみです。

で、その試合中にこんなシーンがありました。

どっちの攻撃が忘れたんですけど、2アウト2塁、1点差、終盤。

守っている方はもちろん1点も取られたくない状況で、基本的に外野手も前進守備になります。

ここで怖いのが大きなヒットを打たれ一点とられ、さらにランナーが塁に残ること。

しかも長打のあるバッター、できれば後ろの方に守りたいんですけど。でも外野の前にゴロを打たれたら前進守備でないと1点取られる可能性が高まる。

守るほうは勇気がいりますよねー。
(ただこの状況だと基本、前進守備がセオリーなのでそれが勇気かどうかはアレですけど、、。)

結果は、、前進守備の外野の前にフライが飛んできて見事キャッチ!おめでとう。

もし長打を警戒して後ろの方に守ってたら、ヒットで1点失ってたはずです。

無理やりこじつけた感のある例えですが、案外やってみたらなんとかなる事が多いなーということが言いたいわけであります。

 

話は変わって、、


ワタシも愛読しているブログや本、その他モロモロあるのですが、すごーく参考になったり、感動したり、ということが良くあります。

ですが、その著者の方に感想などを綴ったメッセージなんか一度送ったことがありません。

基本、知らない人に話しかけたりするのが苦手なので、、。

そんなワタシもこちらのブログを続けているわけなのですが、このごろSNSやお問合せフォームからメッセージを頂けることが増えてきました!感想なんかもしたためてくださったりで、感謝感謝です。ありがとうございます。

ワタシも勇気を出して、気になる人には思い切って感想を送ってみようと思います。

皆様もなにか勇気が出ずに迷ってることがあれば、とりあえず「えいっ!」とやってみてはいかがでしょうかー?

世界が変わるかもしれませんよ!

by
関連記事