朝のカメラ散歩をはじめました

先のブログでも少し触れましたが、読んだ本に感化されて朝のカメラ散歩を始めました。

まだ始めて間もないですが、これを続けていけば日々の気分もグンと上がって今まで以上に楽しく日々過ごせるようになるんじゃないかな??という気がしております。

ワタシの場合カメラとの合わせ技なので同時に趣味も楽しめる至福の時間。

ということでいつまで続くか分かりませんが、これをライフワークの1つにできるよう、ゆるく楽しんでいこうと思っています。

スポンサーリンク

始めたきっかけ

樺沢紫苑・アウトプット大全

「睡眠・運動・朝散歩」

アウトプット大全の著者・樺沢紫苑さんが常に口にされているこの3つのキーワード。

中でもワタシに足りていないのは朝散歩だったのです。

朝散歩してみようかなと何度か挑戦しようとしたことはあるのですが、早起きしてブログを書いたり自分のために時間を使うことで精一杯で、それに加えて散歩なんてかなりハードルが高かったのです。

ただ、寝起きの少しぼーっとした頭で作業するよりも、少しでもいいから外に出てセロトニンを活性化させる方が全体的なパフォーマンスは上がるんじゃないかな?ということにアウトプット大全を読んで気づかされ、騙されたつもりでやってみたのですがこれが想像以上に気分が良かったんです。

ワタシなりのルール

できれば毎日やりたいなと思っていますが、雨の日もあれば風の日もある。暑い日もあれば寒い日もある。それに理屈抜きに気分が乗らないこともあるでしょう。

そういう時には無理せず休むとか室内でもできることを考えたり、とりあえずベランダに出てお日様の光を浴びるだけにする、といった逃げ道も用意しておきたいと思います。

何かを続けていくということも大変なのですが、続けることだけが目的になってしまうと本末転倒なこともあるので、そのあたりはメリハリをつけてやっていきたいと思っています

SNSで発信していく

メリハリつけてと言っても人間がやることです。おそらく人の目がなければ楽な方へと少しずつ逃げていってしまう事になることも考えられます。

そこで朝散歩で撮った写真を現像し、それを TwitterやInstagramにUPするという仕組みを考えました。

見知らぬ人の朝活投稿なんて別に見たい人が多いとは思いませんが、やはりそうすることで自分自身の行動に対する意識が少しは上がるんじゃないかなあと思っております。

ついでにその投稿を見てくれた誰かが「私もやってみようかな」という気持ちに変わってくれるとこの上ない幸せです。

そうそう、朝のカメラ散歩を始めてから気付いた点があります。それは写真を撮りすぎないということ。

今のところ散歩時間はトータル15分程度なのですが、下手するとその内の半分くらいを撮影に使ってしまいそうになります。

すると写真を10枚20枚と撮ってしまう事になりますが、それらを朝に現像してSNSにUPするというのはなかなかハードルが高くなります。 なのでその写真は最高でも3枚(まだ3枚以上撮ってしまうけど、、)。歩きながら目に止まったものを厳選して取るという制限を設けておきたいと思っています。

そうでもしないとさすがに自分の徒歩圏内ではすぐにネタが尽きてしまいそうなので。 それもワタシなりのルールとして設定しています。

思わぬ効能

さっそくやってみて感じた効能は、就寝時間が早くなったことです。

その理由は明らかで、ワタシは写真を撮ることと同じくらいカメラを触ることが大好きでして、朝のカメラ散歩をしていない頃の平日は写真を撮る機会がほぼなかったので、寝る前にどうしてもカメラをいじる時間が必要だったんです。

ただ朝散歩を始めることによって、夜やることは「明朝使うカメラを用意する」以上。 お楽しみは翌朝にとってあるので早く寝て早起きしなくちゃいけないというマインドに変わったんです。

今のところ遅くても夜10時には寝て朝の4時過ぎには起きることができているので、時間の使い方としてはこれまで以上に充実したものになっているんじゃないかなと勝手に分析しています。

スポンサーリンク

まとめ

こんな感じで始めた朝のカメラ散歩。

ついでにセロトニンも分泌させることができ時間も有効に使えるし、そして何より朝から運動することによってその日のスタートを最高なものにできる。

これはぜひ続けて習慣化していきたいものです。

※間連記事:樺沢紫苑著・アウトプット大全を読みました!

※関連記事:エアロバイク×無印スタンディングデスクで首肩コリを解消&有酸素運動しながらブログを書く!

※関連記事:アラフォーが考える/運動を日常生活に取り入れるための施策

by
関連記事