猪高緑地が気になるこのごろ/SIGMA fp

去年から個人的に高まりを見せているカメラ(写真)熱。


これまでもブログ用に撮影はしてたんですけど、目的はそのまんまブログに使うために撮ってたのでとりあえずそれっぽく写ればいいかなーと、あまり力は入れてませんでした。

ですが、たまたまフィルムカメラを使って「写真を撮る」事が楽しくなってきて以来、時間さえあればカメラを持ってそのへんをウロウロする生活になったのです。で、素人なりになんとなく撮りたいものが分かってきたような気がしてきたタイミングで猪高緑地の存在を知ることに。

しかも自宅から自転車で10分もかからない!こんな近くにワタシの楽園があったなんて!敷地面積もかなり広大で、すべてのポイントを周るには1年くらいかかるんじゃない?と思えるほど。しばらくは通うことになりそうです。

というわけで、まずはネットで調べて見つけた湿地に行ってみることに。それがハンノキ湿地という場所。

スポンサーリンク

猪高緑地/ハンノキ湿地

特に入り口っぽいところがあるわけななんですけど、それらしき場所から入ってみることに。

ちょっと奥に行くと案内板があって、間違ってない事に一安心。たまたま係?の人がいて話を聞いてみると、なんでも公園というよりはあくまで「緑地」だから、迷子にならないでね~とのこと。それに「猿出没」の看板もあったりで、ここは本当に名古屋なのだろうか??と少し不安になりながらも山道を進みます。しかもけっこうな急勾配。

一応、整備された山道というか、階段状になってる坂道を登って下るとさっそく湿地らしき場所に到着。

これが「ハンノキ」か??高さに圧倒されます。

調べてみると公園とかに植えられていることが多いみたいで、たぶんこれまでもに目にしたことはあるんだろうけど。この場所で出会ったことで、学生時代に友人の私服姿を初めて見た時のような、そんなハッとする感情が沸いてきます。

これもハンノキ?存在感がひと際目立ってました。

足元を見ると水が。しかもちゃんと流れてて、小さな水生生物がちょろちょろ動いてる!ヤゴかな?

白っぽい花も咲いてて、ここは本当に名古屋?と言いたくなるほど(2回目)。こういうちょっとした植物の名前も覚えるとより解像感が増して、散歩も楽しくなるんだろうな~。というわけで、図鑑買いました。娘と共有。

絡みあうツタと枝。

だいぶ日が傾いてきて、なんだか怖くなってきたので山道を引き返します。夕方4時ごろだけど、やはりこういう場所は日が暮れるのが早いですね。まだ散歩してる方も多いので安心ですが、1人でいかれる方は気を付けた方が良いかも?

スポンサーリンク

という感じで1時間くらいの下見が完了。

新しいカメラのテストも兼ねてたのですが、これがなかなか具合が良くて。そうそう、ここ2,3か月の間カメラ機材の入れ替えをせっせと行ってまして。

タイトルでバレてますが「SIGMA fp」に統一することにしました。Cinema DNGも撮れて、静止画の性能も悪くなく。それに見た目は文句なしで一級品(だと思ってる)だし、何といても小さくて軽い。まさに毎日持ち出したくなるフルフレームカメラといったところで、思い切って入れ替えて良かったです。カメラについて詳しくは別の機会に書きますが、夏に手にしてから動画ばかり撮ってて、実は。

なので今回も写真は少なめで、動画メインで撮ってました。編集まで手が回ってませんがそちらも少しずつ公開できたらな~と思ってます。

ちなみに今回使ったこのレンズ、フルサイズのF2.8標準ズームだけどめちゃめちゃ小さくて軽い。

ずっと心の奥底でくすぶっていたSIGMA fpへの想い。ようやく踏ん切りがつきました。fpのコンセプトムービーも、山木社長のプレゼンも未だに見返すくらい好き。

by
関連記事