2017年GWのチヌ釣りで使ったマキエの配合レシピまとめ(備忘録)


他人のマキエのレシピって気になりますよね?

今回は忘れっぽいワタシが自分のために書き残しておくマキエのレシピです(2017年GWに使ったやつ)。

チヌ釣りのマキエってなんでも良さそうだけど実際はそうでもなくて。

でもやっぱり適当レシピでもいいんじゃないかなーと思ったり。

まあ、アレコレ試してる時が一番楽しいのかもしれませんね!

参考になるかならないかよく分かりませんが、気になる方はこの先チェックをお願いいたします。

あ、ちなみにこれは自宅での下ごしらえメインです。

(注:マキエというのはサカナをおびき寄せるために海に撒くエサのことです)

スポンサーリンク

チヌ釣りで使ったマキエの配合レシピまとめ→4~6時間分(備忘録)

必要なもの

・米ぬか:33cmのバッカンに約半分

・マルキュー白チヌ:3分の1袋

・マルキュー粗びきサナギ:3分の1袋

・アミエビブロック:約1キロ

・オキアミ:少々

・ニンニクチューブ:50g

・コーン:1缶(4号缶)

・パン粉:約1キロ

・麦:約200g

作り方

1:米ぬかにすべての材料を入れ、丁寧にかき混ぜる

作り方は以上です!

ポイント1

とにかく丁寧に混ぜます。

ムラが無く隅々まで。腕が痛くなるくらい徹底して練り上げます。

このとき水は加えません。水分はアミエビが溶けた時の汁・コーン缶の汁のみです。

ここでどれだけ諦めずに練りこめるかが仕上がりを左右すると思います

ポイント2

麦はあらかじめ水に浸しておき、水分をしみこませておきます。

これによって撒いたときに海水になじみ、海底までひらひら落ちていきます(というイメージ)。

仕上げは現場で

ここまでは自宅で仕込んでいきます。

こうすることで現場着いた時にはいい感じにマキエがなじんでいて、まとまり良く仕上がる気がします。

それにゴミも減らせるので一石二鳥!

そして仕上げに隠し味を一つ。

それは味の素。

これを500ccのお湯に大さじ3入れて溶かします。

それを冷ましてペットボトルに詰めて持っていき、現場での水分調整に使います。

効果のほどは分かりませんが、この本に書いてあることを解釈していくとそういうことなのかなーと思ってます。

チヌは嗅覚が優れていますからね。チヌ釣り師は必読の1冊です▼


(※【閲覧注意!】「クロダイの生物学とチヌの釣魚学」がおもしろい!
スポンサーリンク

という感じで今回のレシピ備忘録とさせていただきます。

前回よりもいくつか減らした材料もあるのですが、意外となくてもいけるんじゃないの?ていう気もしたりしなかったり。

次は白チヌなしでいってみようかな?

個人的にはサナギが入ってればあとはなんでもいいんじゃないの?と思うのですが、そう単純でもなさそうですし。

まだまだ試行錯誤は続く、、、。

▼初心者向け入門記事はこちらです!

初心者パパのための知多半島サビキ釣り入門!全7回分の記事をまとめました!

「初めてのクロダイ(チヌ)をウキフカセで釣りたい!」の記事:全8回をまとめました!

もし自分が釣り初心者だったとして、堤防でウキフカセ釣りを始めるならこの組み合せにする!

もしワタシが子供を近所(名古屋近郊)の川にサカナ釣りに連れて行くとしたら、こんな道具を揃える!

【保存版】知多半島・南知多の初心者向け海釣り(&プチ観光)マップ!新舞子~豊浜・師崎周辺!

▼こちらの記事も良く読まれています!

・・知多半島の渚釣りで使ったマキエの作り方を忘れないうちに記録しておこうと思います!

【備忘録】鬼崎漁港で使ったウキフカセ釣り用マキエの作り方!

【2017年4月GW】南知多周辺漁港でのっこみチヌ(40cmちょい)釣れました!

シマノの釣り竿「ボーダレスBB 420M-T」が脱・初心者にオススメな理由!(&インプレ・クロダイその他魚種)

関連記事