フジフィルム「instax SQUARE SQ10」が気になるので調べてみたら欲しくなった!


ワタシは現在ニコンのD5300というカメラを愛用中です。
別にこれといって特に不満はなく、むしろ満足しているのですが。
つい先日、TVでインスタントカメラのことやってるのを見かけて奥様が珍しくカメラに興味を示したのです。
で、ワタシも気になってアレコレ調べてみたら、フジフィルムの「instax SQUARE SQ10」という機種が欲しくなってしまいました!

なので今回は、あたかも実際に購入したかのようにカメラをご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

フジフィルム「instax SQUARE SQ10」が気になる

カメラなんて一個持ってれば十分ですよね。
でもこちらのインスタントカメラは色々調べていくうちに欲しくなりました。


たしかに普通のデジカメと違ってその場で現像できるというのは魅力的なのですが、それだけならこの機種にこだわる必要はないのですが、、。
というわけでまずは、「instax SQUARE SQ10」の

良いところ

仕上がりが正方形1:1のアスペクト比

インスタグラムはデフォルトでこのサイズですよね。
長方形の写真よりもなんとなくレトロ、かつオシャレ。なんでも正方形のフォーマットは90年以上も前からその道では使われているモノなんだそうですよ!
というわけでカメラの形も正方形(ほぼ)。

多彩な編集機能

インスタントカメラって一切編集できないと思ってました。問答無用で「はい、現像」っていうイメージ。
でも最近のは違うみたいですね。
インスタグラムみたいに明るさやフィルター掛け、それにトリミングもできるみたいです。
さらにそれらの操作も撮影時・撮影後にできるっぽい。あ、たぶんトリミングは事後のみかと。

また撮影した画像は保存できるので、何度もプリントすることができます!
その場に5人いたら5枚プリント→ケンカしなくてすみますね。
ちなみに接写も10cmまでOK。花でも虫もどんとこいです。

特に気になる機能2つ

その1:マイクロSDカードに保存できます!

これはうれしい!撮ったっきりで終わりじゃなく、データに残るので後からでも楽しめますよね。
そんなんじゃインスタントカメラの意味がないじゃないか!と怒られそうですが、やっぱりデータは欲しいです。
「写ルンです」もカメラ屋さんで画像をデータ化してくれるんですけど、けっこう高くつきますもんね。
ちなみにSDカードが無くても内蔵メモリーに50枚保存できるみたい。

その2:二重露光撮影ができる!

聞きなれない言葉ですよね?
簡単に言うと1枚のフィルムで2回シャッターを切り、2つの画像を重ね合わせた1つの画像を作ることができるんです。
まだピンときませんよね??
たとえばベンチの右側に座って撮影し、今度は左側に座ってパシャリ。これらを重ね合わせると同じベンチに自分が2人座ってる画像ができあがるんですね!奥様がこの機能を使いたいらしいです!

そう、この2つの機能が欲しくなった理由の9割を占めています。

気になる点

フィルムがけっこう高い

昔は当たり前だったと思うのですが、フォルムを購入する必要があります。
1枚あたり100円くらいするので、無駄使いはできません。
かといってその場で現像できるというのがメリットでもあります。あまりケチケチせずにいきたいですよね!
それにとりあえず撮りまくってデータを保存、あとから現像したいのを選べるので失敗は少なそうです。

ちょっと重たい

バッテリー・フィルム込みの重量が450gとちょい重ため。
でもこれくらい重量感があった方が所有欲は満たされそうな気がします。

よくよく考えたらインスタグラムでも良さそうじゃないかと思うのですが、やはりその場で現像できるのが良いですよね。
赤ちゃんの写真とか、おじいちゃばあちゃんにその場で渡すと喜んでもらえそう!

と、ざっくり調べてみましたが、気になる方は公式サイトでじっくり悩んでください。
公式サイトはこちら→「instax SQUARE Q10
もし購入したら、改めてレビューします!


★こちらの記事もよく読まれています▼
ニコンの大口径超広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 20mm f1.8」がやってきました!

▼ブログに収まらない情報を発信中!
関連記事