富士フイルムX-E4で記録するサイゼリア[×クラシックネガ/FOTONEカスタム]

先週の鳥羽旅行で改めて富士フイルムX-E4の素晴らしさに気づきまして、少しだけ飽きていたフィルムシミュレーションに、もう少し向き合ってみようと思う今日このごろ。

というわけで今回は近所のサイゼリアへランチに行ったついでに人気(らしいですね!)のクラシックネガを装填して撮影してみました。

さらに言うと最近お気に入りのFOTONEさん推奨カスタマイズを施し(個人的にかなり好みの写真撮られてるおすすめのフォトグラファーさん)、フィルムのKodak PORTRA風に設定。本家だとその設定にTokyographerのOPF 550-Lというフィルターを付けるんですけど、持ってないのでそのまんま。

ただそれだけでもワタシの中では浮世離れしたというか、ほんとにサイゼリアなの?と自分を疑いたくなるくらいの写りで大満足。

もちろん普段のワタシの写真と雰囲気が全然違うので違和感ありまくりですが、こういうのもカメラ趣味の中の1つとして楽しんでいけたらいいのかな〜なんて思ってます。

それにしてもX-E4、いろんなネットショップを見てみると未だ入荷待ちの所がほとんどですね。実店舗なら運が良ければ在庫に巡り会えるのかもしれませんが、ほんと予約しておいて良かったなぁと思います。

今になってなおさら感じるけど、やっぱり手ブレ補正もグリップも無くて大正解だと思います。

ちなみに今回のレンズはライカ用に激安で導入したズマリット35mmf2.5という廉価版的扱いの単焦点(もちろん中古!)。これを焦点工房のヘリコイド付アダプターで装着してます。

このアダプターがあれば数多あるMマウントレンズを富士フイルムのボディで使えるようになってしまうので、これ以上レンズが増えないように自分を律する強い心を育てる必要性も同時に発生してしまうのです、、

※関連記事:予約して買った富士フイルムのX-E4を手放そうと思ったけど結局見直した経緯

by
関連記事