多治見/モザイクタイルミュージアムに行った気分になれる記事がこちらです

多治見市周辺といえばモザイクタイルが有名。

そんな多治見に少し前にオープンしたという「モザイクタイルミュージアム」に行ってきました!

ミュージアムがあるのは多治見市の笠原町というところ。

名古屋方面から下道で土岐プレミアムアウトレットに向かう途中に通過する町です。

たしかにあの辺はタイル工場が多くありますし、ゴミ捨て場がおしゃれなモザイクタイルでデザインされていたりと、その雰囲気は独特のものがあります。

この先はミュージアム館内の写真をたっぷり、文章少なめでお送りしますので「行ってみたかたんだよねー!」と気になってた人はよかったら写真で行った気になってみてください!

ちなみに館内はフラッシュ撮影・三脚の使用は禁止っぽいです、マナーを守って楽しみたいですね。


スポンサーリンク

まずはミュージアム周辺を散策

モザイクタイルミュージック近くのごみ捨て場

ミュージアム近くにあったゴミ捨て場!

場所によってデザインいろいろです。

こちらも近所の幼稚園。

DSC_0075

うさぎがいました。

ようやく到着したのですが、入口がよくわかりません。

モザイクタイルミュージアムの入り口

入口の案内があるのですが、どこかわからずとりあえずまわりを一周してみることに。

モザイクタイルミュージアムの屋根

DSC_0081

DSC_0082

いい感じのご飯屋さん。

モザイクタイルミュージアム近くの喫茶店

「コーヒー・カツ トキワ」

気になりますが!お腹いっぱいだったので泣く泣くスルー。

入り口に続くスロープ

結局一周しましたが、やはりここが入口みたい。

DSC_0087

DSC_0084

あの小さいのが入口らしいです。

自動ドアが開いてようやくわかった。

中に入ってチケット購入。大人は一人300円安いですねー。

しかも高校生以下は無料ですって。

ミュージアムのチケット

チケットもかわいいです。

館内へ向かいます

DSC_0089

DSC_0090

オブジェがお出迎え。

最上階へ上がる階段

まずは最上階まで階段で上がります。

ワクワクしますね。

モザイクタイルミュージアムは誰が設計したの?

まずは基本情報から。

この変わった建物、一体だれが設計したかご存知ですか?

長野県出身の建築家「藤森 照信(ふじもりてるのぶ)」という方らしいです!ワタシも知りませんでした、、。

主な建築作品は「ねむの木こども美術館」「草屋根」「タンポポハウス」「秋野不矩美術館」といったところ。

ねむの木~は聞いたことがあるなー。

まあ、でもこれで「モザイクタイルミュージアムの人だ!」と覚えました。

開放感ある4Fの様子

4階から下っていくのが正式な観覧ルートらしいので、一気に4階へ。

エレベーターもありますのでご安心を。

モザイクタイルのカーテン

吹き抜けっぽくなっていて明るいです。

あいにく曇りだったので残念!晴れだったらすごく気持ちよさそう!

モザイクタイルの洗面台

貴重な収蔵品がずらり。

なんでも地元有志の方たちが閉鎖される工場や取り壊し前の建物からこまめに回収してきたアイテム達が並んでいるそう。

たいへん貴重なアーカイブの数々、じっくりご覧ください。

※ここに並んでいるのは1万点を超えるコレクションのほんの一部だそうです!!

モザイクタイルの作業台

モザイクタイルの作業台を触ってみます。

海産物のイラスト

かまどもオシャレ。

レトロなかまど

モンロー。

マリリンモンローのタイル画

手洗い場かな?

タイルの手洗い場

懐かしい便器。

タイルのレトロな便器

こちらは進化系か?男性用?

男性用タイルの便器

どこかの街並み。

街並みのタイル画

タイルカーテンの詳細。

タイルカーテンの詳細

頭上に注意。

頭上注意の案内

お風呂も気持ちよさそうです。

レトロなタイルの浴槽

お猿さん。

猿のタイル画

タイルが浮いている?

鏡にタイル

これもタイル?

鯉のタイル画

カエル。

カエルのタイル画

手すり。ちょっとボケ過ぎた。

タイルの手すり

通称「タイルのカーテン」。

天気が良ければもっとキラキラしてて美しそう。

タイルのカーテンその2

子丑寅、、、。

タイルで描く十二支

模様が最高ですね!

レトロな便器

もう一発モンロー!

モンローのタイル画

撮影がOKなのも嬉しいですね(ストロボ・三脚使用は禁止)!

新しいカメラとレンズを買ったので、また訪れたいです。

※関連記事:オリンパスのミラーレスカメラ「OM-D E-M5MarkⅡ」を買うまでの経緯!

モザイクタイルの歴史を学べる3F!

3Fはタイルの歴史がよーくわかる展示スペースです。

タイルの宝箱風?

タイルの宝箱

いろんなタイルの種類がある。

タイルの種類が豊富

大磯!

大磯のタイル

昔のメーカーさんのサンプル品。

タイルメーカーのサンプル品

玉川の高級玉石。

サンプルタイル

コンパス。

かくかくしてるのも良いですね。

コンパスのタイル

タイルメーカーの営業さんのかばん。

昔のタイル営業かばん

これにはビックリ!

25kgなんて、、、。

女性用もあります。

古い営業かばん

ここから不思議な展示スペース(ギャラリー)。

定期的に特別展がやっているようですよ。

こまめにサイトをチェックしておくと良いかも。

特別展年間スケジュール

タイルのはしご。

タイルでできたはしご

文字の嵐。

文字が天井に映っている

燃えないか心配、、。

紙の上にライトがある

タイルの椅子。

タイル製の椅子

謎のアイテム達もずらり。

DSC_0140

昔のスケールかな?

