杁ヶ池公園で早朝カメラ散歩/SIGMA fp+オールドレンズ

少し前までは休みの度に雨が降って憂鬱な気持ちになる事が多かったんですが、最近は朝から秋晴れが広がることが多くとても気持ちがいいですよね。

というわけで週末は早起きして近所の公園までSIGMA fpと、以前ジャンクで手に入れたレンズ2つを持ってカメラ散歩してきました。

夏よりもだいぶ人が増えてきたのかなっていう印象で、皆さん思い思いに犬の散歩やジョギングを楽しんでいる様子でなんだかこちらもゆるりと力が沸いてきます。

スポンサーリンク

Minolta MC ROKKOR-PF 50mmf/1.7

まず一つ目のレンズは、キタムラのジャンクコーナーで見つけたミノルタの50mm F1.7というスペックのレンズです。

ネットでも比較的安価で手に入れることができるそうなのですが、やはりオールドレンズをオークションやメルカリで購入するのは少し抵抗があるので、いくらジャンクといえども現物を見て購入できたのは幸いでした。

しかもこれ 私の鑑定能力が不足しているだけかもしれませんがかなり綺麗で、ミノルタロッコールレンズの特徴と言われている緑色のコーティングもしっかり残っているような気がします。

光に当てると ほんのり薄いエメラルド色に 輝く様子が とても美しいです。

しかもこれが純正フード付き200円で手に入ったということで、もうそれだけで大満足です。いつかは鷹の目ロッコールと言われるF1.2ミノルタレンズを導入してみたいなぁ。

とはいえ今は オールドレンズをSIGMA fpにつけてオールドレンズ遊びを楽しんでるだけ、というにわかファンですので写りやボケの綺麗さといった評価はできません。

でも確実に言えることは、この手触りと持った時のちょっとだけズシッとくる重量感。そして何よりこのレンズの綺麗なグリーンレンズを扱っているだけで、別にもう写真撮らなくていいんじゃないのと言えるぐらい、それだけで満足。大変気に入ってます。

OLYMPUS ZUIKO AUTO MACRO 50㎜ f/3.5

ここからはもう一つのオールドレンズに付け替えて撮影してます。レンズはオリンパスのマクロレンズ50mm F3.5(ちょっとピンボケ、、)。マイクロフォーサーズではなくOMマウントの古いやつ。

子供の手のひらにもすっぽり収まるくらい、まるでおもちゃみたいですがそこは信頼のズイコーレンズ。

小指サイズのキノコ

撮影した画像を見てみるとなかなかシャープで色乗りもいい感じだなあという印象です。

そういえばこのレンズお外で使ったの初めてだった気がする。マクロレンズなので今までオリンパスのマイクロフォーサーズ機につけて室内で無駄に物撮りをし「 おお、!こんなに寄れる!」と一人で盛り上がっていただけ、というなんとも可哀想な使い方をしてました。

ですがやはり外で使うと印象も変わって、これ普通に50ミリの単焦点レンズとして使えるじゃない! と気付いてしまったんです!

SIGMA fpで使うとなるとマウントアダプターをつけないといけませんのでそのぶん少し大きくなりますが、それでも一般的なミラーレスカメラの50 mm単焦点レンズと比較すると、小ぶりで取り回しも良くつけっぱなしでもいいんじゃないのかな?と思えてきました。

スポンサーリンク

あ、そういえば最近JPEGではなくてRAWで撮る事が多くなってきました。

パソコンで編集するのはめんどくさいなと思うんですが、SIGMA fpのカメラ内RAW現像というものを覚えて以来、とりあえず撮った分はカメラ内でサクッと現像すればいいじゃん!と気持ちが切り替わったのが大きいですね。

といっても、いじるのはシャドウとハイライトの値ぐらいで最後にSIGMAのオリジナルカラーを当てるだけのお手軽スタイル。ちなみに今回はSIGAMオリジナルカラーモードのクラシックイエローを当てています。

それにしても朝はやっぱり気持ちいいですね。これから冬にかけて、公園の色の変化をじっくり楽しんでいきたいです。

マウントアダプターはこちらを使いました。

※関連記事:猪高緑地が気になるこのごろ/SIGMA fp

※関連記事:Nikon S2/レンジファインダー式フィルムカメラで散歩しながら池の周りを散策してきました

※関連記事:古いフィルムカメラ「KONICA C35 Flash matic」を導入しました!

by
関連記事