わが家の蚊対策は「馬場水車場のお香」×「無印良品のお香立」。

明日から9月ですね。

ワタシの住む長久手市といえば、相変わらず暑い日が続いております。

今日なんて雨が降ったり止んだりで、湿気もMAX。

というわけで、必然的にわが家の周りには蚊が大勢いらっしゃいます。

そんな今年の夏は、いつもの殺虫剤はほとんど使わず「線香で蚊よけ」をテーマに過ごしてみました。

いまさらですが、わが家版「この夏の蚊対策」をお送りしようと思います。

スポンサーリンク

わが家の「蚊」事情!

そうそう、わが家は今年の春に引越しをしたんでした。

とはいってもすぐ近くに越したので、あんまり引越しした感はないのですが。

で、引越ししてみて何となーく気がついてたんですけど、ご近所さんのベランダとか玄関付近に、蚊を寄せ付けない引っ掛けておくタイプの、CMでお馴染みの例のグッズがたくさん置いてるなー、と。

もしかしたらこの辺りは蚊が多いのか?と不安になっていたんですがまさかの予感的中!

夏になったらベランダじゅう蚊だらけ。

前の家のときはそんなでもなくて、蚊もうすーい茶色っぽい、生命力が弱そうなのが多かったんですが。

今のうちは大量なうえに、いかにも「蚊」らしい白黒のしましま模様のがほとんどで。

しかも今年はベランダでハーブとか、コケとか育ててるので水気も多いからか、、

それにしても、これはどうしたもんかなーと。

殺虫剤を撒き散らすのが一番手っ取り早いかなーと思ったんですけど、なんか最近あの手のスプレーって怖いよなーと思い始めて。

だって、あれって虫が即効でアレしちゃいますよね。

ということは、あんまり人間のカラダにも良くないんじゃない?ということで、今年は殺虫剤の力は借りないことに。

で、いろいろ調べていたらお香とか、防虫菊の蚊取り線香の煙がいいらしいよー、との情報を得まして!

そういえば杉でできたお香を去年買ってたなーというのを思い出し、これしかない!となりました。

無印良品のお香立が超便利!

ぐるぐる巻きの線香タイプだったら、ブタの入れ物とか、そんなんにしようかなー思ったたんですけど。

使うのは棒状の線香タイプ。

さて、火をつけるのはいいけど、その後どうやって立てとこうかなーって考えてたところ。

無印良品をふらふらしてたら見つけましたよ!

これ、ちょうど良さそう!

DSC_8291

無印良品のお香立(もしかしたら廃盤になるかも?)。

お香とか、フレグランス系の売り場に陳列されてるというか、こっそり置いてある感じでした。

見つけた瞬間、これだ!と。

線香たて(いや、お香か)にちょうどよさそうだなーと即購入。

200円もしないくらい、とってもお買い得でしたよ。

DSC_8292

裏面はぼこぼこした形状で、こっちには置くタイプのお香を乗せるみたい。

二等辺三角形状の、お灸みたいな形のアレですね。

DSC_8294

さっそくお香をセット。

ちゃんと立つのかなーとドキドキしたんですが、絶妙な斜め具合でがっちりホールド!

ちょうど良い大きさの灰皿があったので、部屋の中ではそれにセットして。

DSC_8297

もちろん外でも!

直置きもOKですよ。

置き場所を選ばないので何個持っててもいいなーという、ワタシの中でヒット商品となりました。

DSC_8250

馬場水車場のお香がいい感じ

そしてワタシが使っているのがこちら。

「馬場水車場のお香」。

これ、なかなか名古屋らへんのお店で売ってないんですよねー。

なので、ネットで購入することになりそう。

もし見つけたら、買いだと思いますよ!(ちなみにAmazonには売ってません!)

DSC_8288

杉の産地として知られる福岡県八女(やめ)というところで作られているそう。

今では珍しい、水車を動力にした製法で作られるお線香。

そのこだわりようがハンパじゃないです!

1:杉葉を集める…伐採や間伐の杉山に入り、杉の枝葉を集めてきます。この作業は林業を営む人々にとって後片付けにもなります。

2:杉葉を乾燥する…集めた杉の枝葉から、葉に近い部分だけを切り、それを火室(ひむろ)で乾燥させます。

3:杉葉を製粉する…水車の動力でずらりと並んだ15本の杵(きね)を動かし、乾燥した杉葉を勢いよく搗き(つき)まる一日かけて粉砕します。馬場水車場は1日に約800kgの杉葉を粉砕することができます。

4:篩い(ふるい)にかける…粉砕した粉を篩いにかけ、目の細かいものだけを20kgずつ袋詰めします。目の粗いものは、もう一度杉葉とともに搗かれます。

DSC_8289

杉で出来ているということで、箱を開けるとほんとに杉の香りがあたりに立ち込めます。

山に行って、車を降りた瞬間のあの感じ。

ふわーっと、ほわーっと。気分は森の中。

DSC_8290

で、香りはとってもいいんですけど実はこれ、本来虫除けとして使われるものではないらしく。

線香として使うのが一応ほんとの使い方みたい。

でも、実際使ってみました!蚊の多い夕方のベランダで。

すると、煙が出ている間はなんとなーく蚊がよってこなかったような気がします。

線香が燃えきったら即効で蚊の猛攻が始まったんですけど、少なからず蚊を寄せ付けない効果があったような。

調べてみたら、蚊が嫌がる煙とそうでないのがあるみたいですよ。

これはもしかしたら嫌がる方に入る煙なのかも。

完全に蚊をシャットアウトすることは難しいんですけど、線香を用意して、火をつけて、ベランダに置いて。

のような一連の動作をすることが、気分的に蚊を遠ざけてくれてるのかもしれません。

完全シャットアウトというよりは、共存共栄というあたりで落ち着くことになりそうです。

まとめ

そしてやっぱり最後は気持ちの問題。

蚊よけも自分が使って、満足できるモノを使うのが1番ですね!

なんだかまとまりのないまま、わが家の蚊対策をお送りしました!

▼無印良品のサイトでアイテムをチェックしてみる

磁器香立て・丸型 1個入 コーン・スティック兼用

スポンサーリンク

▼コチラの記事も読まれています

コーヒー粉の再利用!コーヒー線香は虫除けになるのか??

「アースジェット ヤブ蚊屋外用 450mL」でベランダの蚊がいなくなった!

食器洗いが3割ラクになった!無印良品の水切りかごを導入してみましたよ!

▼無印良品の記事一覧をチェックする

【保存版】無印良品の記事を検索しやすくカテゴリー分けしました!

関連記事