初心者パパの知多半島ウキフカセ釣り入門!第5回:「仕掛け用小物の選び方」

興味はあるけど、今までなんとなく手が出せなかった堤防の「ウキフカセ釣り」。

「今年こそクロダイを釣り上げて、家族にいいとこ見せてやりたい!」

そう密かにお考えのお父さんにこっそり読んでもらいたい、そんな「ウキフカセ釣り入門」を更新していこうと思います。

頑張って釣りの本格シーズンまでには書ききろうと思います!

そんな第5回目は「小物の選び方」です。

スポンサーリンク

小物を選ぶ!

今回は小物といっても、仕掛けに関するアイテムたちです。

クロダイを釣るにはバランスの良い仕掛けが必要です。そのために必要な最低限のモノたちをご紹介します!

DSC_0076

・ウキ止め

遊動ウキを使う際、タナを決めるために使う糸です。

これがなければ仕掛けは糸のある限りどんどん深く入っていきます。

ウキ止めとウキの距離でどのくらい仕掛けが馴染んでいるかが分かるので、できるだけ見やすいカラーがオススメですよ!

ゴムタイプはキャスト時に竿のガイドに引っかかりやすいので、繊細なサカナ釣りにはあまり向かないと思います。

糸タイプを選んでおいたほうが無難です。

・シモリ

ウキの穴(道糸を通す穴)をウキ止めがすり抜けてしまわないように、ウキとウキ止めの間に通しておきます。

円錐ウキには半円タイプがオススメ。

棒ウキには丸いタイプが合います!

・ストッパー(からまん棒)

これは後から出てくるサルカン(スイベル・ヨリモドシ)とウキの間に取り付けます。

ウキのクッションになったり、視認性の良いカラーだったら水中の潮の流れを見極めたりすることができます。

サイズも色々、できるだけ抵抗が少ない小さいものが知多半島のクロダイ釣りには向いていると思います。

そして「からまん棒」と名が付いてるくらいなので、仕掛けの絡み防止にも一役買ってくれますよ!

・サルカン

これはハリスと道糸をつなぐ、非常に大切な役割をはたす小物です。

地域によって呼び方がいろいろあって、「ヨリモドシ」や「スイベル」と呼ばれる場合もあります!

ちなみにワタシは小さい頃からサルカンで通してきてます!

「ヨリモドシ」というくらいなので、ハリスや道糸のヨレを解消してくれます。

一時期、サルカンを使わずに直結してた時期があったんですけど、最近は基本に忠実にサルカンを使っています。

もちろん繊細な釣りをするときは道糸とハリスを直結でサルカンを使わないときもあります。

初心者はサルカン有から始めてみたほうがいいと思います。

さらにシビアにいきたい方にはこの辺がいいと思います。

サルカンの重さがウキの号数表記になっているので、ガン玉なし、サルカンだけで浮力調節できてしまいます!

ただちょっと割高になるのがネック。

・ハリ

これがないと釣りにはなりません!

知多半島でウキフカセのクロダイ狙いならこの辺を揃えておけばOK!

シンプルイズベスト!

がまかつのチヌ針、サイズは1号から3号くらいを揃えておけば知多半島なら十分通用すると思います。

こちらは「カン付」といって針のチモトに穴があいています。なので針に糸を結ぶのが簡単です!

こちらは糸がついているタイプ。ほんとの初心者向けですね!

・ガン玉

これも大事なアイテムです!聞きなれない名前かもしれませんが、重りのことです。

ウキの浮力調整や、仕掛けを速くなじませたい時、餌取りをかわしてエサを速く沈めたいときなんかに役立つ、非常に大切な小物です!

はじめはこういうセットものから使い始めるのがいいかもしれません。

で、慣れてきたら自分がよく使うサイズとかが決まってくると思うので、サイズごとバラ売りしているのを集めていくといいと思います。

個人的には「やわらか君」シリーズが好きです。柔らかいので取り外しが簡単!

サイズはB~3B、小さいのだと8号~2号くらいまで用意しておけば十分間に合いますよ!

もうちょっと良いやつが使いたい!という人にはこれ。

挟む部分にゴムが付いているので、糸を傷つけにくいです。その分、ちょっとお値段高め。

ワタシはハリス部分にゴム張りタイプを使ってます。なぜならハリスをできるだけ傷つけたくないから!

まとめ

という感じで、このへんが揃っていれば、とりあえずウキフカセ釣りを十分楽しむことができると思います!

細々したものが多いですが、なれていくと自分に必要なラインナップが分かってくると思うので始めのうちは基本的なものを揃えておけばいいと思います!

ここまで読んでいただいてありがとうございます!

次は初心者パパの知多半島ウキフカセ釣り入門!第6回:「エサとそれに必要な小物の選び方」へどうぞ!

▼初心者向け入門記事はこちらです!

初心者パパのための知多半島サビキ釣り入門!全7回分の記事をまとめました!

「初めてのクロダイ(チヌ)をウキフカセで釣りたい!」の記事:全8回をまとめました!

もし自分が釣り初心者だったとして、堤防でウキフカセ釣りを始めるならこの組み合せにする!

もしワタシが子供を近所(名古屋近郊)の川にサカナ釣りに連れて行くとしたら、こんな道具を揃える!

【保存版】知多半島・南知多の初心者向け海釣り(&プチ観光)マップ!新舞子~豊浜・師崎周辺!

スポンサーリンク

▼こちらの記事も良く読まれています!

【閲覧注意!】「クロダイの生物学とチヌの釣魚学」がおもしろい!

クロダイ(チヌ)のフカセ釣り用マキエの押し麦を黄色く加工する方法!

2017年7月:常滑セントレア周辺の堤防&渚釣りでクロダイを狙う!

シマノの釣り竿「ボーダレスBB 420M-T」が脱・初心者にオススメな理由!(&インプレ・クロダイその他魚種)

関連記事