昔のスケール

ふたたびタイルのサンプルたち。

タイルのサンプルたち

石臼もあったりなんかして。

釉薬を作る石臼

おしゃれな火鉢付きテーブル。

火鉢付きのテーブル

特許をとったすごいかまど。

しかも改良版。

三和かまど

モザイクタイルの最新情報が分かる2F!

3Fから階段で下って、2Fは最新のタイル情報が分かる産業振興のフロアです。

階段の手すり

ここではタイルに関する相談とかいろいろできるみたいです。

コンシェルジュカウンターがあって、プロのスタッフさんがいましたよ!

熱心に相談してる人もいました、家でも建てるのかな?

きのこのタイル

きのこがかわいい!

金魚柄のタイル

奥様は金魚がお気に入りだそう。

DSC_0152

改行が気になる、、、。

タイルの事を相談する

現代のサンプル品。

現代のモザイクタイルのサンプル

種類も豊富です。

花柄のタイルもかわいいですね。

花柄のタイル

こちらは水色に金魚。

水色タイル×金魚

1Fはショップ&体験工房スペース!

DSC_0157

1Fには体験工房とミュージアムショップがあります。

授乳室も完備

授乳室もしっかりあるみたい。

子連れでも安心ですね、ありがたい。

ミュージアムショップの看板

やっぱり最後はお約束のショッピング!

きのこのタイル販売中

さっきのきのこが売ってましたー!

きのこのピアス

アクセサリー。

レトロタイルの詰め放題販売

詰め放題があったり!

貼子体験の案内

人気のワークショップもやってます!

ほぼ満席でしたよー。

やはりワークショップ系は子連れに人気!

1コイン工作の内容としては、好きな小物にモザイクタイルを貼って、自分だけのオリジナルを作ることができます。

タイルの形やサイズ、色も自由に選べて楽しそうです。

値段もそう高くありませんし、なにかと経験させとくのも良いですよね。

ワタシも小さいときに陶芸をやった記憶がうっすら残っています。

その時はウルトラマンのイラスト入りコーヒーカップを作ってました(←まだ実家にあった!)。

ちなみに体験工房は15名以上の団体に限り予約受付してくれるみたい、個人予約は不可とのこと。

※体験工房についての詳細はこちらを確認:体験工房とショップについて

謎の車もありました!タイルカー?

タイルで装飾された車

常に人だかり、誰もいなくなった瞬間を狙ってパシャリ。

モザイクタイルカー

ここが一番の撮影スポットかもしれませんね。

モザイクタイルの詰め放題がうれしい

タイルのボタン

もちろんお土産でタイルを買っていくのも良いですね。

産地ならではの詰め放題販売もされているので嬉しい!

「こちらの袋にたくさん詰めてください」

モザイクタイルの詰め放題

選択の幅が広すぎると人間迷う。

タイル詰め放題の種類も多い

アウトレットモザイクタイルの販売

ちなみに地元、多治見の名古屋モザイク工業株式会社では、2018年夏にモザイクタイルのアウトレットセールを行ってたみたいです。

不定期開催らしいので、気になる方はサイトをチェックしておくと良いかもしれません。

名古屋モザイク工業株式会社

ついでにネットショップでは常時アウトレット品を販売してるそうですよ

mosaic.a

スポンサーリンク

まとめ:大人も子供も楽しめる!

という感じで、タイル初心者でも楽しめました!

ちびっこたちも興奮気味に遊んでいましたよ!

気になる方は行ってみてはいかがでしょうか?

おまけ情報

近くの施設には鬼太郎とネコ娘のポスト▼

DSC_0177

探してみるのもいいかもしれません!

密かに人気の撮影スポットです。

こちらもおもしろい→「建築工事経過・定点観測」

営業時間・入場料・アクセス

・営業時間:9時から17時(入館は閉館30分前まで)

・休館日:月曜日(休日の場合は翌平日・年末年始はお休み)

・観覧料金(3・4Fは観覧料が必要):個人300円/団体250円(20名以上)※年間パスポート:1,000円

※高校生以下は無料(←嬉しい!!)、療養手帳、身体障碍者手帳、精神障碍者手帳をお持ちの方、及びその付き添いの方1名は無料、企画展の入場料は別途定める

・アクセス

公共交通機関:多治見駅南口を出て「多治見駅前」2番バス乗り場から東鉄バス笠原線「東草口行き」に乗車、「モザイクタイルミュージアム」下車(所要時間約17分)

自動車:東海環状道 土岐南多治見ICからの詳細 / 中央自動車道 多治見ICからの詳細

※その他詳細は必ず公式サイトでご確認ください

▼ミュージアム周辺のランチ・ケーキ・カフェ等のお店情報

【岐阜・土岐】「まちゆい」がおもしろい!モザイクタイルの袋詰め販売もやってた!

【岐阜・多治見】カフェ「Fruits cafe LUPOS」にいってきました!

【岐阜・可児】喫茶店「Coffee books mountain ニュー喫茶」に行ってきました!

【岐阜・可児】中華そば「大石家」へ行ってきました!(+coffee books mountain ニュー喫茶)

【岐阜・美濃加茂市】「たこまる」のたこ焼きが病みつきになるおいしさ!

【岐阜・可児】おいしくリーズナブルなパン屋さん「マエジマ製パン」に行ってきました!

▼まとめ記事もよくチェックされています!

【保存版】長久手・名古屋周辺のおすすめランチ・カフェ・パン屋さん記事まとめ!(随時更新)

※お出かけ前に公式サイト等で最新情報をチェックしてください

関連記事
▼気になる”モノ・コト”つぶやき中▼